<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【超簡単?】人気グルメブロガーになる方法

正直、人気グルメブロガーになりたければ、いつでも、誰でもなれます。
守るべき点が数ヶ所有り、そのうちの一ヶ所に対して妥協出来れば、数ヶ月でなれるはずです。
私はブログを始めた時から人気ブロガーになりたいとは全く思っていませんし、その一ヶ所は絶対に妥協出来ないので、オンラインで食べ物の話を載せるようになってから15年も経ちますが、未だに無名ですm(__)m

さて、人気グルメブロガーになる簡単な方法とは?

【お金と時間を使って食べ歩きをしまくる】


何が無くても、書くネタが無いといけません。
そのネタは多ければ多いほど良いです。
時間の許す限り、働いた分全部食べ物に使ってしまえっ!という勢いで、食べ歩きましょう。
この際、「食べ過ぎは太ってしまう」とか、「一日は三食だよね」とか、気にしてはいけません。
「昼食は一人前」なんて、いったい誰が決めたんでしょうか?(笑)
食べられるならば、一食に何人前でも食べちゃいましょう。
情報量の多い人=勝者なのです(^^)

【ブログを立ち上げる】

ある程度食べ歩いたお店が溜まったら、そのネタを書くブログを立ち上げなければいけません。
どこでブログを立ち上げようかと迷ったならば、ご自分の使いやすい(書きやすい)場所、他の有名グルメブロガーが立ち上げている場所等、更新作業が面倒な所でなければ、好きに選択して良いと思います。
どこで立ち上げても、有名になる人はなりますから。

【ブログを宣伝する】

例えば、以前から有る有名グルメブロガーのブログに、謙虚にコメントを入れます。
「若輩者ですが、宜しくお願いします」みたいな雰囲気で(笑)
有名グルメブログはたくさんの人が見ていますから、何度か書き込んでいるうちに、そのうちの何人かがこちらのブログを見てくれるかも知れません(興味の有るネタだったら結構来ます)。

【SNSを始める】

Facebook、Google+、mixi、Twitter等、あらゆる場所にアカウントを取り、情報を載せまくります。
その時の注意点は、「謙虚な姿勢で」。
常に謙虚な姿勢を貫かないと、コアな人達から「何だよ、あいつ」という目で見られます(実際に見られるわけではないけど)。
本当は、そう見られても大丈夫です。
どうせいつかは、立場が逆転しますから。

【コメントを頂いたら必ずお返事をする】

これは、途中までは絶対に守らなければなりません。
「必ずコメントを返す人」という認識をされると、その返信を相手がまた見に来ます。
返信をしないと、コアな人ほどふてくされます(笑)
日に100コメントも来るようになったら、気になるコメントのみに返信で良いと思います。
というか、全部返信していたら何も出来なくなります(;^_^A

【誤字脱字をなるべく少なくする】

「この人の文章、読みにくい(>_<)」となったら、見に来る回数は減ります。
別に作家を目指すわけでは有りませんので、ある程度読みやすい文章ならばそれで良いと思いますが。

【正直に書かない】

ここが前述の「妥協すべき点」であり、一番重要です。
言い換えれば「良いことしか書かない」ということです。
そのお店や料理の悪かった部分に目を瞑り、「良かった」と嘘を書くか、そこは書かずに良かった部分だけ書く。
どうしても良い部分が見付からなかった場合、そのお店は載せない。
良い部分が少しでも有ったら、そこを集中的に書きます。
こうすることによって、いつ誰が見ても気持ちの良いブログになるというわけです。

「時間とお金を湯水のように使い、手当たり次第食べ、どのお店の料理も美味しいと書く」と、それだけ守れば誰でも人気グルメブロガーになれるというお話でしたm(__)m

※信じて実行する場合は、自己責任でお願い致します。





例えば…

――- ここから ――-

皆さんこんにちは、たいちょでございます。

本日は天気に恵まれまして、日中は半袖でも良いくらいの日差しになりました。
こんな素晴らしい日は、ラーメンに限りますね(^^)
先日近くを通った時にお見掛けした、「麺屋○○○」さんに行って参りました。

こちらは某ラーメン店の跡地ということで、駐車場も停めやすい広さが確保されています。
外観は和風ラーメンを想像させる、木の香りがプンプンするような造りになっていますね。
期待が高まります。

入ると若い女性スタッフさんがお出迎え。
人数を告げると、その人数に合った席まで誘導してくれます。
笑顔がとても素晴らしく、丁寧な接客です(^^)

テーブルには綺に印刷されたメニューが有り、醤油・塩・味噌というラインナップが見やすく紹介されています。
どれも美味しそうなのですが、私は初めてなので、基本の醤油をお願いすることにしました。

注文したラーメンは、あまり待つことなく到着。
開店したばかりで厨房スタッフさんが慣れていない…なんていう心配は、このお店には全く要らないようです。

某閉店したラーメン店のラーメン

トッピングは、良く煮込まれているホロホロのチャーシューが2枚。
そして程良く味が染みた味玉、海の香りがする海苔、シャキシャキのモヤシ、ラーメンのトッピングとして定番のなると。
みんな素晴らしいのですが、豚骨・魚介・野菜のトリプルスープがまた素晴らしい。
そのスープに負けない、加水率が低めの太麺もまた、コシが有って美味しいです。
なるほど、12時前なのにこんなにお客さんが入っている理由が解りました。

これだけ手間の掛かった美味しいラーメンが、このお店ではなんと、850円!
これはお得だと思いますね。
トッピングが全部のっている「全部のせ」をお願いしても1200円という安い値段なので、次回来た時は全部のせをお願いしたいと思います。

笑顔の気持ち良い女性スタッフさんの接客で、心地良い食事が出来ました。
有難うございました(o^_^o)

――- ここまで ――-

このブログを見て下さる方は結構な割合でヘビーユーザ様ですから、私が書きますと「嘘くさっ!」と感じるとは思いますが(笑)
まぁとにかく、こういうような文章を新人さんが書けばウケは良いはずです。
少なくとも嘘くさくは感じないでしょう。
ここで重要なのは、「本当にそう感じた」という強い思い込みです。
でないと、いつか発言にブレが出てしまいます。

食べたら、次から次へとブログを更新します。
更新頻度は、一日に数回をオススメ。
とにかく湯水のようにお金を使うわけですから、一日一店更新では間に合うはずが有りませんからね。
食べたら食べただけ、どんどん、一日何回も更新します。

そうしているうちにデータ量が多くなり、検索エンジンに引っ掛かるケースが増えてきます。
そうなればこっちのもの(笑)
いつしか企業の目に止まり、行ったお店からブログがリンクされるかも知れません。
雑誌でブログが紹介されるかも知れません。
もしかすると、テレビ出演なんてことになるかも知れません。
いや、本当に。

絶対に必要なのは、「いつか有名になってやるぜ!」という野心です、はい。



ということで、私には絶対に出来ない芸当なのでしたm(__)m
関連記事

| 日記 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1075-8dad7e0b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>