<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【お酒を楽しむお店】八ちゃん柏東口店で忘年会の予約

年に何度か嫁の職場で、「これからも頑張ろう!」という意味合いでの飲み会、もしくは忘年会・新年会・お別れ会みたいな宴会をします。
職場の人達は(嫁も含めて)誰もお店選びについての知識が無いので、どうしても私が決めるということになります。
言い変えれば〝そういう仕組み〟になっていて、私は当日出席しないにも拘わらずお店探しをすると(^-^;

数年前までは良かったんですよ。
場所は柏限定で、選択肢が数有りました。
しかしその選択肢も、段々寂しくなって来ました。
何度かお世話になった〝旨辛食堂炎柏店〟は閉店し、新年会・忘年会等家族でお世話になっていた〝Diningbarやっつけ〟は11/15で閉店。
以前B食隊でお世話になったBARや居酒屋は、ほとんど無くなってしまいました。

「よしっ!この際だから新規開拓をしてみよう!!」

ということで、ネット検索して良さげと思ったのはこちら。

居酒屋いくなら俺んち来い。

〝居酒屋いくなら俺んち来い。〟です。
3500円で、フード50種食べ放題+ドリンク70種飲み放題!
これは凄い!と思い、お店に行ってみました。

居酒屋いくなら俺んち来い。

満席です。
店長さん、忙しいのにメニューの写真を撮らせて下さいましてね。
ここに決めたかったのですが…
客層が若すぎました(^-^;
私の来るような場所では有りませんでしたが、でも若い人には値段的にもオススメだと思います。
安く満足出来そうなので、お店をお探しの若い方は、候補に入れてみてはいかがでしょうか(^^)

次の候補として、色々考えてはいたんですけどね。
回ってみてもピンっと来るお店は無くて。
だいたい、嫁の職場は年齢層に幅が有り過ぎるんですよ。
こういうのって、一番難しいんですよね。
ある程度のレベルの料理は欲しいし、でも値段は高く設定出来ない。
だからどうしても知っているお店っていうことになっちゃいます。
最近外出していないから、顔が利くお店なんかほとんどないんですよねぇ。

で、最後に向かったのが〝八っちゃん東口店〟です。
ここは何度かお世話になって、大変満足したお店でした。
料理も間違い無いし、値段も安く、スタッフもテキパキしています。

八ちゃん柏東口店

すみません。
今回の写真はほとんど手振れしています。
酔っ払っているんじゃないんですよ。
まださほど飲んでいません。
疲れているんです(;^_^A
もうね、ここ数年、親の世話をするようになってからというもの、毎日疲れています(>_<)

八ちゃん柏東口店

可愛いお姉さんに、宴会の予約をお願いしたいとお話をしました。
忙しい中、色々とお話を聞いて頂きましてね。
予算も日程も合いましたので、こちらでお願いすることにしたわけです。
八っちゃんならば、忘年会シーズンでも間違いは無いですからね。

八ちゃん柏東口店

エビマヨ、今日は片側によったくっちゃっていますけど、味は確かです。
この盛大なマヨが好きですねぇ。
マヨとチーズ。
この「カロリー取りまくるぜっ!」的なメニューは、我が家の満足度高いです(≧∀≦*)

八ちゃん柏東口店

私はこういうお皿を用意していまして(胡椒多め)。
これをどうするかというと、こういうものに付けて頂くわけでございます。

八っちゃん柏東口店

その他、レバ刺や豚足なんかもこれで頂くことが多いです(胡麻油使用の場合有り)。
辛味噌も美味しいですが、塩コショウが一番好きでしょうか。
焼鳥の先っちょに用意した塩コショウを付け、「うんめへ~♪」と思った瞬間にホッピーをゴクリ。
顔がニンマリしますねぇ(o^_^o)

ということで、今年は八ちゃん柏東口店にしました。
スタッフの皆様、宜しくお願い致しますm(__)m

【八っちゃん 柏東口店】
住所 千葉県柏市柏2-8-15 石戸ビル1階
電話 04-7162-5881
時間 16時~平日翌1時・~金・土翌2時・~日祝日24時
定休 年末年始







ちょっと話が逸れます。
えぇ、いつものことです(笑)

私はゲスな飲み助ですから、日本酒を酒盗とか塩辛で飲むタイプです。
ヘタレた味付けの…
あ、いや、表現方法を間違えましたm(__)m
優しい味付けの料理では、お酒が飲めないタイプの人間ですね。

〝医食同源〟などと申しますが、ちょっとばかり私と解釈が違う場合も有りまして。
身体の機能的な意味合いを全面に押し出す傾向に有る気がするんですね。
「○○○を食べるとこういう良さが有る」とか。
そっち側に重点を置いてしまうと、どうも私の好きな方向に流れて行きません。
そういう「身体に良いもの」を出されたら、おそらく私は食欲が湧かないでしょう。

「身体に良いもの」は、本当に身体に良いとは思います。
そこは認めます。
きっとも身体の機能を正常に保つことが出来るんだと思います。
ただ、満足度からすると、私の満足度からは程遠い。
どちらかというと私は、「精神面での満足度」を重視したいと思うわけです。

人が食べ物を口に入れ、「美味しぃ~(^^)」と思った時の気持ち。
それがどのくらい身体に良いかが問題にならないのは、数値に出来ないからでしょう。
確かに薄味で茹でただけの野菜なんかを毎日食べていれば、人間の身体の機能は悪くなって行かないかも知れない。
だけど、それだけじゃないでしょうと。
「悪くない=良い」ではないと。
だって、「不味くない=美味しい」ではないんですもの。

限度が有りますけどね。
要望に任せて好きなものばかりバクバク食べたのでは、身体に悪い。
ただ「農薬や添加物を使用していない食品を食べれば、人間の身体は美味しいと感じるはずだ」というような極端な意見を拝見すると、「人間には『心』というものが有りますよね?」と反論したくなります。
えぇ、ひねくれ者ですから(^^;

私はそれからその書物(と言って良いのかどうかは解りませんが)を買わなくなりました。
話がどんどん極端になって行き、全く現実味の無い話が多く見られるようになりましたし、話の正確さにも欠け、押しつけがましい内容が増えたからです。
その方のエッセイも買って読んだんですが…
食べ物に関する本はまず捨てない主義なんですけど、今は手元に有りません。
もっと言えば、この方の金儲けのやり方が好きになれません。
最初は「やっとこういう漫画が出たか!」と思ったんですけどねぇ(。-д-。)

それはどうでも良いとして。

これからの日本は、心のケアに重点を置いて頂きたいなぁ~って思います(色々な意味で)。
まず「美味しい」と思うことが先決。
もしくは、「美味しい」と思う気持ちを「身体に良い」という意味の中に入れて頂きたい。
勿論私のように、塩っ辛いものを食べてお酒を浴びるなんていうのはいけません。
そういう人になってはいけない(爆)

何年前からでしょうか、学校給食や病院の食事が美味しくなったのは、とっても良いことだと思いますねぇ(^^)
関連記事

| お酒を楽しむお店 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1026-f82910ad

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>