<< 2015-05- | ARCHIVE-SELECT | 2015-07- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【お酒を楽しむお店】かき小屋十坪半で焼き牡蠣

最近、嫁の用事でしか出掛けていないなぁ(^-^;
ということでこの日も、嫁の会社の飲み会の予約に柏へ。

無事に予約が出来まして、お次は今夜の会場探し(夕食用)。
もうかれこれ10回以上(もしかすると20回超え)満席で入れなかった〝マルチョー〟に行ってみるも、今回も撃沈。
とにかく一度嫁に食べさせてやろうと思うんだけど、入れたことが有りません。
ま、急を要するほどのことかというと、他にも色々と良いお店が有りますからそれほどではないのですが、柏を語る場合(例えば柏が会社で話題になった時に話が出て、その会話に加われるように)、誰かが必ず話に出すだろうというお店なので、一度だけ連れて行こうかなという程度の話なんです。
諦めてもいいんですが、ここまで入れないともう意地ですね(笑)

嫁も私も「列んでまで食べるべきお店なんて無い」というのが持論。
「予約」というのもあまり好きではなく、「ちょっくら柏でも行って一杯飲ろうか」と気楽に構えて向かい、スッと入れてそこそこ美味しいというお店が一番だと思っています。
じゃ、列んだ事が無いのかと言われれば、何度も有るわけですが(^^;

そういう意味で私は、〝鶏ふじ〟以上に自分に合っていた焼鳥屋さんは無いと思っています。
2回に1回程度は入れないことも有ったけれど、予約もせずに気楽に入れるし、焼鳥は素晴らしく美味しいし、藤井さんの接客は自分に丁度良く、美味しいお酒も有るし、牡蠣食べ放題というようなイベントも楽しかったし、藤井さんが他界しなければ、今でも結構な頻度で通っていると思います。
この界隈であの〝モモ塩〟に勝てる焼鳥は、滅多に無いと思いますねぇ(他の串も含めてですが、モモの塩がとにかく美味しかったです)。

懐かしい鶏ふじの話題はこの辺にして。
以前嫁の飲み会の時間に柏をブラブラしておりまして、その時に見付けたお店です。
というか、見付けたのは〝2丁目のかき小屋〟の方なんですが、「おっと、こういうお店が柏にも出来るのかぁ」とニンマリしたわけです。
2丁目のかき小屋よりも前にオープンしていたのがここ〝かき小屋十坪半〟。
店舗によって「かき小屋」以降の名前が違うんですね、面白いなぁ。

かき小屋十坪半

これは「かきごやじゅっつぼはん」と読むようです。
有る意味普通の読み方だけど、人の名前と一緒で、店名も読み方が難しい場合が有りますもんね。
入ると、カウンターとテーブルどちらが良いか聞かれるので、我々はテーブルを。
しかし、火曜日でも他店は結構な客入りなのに、ここは先客が1組だけ。
17時からオープンしているんですけどねぇ。

かき小屋十坪半

まだ口を付けていないのに、この状態はちょっと残念でしょうか(^^;
500円ということなので、もう少し何とかお願いしたいところ。
というか、このお店、お酒の持ち込みが出来るらしいんですよ。
とはいえ実際にお酒を持ち込む人は居ないんでしょうけど(面倒臭い)。
アルコールの値段設定は、普通、もしくは(こういうお店にしては)若干高いかなという印象です。
持ち込むのが面倒じゃなければ持ち込んだ方が、金額的にはお得になる計算なのかなぁ。

かき小屋十坪半

お通しです。
もう、お通しが既に蒸し牡蠣(笑)
この提供の仕方を含めて、全体的に〝あぁいう雰囲気〟を出そうとしている感じですね。
言いたいことが解って頂けると幸いです(^-^;
この蒸し牡蠣、美味しいや~(^^)

かき小屋十坪半

せっかくスタッフのお姉さんが火を付けてくれたので、牡蠣は焼き牡蠣で頂くことにしました。
600g(牡蠣5杯ほど)で1180円です。
お通しで出て来たものよりも大きめ♪

かき小屋十坪半

〝海鮮盛り合わせ780円〟と〝カニ味噌甲羅焼き480円〟を追加し、焼き始めます。

かき小屋十坪半

量はそこそこですが、嘘偽りの無いカニ味噌です。
美味しい(o^_^o)

かき小屋十坪半

どう考えたって、これが美味しくないわけがないでしょ。
ホッペタ落ちまくりですよ、ホントに。
卓上に調味料が有りますけど、醤油もかけずにそのままがいいです。
いや~美味しいなぁ(^o^)

かき小屋十坪半

ビールを2杯飲んだ後、日本酒を頂くことにしました。
オススメをお願いしたら、スタッフのお姉さん数名で「何を勧めたら良いか」という相談をしていましてね。
この歳になりますと、そういう光景が実に微笑ましく感じられます。

我々が出るまで、隣にカップルが1組と、出る時に1組来ただけ。
もう2年目ですから、認知されていないはずは無いですもんね。
牡蠣も美味しいし、場所はちょっと駅から離れていたとしても、もっと入って良いはずです。
途中で気付いたんですよ。
せっかく牡蠣が美味しいのに、勿体ないなぁ~って。

【これは女性がする作業ではない】
お通しが来た時、「牡蠣が開いていなかったらそちらに有る牡蠣ナイフをお使い下さい」と言われます。
これが結構難しくて、私のような老眼が進んでいる人間は、どこにナイフを入れたら良いか解らないんですね。
それに、多少なりとも力が必要になりますので、これは女性がする作業ではない気がします。
となれば、カップルで来て男性がやってあげれば良いわけですが、いくらイマドキの男に料理が出来る人が増えたとは言え、牡蠣を上手に開けられる男がどのくらい居ましょうか。

【スタッフがこちらをずっと見ているが…】
男として「このくらいは出来る男でないといけない」というプライドが有ると思います(笑)
彼女の前で、牡蠣を開けるくらいは出来ないと恥ずかしい。
でもですね、初めてやる人には、結構難しいと思うわけですよ。
私は料理人(自己申告)なわけですが、それでもスッとは出来ませんでした(老眼も影響)。
そこで、スッと出来ない人に対してスタッフが「やりましょうか」と言ってくれればお言葉に甘える人が居るとも思うんですが、こちらに顔を向けているスタッフが居るものの、そういうサービス(手伝ってくれる)は無いみたいなんですね。
ということはですよ、こちらが不器用な手付きで牡蠣を開こうとしている様子を、スタッフは見ているんだけど何もしてくれないという状況なわけで、この作業が得意でない男の場合、人に見られているという状態で不得意な作業をするということは、地獄の苦しみと言っても過言ではないと思うのです。
まして彼女を連れて行った場合での失敗は、男からすると絶対に避けたい。
そうでなかったにせよ、スタッフに見られながらの失敗は、気持ちの良いものではございません。
その辺の男心が解って頂けると有難いかな~って思ったりしますねぇ。
こちらを見ているのは、注文が有った時に見逃しが無いようにという配慮だったり、そういうプラス面は有るんですが、常時ガン見というのはどうかな~と、全く意味が無いんじゃないかなという印象です。

【カラ入れがテーブル下のポリバケツ】
これは事前に説明を頂いていたわけですが、このバケツに入れる際に、汁が自分達の洋服にこぼれる心配が有ります。
これは女性ならば絶対避けたいことで、実は男の我々でも出来ることならば避けたいことなんですね。
ましてこの店は魚介系の美味しい食材を扱っているわけで、確かに肉系の汁も嫌ですけど、魚介系の生臭い汁を洋服に浴びてこの後を過ごすのは、決して気持ちの良いものではないと思うわけです。
何か別な方法は無かったのかと思うのですが…

【スタッフに全てを把握している人が居ない】
日本酒の件にしても、商品である魚介素材にしても、こちらが質問したことに対して明確に答えられるスタッフを置いていません。
これはスタッフがどうこうではなく、このお店を経営している人の経営方針がそうだと考えるのが妥当だと思うんですね。
まして牡蠣という、鮮度が問題な食材をウリにしているわけで、牡蠣はちょっと間違うと大変重い食中毒を出してしまう食材なわけです(私も以前牡蠣で食中毒になっています)。
そういうお店に、料理のプロ、もしくは明確に答えられるスタッフを置かないというのは、お客であるこちら側が不安になってしまうんですよね。

昔から「焼肉を食べに行くカップルは付き合いが長い」と言われますね。
私の印象では、このお店に行くカップルは、もっと付き合いが長くないと無理という気がします。
そうでないカップルの場合で、どうしても行きたいならば、自分達で何かしなければいけない(例えば今回私が食べた焼き牡蠣等)メニューを注文せず、既に向こうで調理してあるメニューを注文した方が良いでしょうね。
特に、料理を全くせずに育って来た男性は、そうした方が良いと思います。
せっかく蒸したor焼いた美味しい牡蠣が開けられず、彼女の前で恥をかく可能性が有るからです。

逆に、カップルではなくて男同士で行く場合は、結構楽しめると思います。
浜焼きという雰囲気の中、「お前、そんなことも出来ないのかぁ?(^-^;」なんていうジョークも交えながらの飲み会は、とても楽しいと思いますので。

とにかく「惜しい」という印象でした。
せっかく素材やお店としての持って行き方は良いのに、スタッフへの教育や、全体を通しての「サービス業としての在り方」に纏まりが無いせいで、その良い部分が全て台無しになっている気がします。
ビールの注ぎ方ひとつ教えずに、スタッフとして居させるのはマイナスでしか有りません。
あの生ビールで500円取るのは、イマドキのこういうお店ではクレームものですよね。
この状態で2号店「2丁目のかき小屋」を、それも近くにオープンする姿勢もまた、う~ん…という感じです。
本当に勿体ないお店だと感じました。

ちなみにこのお店、ホームページに載っていないところをみると、ジャックポットプランニングがやっている〝かき小屋〟とは違うということなんでしょうかね。
でも営業形態等、全く同じという感じがしますが…
よくみると、ジャックポットプランニングはFC店も募集しているようなので、直営店だけホームページに載せて、FC店については会社のホームページでフォローしないということなんでしょうかね。
お金が動いている以上、それもどうかと思うのですが…

とにかくこのままでは何も教えられていないスタッフが可哀想なので、牡蠣は美味しくて勿体ないという意味でも、良い方向に向かえばいいなぁと願っています。
改善するならば、我が家は絶対に通うと思いますので。
ホント、牡蠣は美味しかったですm(__)m

【かき小屋十坪半(かきごやじゅっつぼはん)】
住所 千葉県柏市柏3-3-4 小倉ビル1F
電話 04-7165-1050
時間 17時~翌1時
定休日 不定休
駐車場 無し



関連記事

| お酒を楽しむお店 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【中国料理】陳建一さんの愛弟子のお店薫風飯店がいい!

美味しかったので、こちらにもご紹介。
料理の鉄人、陳建一さんの愛弟子のお店です。
予備知識も無く、たまたま入ったお店が美味しいと、何倍も得した気分になるものですね(^^)

中国料理薫風飯店

駐車場はお店の周りに有ります。
自宅の1階という感じでしょうか。
テーブル・座敷・カウンター席が有り、1人からファミリー、団体と、どんなほとんどのお客様に対応出来るレイアウトです。

中国料理薫風飯店
担々麺(ゴマ味噌入り辛味そば)

陳建一さんのお弟子さんだとは、帰宅するまで知りませんでした。
ただ、嫁の好きな担々麺が有り、私の好きな酸辣湯麺が有ったので、注文したというわけです。

中国料理薫風飯店
酸辣湯麺(酸コショウ入り辛味そば)

モーレツに好きなんですよ、酸辣湯麺が。
唐辛子の辛さに対してはヨワヨワというオコチャマ舌なんですけど、胡椒はかなりの量まで大丈夫という変な舌。
これは多分、私の父がボブ・マーリーではなく、ジミー・ペイジだったということが関係しているんだと思います。
えぇ、特別な意味は有りませんm(__)m

おそらく、千葉県内で一番胡椒を食べているのは私かと…
と言ったら大袈裟になるほど、私は胡椒好きなんです(じゃあ大したことないわね)。

ですから、「酸辣湯麺」といっておきながら胡椒の使用量が適正でないと、もう「プンプンッ」ってしますね(これも大したことない)。

こちらの酸辣湯麺はどうだったか。
それがですね、完璧と言っても良い位に、素晴らしいバランス。
酸っぱさといい、胡椒の加減といい、この上ないハーモニーでございます(≧∇≦)/

そこに合わせた麺がまた素晴らしい。
細いながらもコシが有り、とろみの付いたスープが丁度良く乗っかって来まして、ここもまた抜群のバランスです。
具材の切り方が丁寧過ぎるほど丁寧。
そして各食材の食感に工夫がされていまして、食べていてとても面白いんです。

これは素晴らしい酸辣湯麺です♪(o^_^o)

一度は通り過ぎたこのお店。
「やっぱりあのお店に入ろう」と、戻って来て良かった~(≧∀≦*)

また別の料理を頂きに行きます!

ご馳走様でしたm(__)m

【中国料理薫風飯店(くんぷうはんてん)】
住所 茨城県守谷市久保ケ丘4-17-1
電話 0297-46-3507
時間 11時30分~14時・17時30分~21時30分
定休日 月曜日
駐車場 有り

≫中国料理薫風飯店ホームページ



関連記事

| 中華・中国料理 | 12:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ラーメン】めん結び光の葉のチャーシュウごはんにビックリ!

あちらのブログにも載せましたが、久しぶりに感動したのでこちらにもアップします。

めん結び光の葉

このお店は〝めん結び光の葉〟といいまして、昨年の7月2日、市原市の五井にオープンしたお店です。
何と申しましてもこのお店、まず接客が良い。
店内清潔。
一人分のスペースが大きく、ゆったりと食べることが出来ます。
私の評価としては、ここまで満点。

めん結び光の葉
鶏白湯光の葉ら~めん 680円

白湯スープは飲みやすく、とても丁寧に作られています。
平縮れの自家製麺は私の好きな麺で、昔の〝長八〟の麺をもっと縮らせた感じ。
あまり他店では食べられない形状です。
トッピングも工夫されていて、真ん中の揚げネギみたいな黒いものは何の効果も無いので必要無かったかな~というのと、卵はもう少し手作り感が欲しかったかな~とは思いましたが、シャキシャキした青菜は素晴らしかったし、トッピング全体が美しく盛られていて好印象でした。

めん結び光の葉
チャーシュウごはん 320円

私が一番ビックリしたのはこちら。
このチャーシュー丼、ラーメンを作るよりも時間が掛かっているのではないかと感じるほど、よぉ~く混ぜ混ぜしておりました。
容器に入れてずぅ~っとかき回しているので、最初「何を作っているのだろう?」と思ったら、チャーシューにタレを絡めていたわけです。
で、出て来たら蓋付きのお重ですよ。
ビックリの二乗です(^^)

見た目より味は薄く、誰もが食べやすいバランスになっています。
盛り付けも、モーレツに丁寧。
320円でこの高級感は有り得ないですねぇ。
簡単なマニュアルでお店を回すチェーン店では、とても真似が出来ない部分だと思います。

とにかくビックリの連続で、まず私は外に立っている手作り(多分奥様の手作り)の幟に感動しましてね。
愛が感じられて、実に素晴らしい幟です。
もうこの時点でKO寸前(早すぎ)。
それでもって、店内清潔で居心地が良く、出て来るものがとても丁寧に作られているとなれば、気分↑↑
覚醒ヘラ・ウルズ↑↑ですよ(意味不明)。
後は、好みの問題になりますよね。

私的には、実に素晴らしいお店だと感じました。
またこちら方面に行く際は、是非寄らせて頂きたいと思います。
そして、もしも2号店を作る際は、東葛地域へお願い致します(笑)

ご馳走様でしたm(__)m

【めん結び光の葉】
住所 千葉県市原市五井西5-12-7 グランドール101
電話 043-667-1155
時間 11時~14時30分・18時~21時
定休日 火曜日
駐車場 有り(お店の真ん前)



>> Read More

関連記事

| ラーメン | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【スーパーマーケット】セレクション青葉台店一人勝ち状態

のぶちゃんからご紹介頂いた、このアプリ。

ねこあつめ

〝ねこあつめ〟っていうんです。
ねこ好きな方は、是非一度(o^_^o)

さて今回は、いなげや跡地に出来たセレクションのお話。

いや~、やっぱりセレクションは一人勝ちですね。
この界隈のスーパー、売り出しの日でもパラパラしかお客さんが居ません。
Twitterにも書いたように、セレクションはお酒が驚くほど弱いんですけど、その他の商品に関しては圧倒的に強いです。
「この商品は○○○の方が上」というご意見は無しの方向で、トータル的に考えて、セレクションは強いと思います。

毎日スーパーに行っている私の、個人的評価を少々。

■おっ母さん
全体的にみてちょっと中途半端な位置に居ます。昔から野菜が弱く、買いに行くのは「ガツ」「にごり酒」「皿うどん」「安い日の玉子」に限定されますでしょうか(勿論他にも良い商品が有れば買います)。光が丘、南流山、八ヶ崎と、まんべんなく通っています。どのお店も店内が狭すぎて買い物はし難いです。
■ベルクス
今年に入って、野菜・くだもの関係で傷んでいるものが多く、柑橘系等はよく見て買わないと×。一時期ここばかり通っていた時が有りましたが、最近はめっきり少なくなりました。この界隈ですと〝ベルクス松飛台店〟が一番良いでしょうか。
■フードスクエアカスミ
柏中新宿店が出来た当初は高くて手が出ませんでしたが、徐々に値段を落として来ました。頑張っては居ますが、やはり値段を見ながら買わないと高い印象です。夕方以降、値段を下げるタイミングでお総菜の周辺にお客さんがたくさん居ます。安いからか、美味しいからか、私はお総菜を買わないので解りません。
■マミーマート
開店当初は毎日通っていました。しかしながら、マミーの傾向が解ってからは、回数は少なくなりました。ある時期から値段が高くなり、それも影響していますね。店内が広く、おっ母さんのように圧迫感が無いのは魅力。品物的には平均前後。品物を良く見て買うのが吉。
■生鮮市場TOP
増尾台店は、お魚に関しては角上魚類が入っています(お寿司等には少しマミーも入っています)。その他は全てマミーマート。我が家の生活レベルには角上の魚は高いのと(刺身にあの金額出すならば外食します)、最近のマミーには魅力を感じませんので、以前より行く回数は減りました。
■ギカマート
この界隈ですと、五香店しか無いですよね。品物を見て買わないと失敗したりもしますが、全体的にみて買いやすい値段設定になっていると思います。お肉を大量に買わなければならない時は、とても便利(我が家はそういう時に、特に利用しています)。エスカレーター付近に有る飲食店のブースにも安いお総菜が有り、一人暮らしの方には便利だと思います。
■ヤオコー
主に昼食時に入ります(近所ではないので、夕食の買い物はたまに)。早い時間から思い切った値下げをしてくれるのが、このスーパーの一番の魅力でしょうか(個人的には)。通常の値段としては、若干高めの設定になっていると思います。市川中国分店に入っているパン屋さんのパンが好き♪
■マルエツ
ここのところ、随分値段的に頑張っています。他店で品物が悪いものを販売していても(例えば天気等の影響で)、マルエツだけは違うという安心感が有ります。ハズレを引くことがほとんど有りません。しかし品揃えという点ではイマイチで、毎日通うには物足りなさを感じますね。「どのお店の野菜もダメ」という時期は、ここで買っています。
■マルエイ
一時期はかなり通っていました。お正月用の食材は毎年ここでしたね(多分今年からはセレクション)。現在は、一時期より値段も高くなり、鮮魚(主にお刺身)も他店とあまり変わらなくなった為、近くに寄った時に寄る程度です。メルマガは毎週見ていますが、確かに特売品は安いですけど、セレクションが出来てからはビックリしなくなりました。近所に居れば、もうすこし多く足を運んでいるかも知れません。
■西友
頑張っていると思います。ただ、西友に入らないと買い物が出来ないというところが、ちょっと敷居が高くなっていますでしょうか。スーパー形式でササッと入れるならば、もっと通っていると思います。
■ビッグ・エー
一時はホッピーが安くて買いに言っていました。今は他店の方が安いので、あまり行っていません。
■業務スーパー
この辺りでいうと常盤平店でしょうか。乾き物とホッピーを買う時に行きます。ホッピーは一番安いです。最近野菜も種類が豊富ですが、野菜・冷凍食品・お肉に関しては、ちょっと我が家には合わない感じです。
■タイヨー
昔はお刺身といえばマルエイだったんですけど、今はほとんどタイヨーで買います。特別変わったお魚が有るわけではないけれど、お手頃価格で購入出来ますし、お魚以外の商品も安いので、かなりの頻度で行っています。我が家でよく買うシャウエッセンも玉子も安いし、野菜も果物も安い。軟骨の唐揚をする時には、コンスタントに良いという意味でここがオススメ。鶏白湯を作る時もここで買えば安く済みます。とにかくお魚が安いというのは強いですよね。
■ヨークマート
たまに行きます。以前と比べると、プライベートブランド等を組み込んで価格も若干安くなりました。しかし「これならばヨークマート」というウリの部分が見当たらず、あまり足が向きません。
※ハローマート・東急に関しては内情を知っているのでコメントは控えます。

通っているスーパーというと、この位でしょうか。
他ですと、〝ベルク〟は開店当初から好きで、特に松戸秋山店のパン屋さんが最高に好きだったりしますが、夕食の買い物としてはちょっと遠いので、主に昼食として通わせてもらっています。店員さんの対応もとても良く、普段は特別に安いということは有りませんが、マルエツ同様にちゃんとしたものを販売しているという安心感が有ります。
リブレ京成は、しいの木台店は好きでよく行きました(閉店後はセレクションが入りましたので引き続き通っています)。
ただ、小金原店に関しては全く違う評価で、真ん前に有った東急が閉店してからの値段設定には目を疑いましたので、それからは通っていません。
KEIHOKUはもう、値段見ただけで失神しそうなので(現在は)全く行っておりません。
生活レベルが違い過ぎるほどの値段設定ですし、あのお値段を出すならば、外食の方が安いです。

ということで、我が家のベストスーパーです。
・セレクション
・タイヨー
・ギカマート、マルエイ
タイヨーとセレクションは同率首位。
ギカマートとマルエイは、その他のスーパーがもう少し頑張ってくれば、入れ替わる可能性有りですね。
ただ、ギカマートはお肉が安いのが強みだし、マルエイほどの食材を他店が揃えるというのはかなり難しいと思うので、他にセレクションのようなスーパーが出て来ない限りは、当分の間この4店に落ち着くと思います。
とにかくセレクションとタイヨーがダントツ。

以上、極個人的なスーパーのお話でしたm(__)m

>> Read More

関連記事

| スーパー | 12:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【新店】6/22やよい軒柏増尾台店グランドオープンと川口千里さん

のぶちゃんからの情報です。

やよい軒柏増尾台店のオープン日が決まったそうです。
2015年6月22日 10時。
千葉県柏市増尾台4-13-7(ホンダ跡地)
04-7170-8032



やよい軒といえば、ホームページのトップに「日本人の主食である炊きたてのご飯を中心に…(略)…一つのお膳にバランス良く…(略)…日本の美味しい食を未来につなげ…」と書かれているので「どういう定食が有るのかな~」とメニューページを開けたら、トップに出て来たおすすめメニューが「カットステーキ定食」といういかにもアメリカンな定食だったので、私は「おとぼけ感」という意味でモーレツに期待しているお店です(現在のおすすめは変更されています)。
その地域に愛されるには、このような突っ込み所が有った方が良いと私は思っていますので(^^)

オープン日が月曜日というのも、ちょっと変わっているかな?
週末までにスタッフが慣れるようにという日程にしたのかしら。
良い定食屋さんになるといいですね~(o^_^o)

さて今回の「続きを読む」は、定食とは全く関係無いお話。
国内でイチオシの天才女性ドラマー、〝川口千里さん〟です。

>> Read More

関連記事

| 定食 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>