<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【海鮮丼】裕絢丼丸松戸みのり台店で満腹丼

先日のぶちゃんから「今日の昼は丼丸のサーモン丼大盛600円」とメールを頂いた画像はこちら。

裕絢 丼丸 松戸みのり台店

なんだこれ!
すっげーサーモンの量!!(゜o゜)

この〝丼丸〟というお店、ホームページを拝見すると海鮮丼専門店らしく、500円均一らしい。
海鮮丼といえば、我が家全員が好きなジャンルではありませんか(≧∀≦*)
それもワンコインとなれば、行かない理由は見当たりません。

向かったのは、稔台。

裕絢 丼丸 松戸みのり台店

私としては、駐車場が無いのは辛かったでしょうか(;^_^A
もしも駐車場が有ったら、通う回数が何倍も違うと思います。

さて、早速店内へ。
目の前に、ドーン!とメニューが置かれています。
いや、これは別にシャレじゃないです。

メニューを拝見すると…
あれ?
ホームページに書かれている「お値段均一 500円」では有りません。
確かにホームページには「一部店舗では価格が変わります」と書かれていますが、この店舗がそうだったとは(^-^;

裕絢 丼丸 松戸みのり台店

店内でマゴマゴしないように、来る前から注文する丼を決めて来ました。
母には、〝まぐろサーモン丼 540円〟を(税込です)。

裕絢 丼丸 松戸みのり台店

嫁には好物の、ウニとネギトロが入った〝ウニネギトロ丼 648円〟。

私と父は、シャリ大盛の〝満腹丼 756円〟を。

裕絢 丼丸 松戸みのり台店

はい、確かに満腹でございますm(__)m

しかし、よく考えましたよねぇ。
海鮮丼って、女性に人気高いですし、我々も「ワンコインで丼!」と言われればグッと来ますもの。
で、これは数あるフランチャイズの中でダントツに人気が有るらしいんです。
400~500万円という安い資金で、ロイヤリティ3万円/月。
それ以外は一切掛からないらしい。
こりゃ、一気に店舗数が増えるわけだ(^^;

だってね、料理する必要無いんですよ。
容器に酢飯入れて、ネタを乗せるだけ。
何も難しい工程は有りません。
どんな人にでも出来ちゃいます。
ホント、よく考えましたよねぇ。

既に閉店している店舗も有りますが、暫くの間は伸びて行くと思います。
資金とロイヤリティが安く、誰にでも出来るんですもの。
コンビニよりずっと楽ですもんね。
味は、普通に美味しいです。
生臭さは一切無し。
これからドンドン面白いメニューが出て来ることを期待します(^^)

ご馳走様でしたm(__)m

【裕絢 丼丸 松戸みのり台店】
住所 千葉県松戸市稔台1-12-15
電話 047-711-8923
時間 10時~17時
定休日 無休
駐車場 無し







行く前から、ちょっと期待し過ぎてしまった感が有りましょうか。
歳のせいでしょうかね(爆)
あ、商売としてはとても素晴らしいと思います。
それは一応最初に書いておきますね。

ひとつ気になることが有るんですよ。

ホームページでワンコインをウリにしているのに、実際に行ったらそうじゃなかったというのは、そこだけでテンション下がる可能性が有りそうですよねぇ。
結局母体の〝株式会社ササフネ〟の直営ではなく、全部個別オーナーのフランチャイズなので「一応ワンコインがウリですが、お値段設定はオーナー毎に勝手に決めて結構です。メニューも自由で、仕入れ先制限も無し」という感じらしいです。
で、この松戸みのり台店のオーナーは、500円~700円という値段設定にしたというわけですね。

その何が引っ掛かるかっていうと、「同じ品物でも安く販売している店舗が有る」という部分です。
これ、結構損した気分になるんですよ(^^;
私なんかですと、「この店舗は割高だ」と思ってしまいます。
「値段によって盛りも違えばネタも多めにしていたりするんですよ」ということであっても、お客側はそこまで考えない。
「この商品がこの値段」と考える。
「他の店舗は一律500円なのに、ここは700円だ」と思ってしまう。
割高と思ってしまったら、購入する頻度は落ちる。

ホームページに「一般的な本部は無い」と書かれていますが、結局「初期費用として400万円~500万円払いなさい、ロイヤリティは毎月3万円払いなさい」というシステムなんですから、本部が無いという感覚には「?」ですね、個人的に。
「価格設定はご自由に」と言うならば、「ワンコイン」をドーン!と謳っているあのホームページは、高い値段設定にしている各オーナーにとってマイナスになるでしょう(いくら小さい文字で「一部店舗では価格が変わります」と補足されていても)。
そこの部分を「本部が無い」という意味だとすれば、それは違う気がするんですよねぇ。

「うちはワンコイン丼がウリですから、皆さんそうして下さい」の方が解りやすいし、親切だったと思います。
特別高い値段にしなくても、「ご飯大盛り +100円・ネタ大盛り +200円・特盛 +300円」という選択肢が用意されているわけで、「じゃあ、この店舗の値段設定が高い理由は??」ということになります。
特に700円の丼ですと、ワンコインのお店より200円も高いわけですよね?
税込で216円も高い。
200円というと、ワンコインのお店では「ネタ大盛り」に出来ます。
ここの辺りを、本部はいったいどう考えて「値段設定はご自由に」というシステムにしているんでしょうか。
それと、何故ホームページにて「値段設定の高い店舗は盛りが良い」等のフォローがされないのでしょうか(その理由が「値段が違っても中身は一緒」ならば、本当に我々お客側が損していますよね)。

もしも私がここに乗っかるならば、一律ワンコインの設定で始めますかねぇ。
「自由」というのは「自己責任」ということですから、いつの時でもプラスに働くわけじゃ有りませんから。
関連記事

| お弁当・お総菜 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1028-edca8673

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。