<< 2016-08- | ARCHIVE-SELECT | 2016-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【ファミレス】ファミリー中華レストラン上海菜館で唐揚げランチ

とん、とん、ときて第3弾。

この日は母の為に、リユースショップ巡りでございます。
最近は介護用品も出回るようになり、決して安くはないものの、一般的な定価販売よりはイラッとしない値段設定になっています(笑)

吉川まで来たのですが、この日は昼食の場所を決めていなかった為、走っても走ってもお店が決まりません。
そこで、訳あって私が入らないようにしている「一時期から流行りだした中華料理のお店」に決めることにしました。
「訳」というのは別に、美味しくないからではないですからね。
どちらかといえば、安くて美味しいと思っていますので(^^)

ファミリー中華レストラン上海菜館

「上海菜館」というと、川口さんからご紹介頂いた「上海飯店」を思い出しますね。
2店舗入りましたが、どちらもボリューミーで良かったです♪

さて、メニューを…
おっと、定食セットが650円から有ります。
さすが「一時期から流行りだした中華料理のお店」ですね、とってもリーズナブル♪
それも、唐揚の定食が春巻き付きで650円!
それも、それも、ライス大盛無料!!
私はもう、それに決定です(≧∀≦*)

ファミリー中華レストラン上海菜館
鶏の唐揚げランチ(春巻き添え) 650円(全て税込価格)

嫁は担々麺と半チャーハンのセット。

ファミリー中華レストラン上海菜館
担々麺&半チャーハンセット 850円

あれれ?
私が知っている中華のお店とは、ヴィジュアルが全く違いますよ??
(本当は一番に、お新香の皿が気になったんですけどね)
担々麺のスープを1口頂きました。
んんん??
もしかすると、これは…

担々麺のスープは、辛さが結構尖っていて、ザーサイが(小さく刻まれていなくて)大きなまんまゴロゴロ入っています。
写真でお解りの通り、チャーハンは脂っ気が無く、ポソポソ。
私の方はと言うと、春巻きは卓上の醤油・酢・ラー油で食べれば良いですが、この下味のほとんど付いていない唐揚げは、いったいどうやって食べたら良いでしょうか?(^-^;
それも硬くて冷めているので、醤油を付けたとしても全然馴染みません(T_T)
この定食に春巻きは添えなくて結構ですから、その代わりに、せめて唐揚げにマヨネーズが欲しかったでしょうか。
でないと、この大盛ライスが口に入って行きません(涙)

ファミリー中華レストラン上海菜館

スープがサービスで、おかわり出来ます。
味は写真にてご想像下さいませm(__)m

650円の定食で贅沢言ってはいけません。
それは重々承知していますが、同程度の金額で大満足の定食が世の中に有るという事実。
その事実が、我々を惑わせてしまうんですよね。
調べてみたら、このお店は「安楽亭」等をチェーン展開している「株式会社サリックストラベル」が母体だったんですね。
だったら、このお店の隣に有る「安楽亭」のランチの方が、まだ残念に思わなかったのではないかと感じました。

一緒の括りにすると申し訳ないので、とりあえず書いておきます。
「一時期から流行りだした中華料理のお店」達とこのお店は、全く違いました。
唐揚げも春巻きもチャーハンも保温してあるもので、1人前ずつ手作りをしている中華のお店とは別物。
中華料理店ではなく、ファミレスです。

あっ、「ファミリー中華レストラン」って書いて有りました(爆)

本当に、面白いお店でした m(__)m

【ファミリー中華レストラン上海菜館】
住所 埼玉県吉川市保1-30-7
電話 048-983-3301
時間 11時~24時
定休日 無休
駐車場 有り

関連記事
スポンサーサイト

| 中華・中国料理 | 12:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ラーメン】千成らーめん白井店でタイムトラベル?

面白かったお店、第2弾。
昔はよく通った、千成らーめんでございます。

千成らーめん白井店

千成らーめんの中では、ダントツに回数通っています、このお店。
駐車場があまり広くない為、駐車出来ずに諦めた日も有ったほどです。
結局揚げニンニクで持って行くという実に解りやすいスープなんですが、これがまた良く出来たバランスで、「ガッツリいくぜっ!」という日にはピッタリのラーメンだったんですね。
今でこそ、家系ラーメンチェーンがあちらこちらに出来ていて、ガッツリいきたい日に苦労しなくなりましたけど、当時は今ほどガッツリ系ラーメンが無かった時代でしたから、千成チェーンは重宝しました。

久しぶりに入ってみようという気になり、昼時間をちょっと外して訪問。
車を停めて入店すると、先客3名。
あっ、このお店の経営者が変わったんでしょうかね。
ご家族3人という感じの構成です。
昔は男っ気がプンプンする感じでしたけど、今は家庭的な雰囲気になりました。

なかなかお水もメニューも到着しないので、おかあさんを呼びます。
「すみません、注文をお願いします」
「はい、注文ですね」





あれ?
顔を合わせて「注文をお願いします」と言って受けて頂いたのに、それから全然来ません。
鉛筆削っています。
それから厨房に入り、他の人の注文を受けて、また鉛筆を削ります。
私が振り向いて厨房の方を見ていても、こちらには来る気配が全く有りません。

あれ?
さっきの会話、無かったことになっていますか??(^-^;

時間軸に何か障害が…(;^_^A

この一回りがもう一度有りましてね(本当です)。
3度目にお兄さんに注文をしたら、やっと受けてくれました。
ここまででおかあさん、鉛筆を何度削ったことでしょう(笑)

まぁいいんです。
あの頃の懐かしいラーメンが食べられればそれでいい。

千成らーめん白井店
しょうゆらーめん 650円

あれ?
このお店、ラーメンまで変わりました??
こんなにこぢんまりしたラーメンじゃなかったはずですけど…(;^_^A

千成らーめん白井店
みそネギらーめん 750円

メニューとヴィジュアルが違う…(^^ゞ

皆まで語りません。
多分途中で経営者が変わったのでしょう。
あの頃の千成らーめんでは無いということは確かだと思います。
とにかく、ラーメン1杯注文するのにモーレツに時間が掛かった昼食でございましたm(__)m

こういうまったりした感じの、地域に密着したお店って大切なんですよね、きっと(^^)

関連記事

| ラーメン | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【蕎麦】そば処ゆたかやで真っ黒天丼

中華大島のカシミールカレーに感動した後、ちょっと面白いお店が続きましたので、ここから数回分はそういうお店のご紹介ということになりましょうか。

そば処ゆたかや

このお店に初めて入りましたのは、もう気が遠くなるほど前。
確か夕食にビールを飲みながら、格闘技をテレビで見て、それからお蕎麦を頂いたような気がします(違ったらすみません)。
その時にどう思ったかも忘れていまして、とにかく格闘技を見た記憶しか残っていないんです。
で、昨年だったでしょうか、うちの嫁の「あのお店、娘と2人で入ったよ」なんていう話から、「そういえばどういうお店だったっけかな?」と考えるようになり、「盛りが良かったと思う」と嫁が付け加えたもので、余計に気になってしまいました。

気になったら行きますね、人間は(^^)

そば処ゆたかや

メニューを見ると、この界隈としては結構まともなお値段です。
前日ちょっと食べ過ぎたことも有り、私はさっぱりと〝大もり 700円〟にしました。

嫁は考えに考えた挙げ句、〝(S)天丼 1050円〟をチョイス。
これがまた、蓋を開けてビックリでした。

そば処ゆたかや

真っ黒くて、何の天ぷらなのかが瞬時に解りません(^^;
ま、真っ黒の天丼というと都内に有名なお店がございますが、そちらの天丼は天丼用の容器に入れられ、御飯の量もたっぷり有るからバランス的に良いものの、こちらの天丼はお重に入っていて御飯が薄く敷いてあるだけなので、味濃いめで油っこい天ぷらを口に入れた後の〝箸休め的意味での御飯〟が、これまたタレと油が浸みている為に役に立ちません。
この御飯の薄さ加減は「高級志向」のお店に多い盛り方なので、もしかするとどちらかの高級店出身の店主さんなのかも知れません。

小金原周辺は高齢化が進み、若い世代はほとんど居なくなりました。
流山の「すずき」よりはまだ良いとしても、このバランス、この界隈の人達に受け入れられているんでしょうか。
いや、天丼以外が人気なのかも知れません。
う~ん、モーレツに疑問が残りました。

もうひとつの疑問を嫁にぶつけてみました。
「あのさ、どこをどう見て『盛りが良い』って思ったわけ??」
勿論回答は有りませんでしたが(笑)
蕎麦は決して少ない盛りではございませんでした(味も普通でした)。
しかし同程度のクオリティでコスパが良いお店を知っていますので、通うということになりますと、そちらをチョイスするということになりましょうか。

でも長年続いているお店ですから、絶対にどこか魅力が有るはずです。
私のような未熟者が1回や2回の訪問をしたからといって、それが解るはずも有りません。
そういうことだと思います。
まだまだ修行が足りませんですねぇ> 自分m(__)m

ご馳走様でしたm(__)m

【そば処ゆたかや】
住所 千葉県松戸市小金原6-5-19
電話 047-341-2375
時間 11時~20時
定休日 日曜日
駐車場 無し(有料市営駐車場有り)



関連記事

| そば・うどん | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ラーメン】壱道で壱道ラーメン

前回「面白いお店」としてご紹介しました壱道でございますが、再訪して来ました。
目指すは〝壱道ラーメン〟でございます。

壱道

前回よりも広角でお店をご紹介致します。
右上に「ティールーム メテオラ」という看板が残っていますね。
そう、以前は喫茶店でした。
この「メテオラ」というのは、岩壁の上に建ってるメテオラ修道院そのものというよりは、それを見て同名のアルバムを作った「リンキン・パーク」のファンだったマスターがやっていたお店と考えた方が私的に解りやすいのですが、そりゃ私が音楽好きだからで、本当はメテオラ修道院を見て感動したから付けた名前かも知れません(こうやって想像するのが好きな体質です)。

以前のお店の名前はいいとして、今回は今のお店の名前が冠された一品〝壱道ラーメン〟をチョイスしました。
もうひとつ〝壱道定食 1100円〟というものが有り、オンラインで仲良くして下さっている川口さんが先日食べて来たそうですが、壱道定食はもつ煮込と牛すじ煮の両方がセットされており、もう大食いは出来ない私には辛いので諦めました。
もう歳なので、無理がきかなくなってきております(^-^;

12時前に入り、先客は2名。
テーブル席に座り、壱道ラーメンを注文します。

壱道

〝壱道ラーメン定食〟にすると、プラス180円で半ライスと小鉢が付くそうです。
私はもう、ラーメンと一緒にライスを食べる習慣が無くなりましたので、単品でお願いしました。

壱道
壱道ラーメン 800円

う~ん、実に家庭的な仕上がりで、「おかえりなさ~い」という声が聞こえて来そうな味噌ラーメンです。
メニューに書かれているように「クリーミー」なのかと言われると、クリーミーという基準が解らないので何とも言えませんが、西京味噌、もしくは石野の白味噌なんかを使うと、もう少しクリーミーになるのかと思われます。
見た目も濃いシナチク、シャキッよりもう少し火が通ったモヤシ、固茹で玉子、味噌ラーメンには珍しい若干軟らかめの細麺等、全体的にホッとする家庭の味という印象。

注目は、紅生姜です。
私は紅生姜がラーメンにトッピングされているのが苦手で(味噌ラーメンに紅生姜トッピングは、高根公団の「らーめん寺子屋伍陣」が最後)、豚骨ラーメン(博多ラーメン)にさえ入れません。
しかし、このラーメンにはドンピシャだったんですよ。
むしろ「無いと辛いかも?」と思えるレベルでマッチしています。
これは考えましたねぇ。
素晴らしいマッチングです。

その後、近所の知り合いの社長さん達が入って来まして、私は食事を終えてお会計。
お腹が空いたらいつでも入れて、気軽に食事が取れる便利なお店。
常連さん達は、そういう所が良くて通っていらっしゃるんじゃないでしょうか。

このお店は「壱道」という店名なんですが、お店に向かって右側の手書きメニューには「定食壱道」とも書かれていまして、何でも定食にしてしまうほど定食好きなお店らしいので、次回は定食をお願いしてみようかと思います。
ライスの盛りもいいですし、メニューが多いので楽しめそうです(^^)

ご馳走様でしたm(__)m

【壱道】
住所 千葉県松戸市根木内351-17
電話 047-341-7371
時間 11時~15時・16時半〜21時(土日祝は通し営業)
定休日 水曜日
駐車場 有り(向側に数台分)

関連記事

| ラーメン | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。