<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【回転寿司】すし銚子丸南柏店に行けどもやはりとろしめさば

前回が『すし銚子丸柏店でもとろしめさば』でしたので、今回は『行けどもやはり』に変えてみました。
ま、どうでもいいことですね(;^_^A

すし銚子丸南柏店

この日は娘が誕生日で来ていまして、娘が来ている日の昼食は必ず回転寿司と決まっております。
普通でしたら「今日は何を食べに行く?」と聞くわけですが、我が家の娘は「今日はどこの回転寿司行く?」と、回転寿司限定で話を進める変なヤツ。

すし銚子丸南柏店

というか、何故そんなに回転寿司が好きなのか。
〝寿司屋で一人前♪〟も嫌いじゃないらしいんですけど、それだとネタと量が限定されるから困るらしい。
回転寿司だと好きなネタを集中して食べられるし、その日の腹具合(パラグアイとは違います)によって、多くも少なくも自由に選択出来るから好きだと。

すし銚子丸南柏店

その理由は良く解るわけで、例えば私が“もりいち松戸東口店”に行ってしめさばを頂き「今日はモーレツに美味しい!」となれば、しめさば連続5枚食べて帰って来るとか。
もりいちのしめさばは1皿が3貫なので、5皿お願いすれば15貫。
モーレツに美味しい日のしめさばを15貫頂けるなんて、これ以上の幸せはございません。

すし銚子丸南柏店

寿司屋に行って上にぎりお願いしたとして、でもいざ食べ始めたらそんなに食べられないということが解り、でも残すのは勿体無い。
そういう時、回転寿司だったら好きに調整出来るから、何も問題が無いというわけです。

すし銚子丸南柏店

ここ“すし銚子丸南柏店”は、開店当初は「こりゃ、暫くはいいわ(^^;」と思ったお店でしたが、数年経って板さん達も素晴らしい人材が揃いまして、今や週末は駐車場に停め切れないほどのお客さんで賑わっています。
本日も、出迎えスタッフはバタバタしておりましたが(ほとんどの銚子丸がそうなんで、もう気にならなくなりました)、板さんの仕事っぷりが気持良く、美味しく頂くことが出来ました。

すし銚子丸南柏店

娘が居ると、写真が増えるわけです。
面白そうなもの、変わったものには手を出さないと気がすまないという性格なもので、今回もこういうお皿に手を出しましたが、ほとんどの場合は失敗します(沈)
「そこんトコは私に似たのかも知れないなぁ」と思うと、とても不憫で、一生私が面倒見てやらなきゃなんて思うもんですか(笑)
この骨煎餅、私の歳にはちょっと油っこすぎまして…(^^ゞ

すし銚子丸南柏店

とろたくは我が家の定番で、誰かが必ず注文or皿を取り、全員で少しずつつまみます。
箸休め的な存在でしょうかね。
海苔巻きが箸休めというのが、デブの証拠(ーー;)

すし銚子丸南柏店

娘が注文した、たまご。
これも箸休めの部類かも(いや、だからさぁ…)。

すし銚子丸南柏店

この〝銚子丸巻〟はお得なので、つい注文してしまいます。
本当は「つい」じゃなくて、「食べたいから」ですけども(^^)

いや~美味しかった♪

ご馳走様でしたm(__)m

【すし銚子丸南柏店】
住所 千葉県柏市新富町1-1-8
電話 04-7141-7770
時間 11時~22時
定休日 無休
駐車場 有り

≫すし銚子丸ホームページ







銚子丸に行くと必ずと言って良いほど注文する、銚子丸巻。
何故これを私が注文するかというと、「現在どの程度口を開けることが出来るのか」を確認する為です(笑)

この説明では良く解らないという方は、実際に銚子丸に行って注文してみて下さい。
そして、3個に切られたうちのひとつを箸で持ち上げ、口に入れようとしてみて下さい。
どうでしょうか。
入りますか?
いつもの食事程度に口を開けても、入りませんよね。
あ、「すんなり入った」という人は、普段から口を開けすぎです(笑)
大抵の人は、銚子丸巻の中心部で引っかかるはずなんです。

ほとんどの銚子丸では、この〝銚子丸巻〟は大きく作られていて、サービス品的扱いになっているわけなんですね(たまに細身のが出て来てガッカリしたりします)。
一切れの大きさもそうですが、巻きの太さも太く作られています。
某百円寿司にも同じようなサービス巻が有りますけれども、大きさも味も別物(値段が違いますから当然ですね)。
これ3枚食べたら結構いい感じにお腹が膨れるボリュームです。

さて、この銚子丸巻を口に入れようとして引っ掛かったと。
重要なのは、その後どうするかのチョイスだと思います。
どうしたら一番良いと思われるでしょうか。

「一度口から離す」というのは、半分口に入れたものを出すわけで、ちょっとキレイではない気がしますね。
「半分で噛み切る」というのも避けたいです。
私、「寿司は噛み切らない」ということを信条としております故。
特に男性はみっともないですね。
「あら、お寿司も満足に食べられないなんて、どういう男なんざましょ」と思われるに決まっているようないないような。

では、「銚子丸巻が入るくらい、今以上に大きな口を開ける」というのはどうでしょう。
これならば問題の無い気がするわけですが、周囲の人達に、あなたの〝普段見せたことの無い野獣顔〟を見せることになりますが、それでも宜しいでしょうか(^-^;
目を剥き出し、顔には多数のシワが寄り、鼻はあぐらをかき、歯茎や、もしかすると喉ち○こ関係も丸出しになってしまうかも知れません。
丸出しが好きな人は、迷わずこれをチョイス(^^)♪

実はこの話、人の生き方はそれぞれですから、正解というものは有りません。
「あたしはね、目をひん剥きたいのよっ!」という人が居るかも知れません。
「喉ち○こ丸出しが私の夢なの!゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.」という人も居るでしょう(居るのかな?)
人生は一度切りです。
思う存分剥いたり出したりして下さい!m(__)m

えっと… 私はしたくないんですけどね(^o^;)

どうやって食べたらいいんですかねぇ~
好みという観点から申し上げますと、「口を大きく開ける」時に「手を口に当てる」を併用する、なんていうのはいかがでしょうか。
そうすれば、ひん剥いた目と顔のシワは解ってしまうけど、歯茎とち○こは見られる心配は有りません(ち○こじゃなくて、喉ち○こですが)。
ここで一件落着(^O^)

と思ったら大間違いで。

口に手を当てて大口を開き、やっと銚子丸巻が口に入ったと思いきや、今度は「咀嚼」という問題が出て来ました。
“野獣顔”になってしまうほど大きな口を開けなければ入らなかった銚子丸巻ですよ?
普通な顔をして咀嚼出来るはずがありません。
男性はもとより、女性も、人生に何度かは経験が有るのではないでしょうか。
喋ることが出来ないくらい、口にモノを入れたことが。

店舗毎に若干の差が有るにせよ、銚子丸巻はデカイです。
そのデカイ銚子丸巻を口に入れたら、喋ることはおろか、咀嚼するのも難しい。
普段から口の締りが悪い人は、外に飛び出しそうになりますね。
「鬼は外」は解りますが、「銚子丸巻は外」というのは頂けません。
もしかすると、出したあなたが外に出されてしまうかも知れませんね(笑)

この「咀嚼と口から外出問題」の解決策として、いくつかございます。
・銚子丸に行く前に、口を大きく開ける練習を充分に行う。
・野獣顔を隠す、もしくは口から銚子丸巻がお出かけしたことを隠せるように、扇子を持参する(外出前提)。
・相方に一度細かく咀嚼してもらってから食べる。
・整形して口を大きくする。
・銚子丸に行かない。
色々ございますが、一番良いのはこれかなと。

「注文の際、板さんに、小さく切って欲しいと伝える」

銚子丸の板さんは優しい方ばかりなので、きっとお願いすれば、いつもより小さく切ってくれるんじゃないかと思います。

では皆様、今週末は銚子丸巻をお楽しみ下さいませ m(__)m
関連記事

| 寿司・回転寿司 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://bgourmand.blog.fc2.com/tb.php/1005-0f9be7c2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。