<< 2014-08- | ARCHIVE-SELECT | 2014-10- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【B食全般】最近の話題を少々

のぶちゃんから頂いた情報を含めまして、いくつか最近のお話を。

(1)柏(旧沼南)の“大井食堂”が閉店
“まいどおおきに食堂”の大井店ですね。
各地域名の後に“食堂”を付けて店名とし、お惣菜等をセルフで選択するという、まぁ目新しいものではなく、昔から有る食堂ですね。
それが営業マンや私のようなガテン系に人気が出て、現在に至ります。
母体は、株式会社フジオフードシステム。
何度か問題が出たりしていたそうですが、今回は長期休業を機会に閉店となったらしいです。
もしかすると、現在パワー全開の“魁力屋”が入ったりするんでしょうか?

鎌ヶ谷食堂
こちらは鎌ヶ谷食堂。

この〝まいどおおきに食堂系〟は、あちらこちらに出来ていましたが、閉店しているお店も結構有ります。
私的にはどうかというと、最初は面白さが有ったんですが、それならば自宅で作って食べる方がずっと良いので、現在は自宅でそういうお総菜が何らかの理由で食べられない人が利用していると思われます。
普通に毎日料理を作っている主婦はこういうお店を利用しませんし、そういう奥さんを持っている男性はちゃんとお弁当持っていますから利用しません。
その限られた男性が長年飽きずに利用するには、相当の調理のバリエーションが無いと難しいです。
私が特別なのかも知れませんが、このお店の料理で、自分で作る事が出来ないものは何一つ有りませんので、必然的に利用しなくなりました。

(2)ガリガリ君、クリーミーモンブラン味発売
とにかく最近のフレーバーが凄すぎましたよねぇ(笑)
ここらで挽回しないと相当ヤバいんじゃないでしょうか、赤城乳業さん。
私はあの、コーンポタージュ味の売り切れ騒動が有ってから、ガリガリ君熱がすっかり冷めてしまいまして。
今年は数えるほどしか食べませんでした(^^;

ガリガリ君でラーメン
コーンポタージュ味が出た時は、ラーメン作ったっけ(^^;

(3)東京チカラめし馬橋店閉店後、壱角家に
「東京チカラめしの閉店ラッシュ→壱角家」という理由は、こういうことだそうです。
≫横浜家系ラーメン「壱角家」、一気に25店舗。「チカラめし」から転換。

東京チカラめしも、もっと現場がちゃんとやっているのかをチェックしていれば、もう少し続いたのかも知れません。
まぁでも、チェーン展開する企業体質って、どこも一緒でしょうね。
私も最初は東京チカラめしを応援していましたが、皆さんから「店舗毎の差が酷い」と伺い、実際に調査し、確かにそういうことが有ると解ってからは、一度も訪問しておりません。
早期に閉店した西船橋店は、特にクオリティが低かったのを覚えています。

そして代わった壱角家。
私的には「個人が頑張って修行し、その後独立した家系」と「家系チェーン」は別物という認識ですので(これは単なる予想や「ラーメンマニアがそう言っているから」というものではなく、実際に食べ歩いての個人的な結論)、家系チェーンにはあまり興味が有りません(これは大勝軒チェーンも一緒)。
なので、おそらくこのブログの記事にはならないでしょう(何か特別なことが有れば可能性有り)。
どこかの記事で「びっくりするくらい美味しくない」って書いている方もいらっしゃるようですけど、まぁ私的には「それほどではないのでは?(^^;」とは思いますが、チェーン店というものはどう頑張ってもチェーン店以上にはなりませんからね。
お客側がある程度の知識を持って、そういうつもりで入らないと、逆にチェーン店側が可哀想な気もします。

東京チカラめし
当時の東京チカラめし馬橋店。

(4)流山リンガーハット跡地に、伝説のすた丼屋オープン
長い間続いていましたリンガーハットが移転して空いていた場所に、“伝説のすた丼屋”が入るらしいです。
特別安くはないんだけど、そこそこの丼を食べさせてくれるらしい。
当然ながら“大盛チャレンジ”なるものが有り、時間内に食べると200円バック。
「無料!」じゃなくて、200円という設定が渋いなぁ(^-^;

こういう記事も有り。
う~ん…この丼出されたら食べる気無くなるかも(T_T)
こういうトコちゃんとしないと、東京チカラめしと一緒な気がしますねぇ。
最近の〝坂井精肉店〟にも感じることですが、「やっぱりチェーン店か」と感じてしまう所が悲しいです。

閉店した方の、リンガーハット。
私はあまり良いイメージが無くて…
昔、光が丘にリンガーハットが有ったんですよ。
そこでちょっとしたことが有りましてね。

リンガーハット

このメニューが…

リンガーハット

こうやって出て来まして。
メニューに有る魚介類が全く入っていませんよね(;^_^A
まぁ食事に来たんですから、とりあえず箸を割って食べようかとしましたが、これはメニューと違い過ぎるのではないかと、一応写真に残しておいたんです(下から麺を持ち上げても使っている素材は野菜ばかり)。
でもこの程度のことは食べ歩きをやっていれば多々有るわけで、ちょっと食べて帰ればいいやと、そう考えていましたら…

リンガーハット

後から出て来ましたこの炒飯の中に、硬くてとても噛めないような米粒が(結構な量)混ざっていたわけです。
私も調理師ですし、毎日のように料理はしますので、どう考えてもこれは酷いと思い、普段はほとんどしないのですが、店員さんを呼んで説明をしました(普通はこれ以上食べずにお金だけ払って帰ります)。
すると店長が来まして、「何かございましたでしょうか」と。
また同じように「すみません、これ、硬すぎる御飯粒が混ざっているんですけど」と説明をすると、「当店の作りはそのようになっております」と店長。
ちょっと笑っちゃいましてね(^^;
だって、噛めないような米粒が入っているのを「当店の作り」って言っちゃうんだもの。
企業にとってマイナスだってことが、この店長さんには解らないみたいです。

私は笑いながら「ではすみませんが、食べてみて頂けますか」と言うと、店長さんは食べずに「こういう作りです」の一点張り。
食べたら解るのに、何故食べないのか。
それもよく解らなかったんですけど、最後には「では、取り替えましょうか」と言うんですよ。
取り替えたって、同じくグルグル回っている保温(製造も兼ねている)容器から取り出すんだから、同じじゃないですか。
「あ、この店長さんダメだわ」と悟り、「では、結構です」と言い、食べずにお金払って出て来ました。
結局そのお店は、長く持たずに閉店。
(実はその後で再度チャーハンの確認に行ったんです。その日は硬い米粒は有りませんでしたが、今度は味がダメでやはり完食出来ずに帰って来ました)

それから数年に一度程度、他のリンガーハットに行っています(リンガーハット全店舗がダメなお店ではない為)。
たまに「メニューの写真と違うなぁ」程度のことは有りますが、光が丘店ほど酷い出来では有りませんし、チャーハンに関しても、噛めないほど硬い米粒は出て来ません。
やっぱり光が丘店だけだったんですよね。
あの店長の対応、客商売としてもおかしかったし、やはりどのお店でも、上の人間がダメだったら店全体がダメだと考えて良いということだと思います。

リンガーハット-東川口戸塚店

〝リンガーハット東川口戸塚店〟のチャーハンはちゃんと出来ていました(^^)

その他、私的に気になっているのは、「前の道路が長期工事で休業」していた“らーめん長”が未だに開店していないこと。

らーめん長

しかし、本当にあの道路工事は長くて迷惑でしたよねぇ。
毎朝大渋滞だし、おまけに周辺地域と工事が被った日も有ったりして、そういうとこ(日程調整等)ちゃんとしてくれませんか、役人さん。
らーめん長、若い子達に色々と話しかけたりして、良い店主さんだったんですよね。
市川で一度閉店し、せっかくこちらで再度頑張ろうと開店したお店なので、気になっております。
再開情報などございましたら、コメントをお願いしますm(__)m

それ以外に気になる事と言えば、ゴディバのチョコレートが美味しいっていうことでしょうか(笑)

ゴディバ

私の年代ですと、チョコレートつまみながらウイスキーをチビチビ飲(や)ります。
若い人はやらないのかな(^^;
ウイスキーとチョコって合うんですよ。
我が家はウイスキーも飲りますので、いつも何かしらのチョコが冷凍庫に入っています。

Jack Daniel's

酒が切れると死ぬタイプの人間なので(笑)

関連記事

| B食全般 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【家ラー】背脂を仕込んで唐揚ラーメン

自作ラーメンに使う豚の背脂を仕込む」というエントリーが人気のようで、有難うございますm(__)m
世の中に、そんなに背脂を仕込む人がいらっしゃるかと思うと、デブとして嬉しく思います(笑)

この日も背脂を仕込んでおりました。
鍋で背脂を湯がいて、菜箸が軽く刺さるようになったら取り出し、お湯を切ってミキサーにかけます。

背脂仕込んで唐揚ラーメン

ミキサーを回し過ぎるといきなり細かくなっちゃいますから、ちょっとずつ。
背脂が好きな大きさになりましたら、取り出します。

背脂仕込んで唐揚ラーメン

私はドッカーン!という背脂が好きという時代はとっくに過ぎまして、現在は繊細な背脂が好みになりました。
背脂に“繊細”という表現が合うかどうかはまた、別のお話。

翌日に使うので、冷蔵庫で保存。
ちなみに冷凍も出来ます。

背脂仕込んで唐揚ラーメン

翌日の背脂。

ほぉ~ら、太りそうでしょ~ヾ(≧▽≦)ノ

これを湯煎にかけて丼に入れ、スープを注げば背脂こってりスープの完成。
“自宅で簡単シリーズ”のように、スープとかえしを別にしない場合は、その鍋に直に背脂を入れても良いです。
その場合、あまり火を通しすぎると背脂が無くなって(溶けて)しまうのでご注意を。
そうなっても、太る美味しいことには違い有りませんが。

背脂仕込んで唐揚ラーメン

こんな感じのスープになります。

背脂仕込んで唐揚ラーメン

今回は唐揚ラーメンなので、こんな感じ。
そういえば「唐揚ラーメン」っていうメニューが有るお店って少ないですよね。
この界隈ですと、フーサワくらいでしょうか。

あ、そういえば、“らーめんのフーサワ”って無くなっちゃったんでしょうか?
今は武士道だけなのかなぁ。
もし閉店したとなると、唐揚ラーメンはどこで食べたら良いのでしょうねぇ。

で、私の丼はこちら。

背脂仕込んで唐揚ラーメン

キクラゲは後からお替りしました♪ (≧∇≦)/

(もう歳なんだから、こんなに食べちゃダメだってばっ!)


背脂、(゜▽゜)ウマー!

関連記事

| 家ラー | 13:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ネタ】この漫画笑った

ネットで何か調べていた時に、こういう漫画を見付けました。
何という漫画なんでしょうか。
この一枚だけで、大笑いしちゃいました(^^;

あんたのラーメンより胡椒の味を信じる

勘違いしている飲食店って、少なくないですよね。
どう食べようが、周囲に迷惑を掛けなければ個人の自由なはず。
その料理が美味しいかどうかは食べるお客さんが判断することで、お店じゃないんですから。

このおばちゃん、ナイス♪です(^^)

関連記事

| ネタ | 09:04 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【我が家の食卓】天ぷらが好きなら自分で揚げませんか

「私の妹は天ぷらが大好きなんですよ」
「あっ、天ぷら美味しいもんね~」
「○○○に行くと、毎回天ぷら注文するんだよ」
「かなり好きなんだねぇ」

「じゃあ、家でも頻繁に天ぷら作っているんでしょ?」

私、こういう会話を別々の人達と何度もしておりまして、全然嫌味として言っているんじゃなくて、「大好きな食べ物ならば、自宅でも作るんでしょうね~」という、極普通の会話として口から出ているわけです。
昔から『好きこそ物の上手なれ』と言います。
好きなものは上達が早い。
天ぷらが大好きだったら、自宅でも頻繁に作るし、頻繁に作っていれば作り方も上手になりますよね?というお話です。

我が家の食卓 - 天ぷら

でね、結論から言いますと、その妹さんは自分で天ぷらを揚げないみたい(^-^;
何故かは聞きませんでした。
それこそ、自宅で天ぷら揚げようが揚げまいが、個人の自由ですからね。
揚げないからといって責められるのは絶対におかしいです。

我が家の食卓 - 天ぷら

ただ、何だか腑に落ちないと言いますか、スッキリしないような感じがする人はいらっしゃいません?(笑)
食事って、かなり大切なことですよね。
一生食べないで暮らす人なんて、一万人に一人居ませんでしょう?
人は毎日食事をしますし、一般的には日に三回します。
その妹さんは、天ぷらが好きだと。
妹さんの家族も天ぷらは好き。
これは事実。
家族が居ますから、毎日料理はしているらしい。
で、天ぷらは大好きなんだけど、自宅では作らないらしい。

我が家の食卓 - 天ぷら

ある時に、解ったんですよ。
本当に頭が悪いもので、解るまでに相当時間が掛かってしまって申し訳ないんですが、これは価値観の違いなんでしょうね。

(1)天ぷらは美味しい→美味しいから頻繁に食べたい→じゃあ、自宅で作ろう。
(2)天ぷらは美味しい→美味しいから頻繁に食べたい→じゃあ、外で食べよう。
こういうことなんだと思います。

別の観点から見ますと、「収入の違い」とも言えますね。
私のような収入の低い人間は、そこに引っかかる確率が多い(爆)

外で天ぷらを食べると高いです。
まして老舗の天ぷら専門店なんて行ったら、私は茄子の天ぷらひとつ食べただけで破産しますよ(笑)
その店一人前の値段で、家族の天ぷらが作れますもの。
そういう食生活が出来るほど裕福か、我が家のようにそれが出来ないほど貧乏か、その違いが大きいんだと思います。

「なんだ、結局我が家が貧乏だってことか」

悲しいかな、これが結論となってしまいました。


「なんて日だっ!」(byバイきんぐ小峠)


まぁね、たまたま今回の話をした人がお金持ちであったというだけで、私の近しい人達は「うちは必ず週に一度は天ぷら屋さんに行って美味しい天ぷらを頂いているザマス」なんて人は居ませんよ(笑)
えぇ、もう、この世の中に、ひとり足りとも居ませんって。
だいたいね、「ザマス」なんて使いませんもの(これはネタです)。

美味しいものを外食で楽しむのも価値観ならば、自宅で楽しむのも価値観です。
だったら、私の価値観で言わせて頂ければ。


天ぷらが大好物ならば、自分で揚げませんかねぇ(^^ゞ



自宅で食べるならば、見栄えなんてどうでもいいじゃんか~~~~~~~!

じゃんか~~~~~~~!

じゃんか~~~~~~!

じゃんか~~~~~!

じゃんか~~~~!

じゃんか~~~!

じゃんか~~!

じゃんか~!




何故か山彦。

関連記事

| 我が家の食卓 | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【我が家の食卓】merさん家からモッシュッシュメイトな野菜が到着

このエントリータイトル、何のことか解らないですよね。
書いている私にも解りません (・_*)\ペチ

もう何度送って頂いたことでしょう、有難いことです。
今年もmerさんから美味しいトマトを送って頂きました。
人生半ばをとっくに過ぎ、ネット上でもほとんど引退状態、何の面白みの無い私に、本当に有難うございますm(__)m

私は美味しい料理が前に有るよりも、美味しい食材が有る方が幸せで、それがもしもそのまま切って食べるものだとしても、切る前の“素材”が好きなんですね。
ジュリエット(久々の登場)が前に「食べ歩き好きな人かと思いました」と言っていた位に、どうも私は「あちこち飲み食いに行ってそれをネットで紹介している人」もしくは「食べ歩きオタク」、もっと酷いのは「ラーメンオタク」だと思っていた人も居て、本当に困ります(笑)

私をオタクと言うならば、「そこいら辺に有る食材をいかに美味しく調理するかを考えるオタク」とか「その辺に有る食材で簡単にラーメンを作る方法を考えるオタク」であって、そんな長い名前、誰にも覚えてもらえないだろうから、やっぱり私はオタクじゃないという結論で宜しいかと思います。

とにかくそんな私に優しくしてくれるmerさん。
ご存知だとは思いますが、merさんのブログはこちらです。

≫merの写真とか(NIKON D300 ダイエット記録と写真とか)

merさん家の野菜

merさんとはどういう人か。
というのを、本人無許可で紹介してみたいと思います(マテ

ブログの副題は“NIKON D300 ダイエット記録と写真とか”となっていまして、Nikonユーザであることが解ります。
ダイエット記録となっていますが、ブログを拝見している限りでは、太っていらっしゃいません。
私の方がずっとヤバいです(爆)
ブログが“merの写真とか”ですから、写真(カメラ関係)のページかと思いきや…
はっきりとグルメのページですね(笑)
ほとんど食べ物の写真が使われていまして、食べ歩きだけでなく、料理もされています。
魚の料理もお上手で、ほんと、近所にいらっしゃったら教えて頂きたいくらいです。

merさんのページがカメラ主体ではないということは、カテゴリを見ると解ります。
多い方から見て行きますと、“ラーメン”のカテゴリが160ページ。
次に多いのが“食べ歩き”で148ページ、“自作(自作ラーメン・料理全般)”が58ページ、“飲み”43ページ、“もつ焼き”35ページと続きます(2014年9月24日現在)。
それに比べまして、勿論“カメラ”というカテゴリが有るわけですが、それが1ページ(笑)
メインと思われた(私が勝手に思っただけ)ページが、1ページしか有りません。

そういうトコ、私は好きです(≧∀≦*)

merさん家の野菜

ブログから、勝手にmerさんの分析をさせて頂きますと…

食べ歩きが好きで、特に好きなのがラーメン。
その中でも特に感動するのが二郎系。
料理が上手で、ラーメンも麺から自作する。
飲み歩き、特にもつ焼き系が好き。
その中でも、特に“宇ち多゛”が好きで、結構通っている。

という感じでいかがでしょうか、merさん(^^;

とにかく、ブログを拝見して解る通り、とっても心の温かい人です。
愛が有る。

merさん家の野菜

今回頂きましたトマト。
青みがかっています。
実は私、トマトに関しても一家言ございまして(母方は農家)。
母も私も、勿論熟したトマトも好きですが、このくらいの青みがかったシャクシャク食べるトマトもまた、大好物なわけです。
熟したトマトというのは、皮が厚いですね。
青いトマトは皮と実の境目がほとんど有りません(判断付きません)。
「全部実」と言っても差し支え無いと思います。
これがまた、凄く美味しい。

信州に(短期間ですが)住んでいた時、おやつにトマトを食べるんですが、自分の好きな頃(育ちが)のトマトを採って食べるんですね。
まだ青いトマトでも、スーパーに売っているような味の薄いものと違い、ちゃんとトマトの味がするんですよ。
「若いなりの良さ」をモーレツに感じるわけです。
勿論熟したトマトは甘く、果物を食べている感じ。
どちらも甲乙付けがたいほど美味しいです。

merさん家の野菜

母の実家は農家ですから、母は子供の頃から美味しい野菜を食べて育ちました。
ですから美味しくない農作物には手を付けません。
母はある時期から大好物のトマトを買わなくなりました。
理由は、お解りの通りです。
その母が、merさん家のトマトを喜んで食べます。
私もニコニコしながら食べます。
トマトが苦手な嫁も、merさんのトマトは美味しいと毎日食べます。
それほどmerさん家のトマトは美味しいんです。

merさん家の野菜
ある日の夕食(両親へ)

みょうがは薬味や味噌焼きに、モロヘイヤは御浸しに、オクラは煮物にして頂きました。
全体的に味が濃く、こういう野菜は道の駅でも買えません。
貴重な野菜を頂きまして、本当に有難うございました。
少しずつ大切に、時にはトマトを丸かじりで、美味しく頂きましたm(__)m

最後に。
merさんは最近“BABYMETAL”が好きだそうです(笑)

千春さんから“BiS”をご紹介&CDを送って頂き、その音楽性にすっかりハマってしまったわけですが、残念ながら解散が決まりました。
まぁ、違うグループを探していたわけではないんですけど、ある時にたまたま“BABYMETAL”の動画を見付けまして。
「こりゃ凄い!」と。
何しろバックがヘビメタですからね。
そこに可愛い娘3人のダンスと歌が入ります。
無敵じゃないですか(≧∇≦)/


なんとmerさん、幕張まで観に行ったそうで(≧∀≦*)


それも、13、14日の2日間!ヾ(≧▽≦)ノ


もう完全にファンですよ。
BABYMETALのファンだから、「モッシュッシュメイト」でしょうか(笑)

いつかお会い出来る日を楽しみにしています。
っていうか、私に時間が出来ればいいんですよね。
私が両親の世話から開放されましたら、是非宜しくお願いしますm(__)m

その頃、私がまだ飲める体だったらいいなぁ。

(この記事は読み直しをしていませんので、後日変更の可能性が有ります)

関連記事

| 我が家の食卓 | 12:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>