<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【音楽】BURNのイアン・ペイスのドラミングが好き

ま、イアン・ペイスのドラミングは全部好きなんですが(笑)

BURNのおかずで一番好きなのは、キーボードソロが終わってからのリフの後の入り方で、カタカナで書きますと「タラッタタタタタドコドコ」でございます。
ロックで「タラッタ」というスネアの表現は、珍しいと思ったんですよ。
古い映像を見るとイアンはこのフレーズを結構使っていて、その「タラッ」という時に上半身が浮き上がるので間違い無いと思います(ロールでの強弱にも聞こえますけど)。
ハードロックでは重いドラミングが主流でしたが、イアンだけは違って聞こえたわけですね、私からすると。

彼は元々細いスティックを使用していましたが、途中でパワーを出そうと思ったらしく、太いスティックに変えています。
そして何年も経たないうちに、以前の太さに戻しました。
彼曰く、自分には合わなかったんだそうです。
とにかく細かい動きが信条のドラマーですから、太くした事によるメリットは無いような気がしますね。



この人、イアン好きなだけあって上手いですねぇ。
体系も私に似ていて好感度大(笑)



イアンはスネアも凄いけれど、バスドラの速さもまた凄い。
色々な人が動画を載せているけど、バスドラの凄さをカバーしているとすると、この人のコピーは結構な所まで行っているんじゃないでしょうか。
でも、イアンは細いスティックでパワーも出したいと思っていたので、簡単なおかずでも複数の音を出します。
ですからこの人は、入り方からして違う。
おそらくBURNの入り方は、スネアとフロアタムだと思いますね(入り方は色々有りますが)。



これ見たら、言葉を失います。
この動画が2012年だとすると、この時63歳ですよ。
全く衰えていませんね。

イアンは途中からドラムを増やしていまして、このセットが一番多いのかな?
一時はメロタムも使用していました。
タムタムの位置にトップシンバルを置くのは変わりません。
タム×1、フロアタム×2。
タムからフロアへの移動が素早く、ただでさえ忙しないフレーズを叩く人なのに、このセットでまた余計に忙しなく見えます。
ライブの後、数キロ痩せるというのが解りますね。

ハードロック畑に居たのに、こうやってイアンのドラミングだけを聴くとそう感じない奇妙さ。
それがイアンの魅力だと私は思うのですが、いかがでしょうか。
Deep Purpleでも、彼だけ妙にファンキーでジャジーでした。

私の好きなドラマーのベスト3に入ります。







別に追記として書くことは無いんだけど、BURNと言えばこの動画でしょうか。
グレン・ヒューズの声量が凄すぎる(;^_^A

以前、猪俣猛さんのドラム教室に出席したことが有って、その時に「イアン・ベイスの2階建てシンバルはどうやって扱うか」を解説してくれた時、凄く引き出しの多い人だなぁって感じたものでした。
イアンの2階建てシンバルのスタンドは結構細く、これがまた倒れやすい為に、あの叩き方(押し出すのではなく、向こう側から手前に向かって叩く)になったという記事をどこかで見た記憶が有ります。
確か2期しか使っていなくて、その後は1本ずつのスタンドに変更。

とにかく忙しないですよね(笑)
ユー・フール・ノー・ワンのフレーズで、ずっとハイハットだと思っていたのが、動画を見てそれがシンバルを止めている音だと解った時、大笑いしました。
それも、イアンは指でシンバルを止めるのではなく、前腕で止めていました。
それがまたカッコイイったらありゃしない(o^_^o)

イアンはきっと「ドM」なんだと思います(笑)
関連記事

| 音楽 | 23:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いわゆる前ノリ

こんにちわです。
私もイアン・ペイスのシャープなドラミングに身を切られて
早や数十年楽しませてもらってます。彼同様、ドMなのかも
知れません…。確かに他のHRバンドにはない個性ですよねえ。
この人の演奏が、パープルのスリルとスピードの大きな土台
となっておったかと思いますわ。一期の頃の薄いスネアの
カンカンの音も好きでしたなあ。

You Fool No One、私もてっきりハットでやってると思ったら
クラッシュだったんですねえ。驚きでした。よう出来るわ…。
てなことで、お邪魔しました~
ブラフォードの続きも楽しみにしております…。

| ふじつぼだんき | 2015/03/07 10:00 | URI | >> EDIT

Re: ふじつぼだんきさんへ

前ノリという表現、懐かしいですねぇ(^^)
というか、ふじつぼだんきさん、同い年ですよね♪

> この人の演奏が、パープルのスリルとスピードの大きな土台
> となっておったかと思いますわ。一期の頃の薄いスネアの
> カンカンの音も好きでしたなあ。

私もそう思います。
HRからHMブームに移行し、ほとんどの人達がそちらに行く中、
私がそちらに行かなかったのは、イアン・ペイスのドラムが
あまりにも素晴らしかったからだと思います。

私も「ロックドラマー=超深胴スネア」という感覚がどうも
好きになれませんで…

> You Fool No One、私もてっきりハットでやってると思ったら
> クラッシュだったんですねえ。驚きでした。よう出来るわ…。

それも、前屈みの姿勢で前腕で止めていますもんね。
もうカッコイイ通り越しています。
バスドラの速さも考えられませんです(^^;

> ブラフォードの続きも楽しみにしております…。

有難うございま~す。
あの続きはYesの話を書きたいと思っています(^^)

| たいちょ | 2015/03/07 23:55 | URI | >> EDIT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1094-bcc0a199

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>