<< 2014-04- | ARCHIVE-SELECT | 2014-06- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【寿司】金太楼鮨小金原店本日で閉店

料理だけでなく、仕事の出来る人は見ると解ります。
ここ金太楼鮨のマスターのようにシャキシャキと動く人も居れば、wa-modern dining 汐彩のマスターのように、ゆっくりに見えて実は手早だったり。
何れにしても共通しているのは、完成品が美しいという点ですね。

金太楼鮨小金原店本日で閉店

金太楼鮨小金原店は、残念ながら今日で閉店。
誰か違うマスターが来るわけでも、名前を変えて営業するわけでもありません。
最後に「お疲れ様」を言いたかったのですが、私のような常連とは言えない人間が席を取ってしまうのはマナー違反だと思い、本当の常連さん達の為に遠慮致しました(写真はこれまでのもの)。

金太楼鮨小金原店本日で閉店

金杉君に聞いたら、5時前には既に満席だった様子。
根強いファンが居るんですよねぇ、あのお店には。
だって、美味しいもの。

そういえば金杉君、「今後はどうするの?」と聞いたらまだ決まっていないようで、本当にどうするの?(笑)

金太楼鮨小金原店本日で閉店

こちらのマスターは先日ここに書いたような「生まれ故郷に戻る」ということではなく、今後は金太楼鮨牛久店へ移動するんだそうです。
牛久店ならば私の行動範囲内なので(リユースショップ巡り)、ランチには行けそうです(^^)

っていうか、もう2度と会えないんだったら無理にでも今日行きましたけどね。
何も言わずこれっきりじゃ、寂しすぎますから(ノ_・。)

金太楼鮨小金原店本日で閉店

こちらのネタはどれも美味しかったなぁ。
いつも、値段以上に楽しめました。
造りも美しくて、あんなに早く仕上げているとはとても思えないほどキレイでしたねぇ(o^_^o)

牛久に行くまでは少し間があるそうなので、数ヶ月経った頃に行かせて頂こうと思っています。

最後に、マスターの仕事っぷりをパチリ♪(^^)

金太楼鮨小金原店本日で閉店

マスター、33年間お疲れ様でした。

いつもいつも美味しいネタを、有難うございました。

また新しいお店でお会いしたいと思います!

本当に、本当に、お疲れ様でした!!

【金太楼鮨 小金原店】
住所 千葉県松戸市小金原7-19-1
電話 047-345-7080
時間 11時30分~23時
定休 火曜日(たまに臨休有り)



>> Read More

関連記事

| 寿司・回転寿司 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【牛丼】すき家のストライキ騒動

Twitterで「すき家がストライキって言ってるけど、自分の目で確認しないと気が済まないので行ってみたら、本当にお店やっていなかった」とツイートしたのは5/29。

すき家のストライキ騒動
流山江戸川台店

やっていなかったのは事実だけど、本当に理由はストライキだったのでしょうか。

≫『とくダネ!』が「すき家のパワーアップ工事中」を報じるも『すき家』寄りの報道だと『Twitter』で批判も

こういう報道をするから正確な情報が一般人の耳に入らないんだよねぇ。

小倉さんの報道って時々偏っているから、私は(個人的に)あまり好きではないかも。
昔は面白くて好きだったのになぁ。
リンク先に「可愛らしい女性二人組へのインタビューでは、『すき家は美味しい』、『休業は困る』といった、なんともすき家寄りのコメント等も」ってあるけど、私も年間何度も行ってましたが(今はもうゼンショー系は行っていません)、可愛らしい女性二人組がすき家で食べている所を一度も見た事が有りませんねぇ。
それってどこのすき家なんでしょうかね。
『とくダネ!』の評価がまたまたガタ落ちm(__)m

とにかく写真を見て頂ければ解る通り、開店はしていませんでした。
そして、中で作業をしていることも有りませんでした。
実際に見て来ましたので、事実です。
全国1993店舗中、かなりの店舗数を一時閉店した理由が「社員やアルバイト達がゼンショーのやり方に腹を立ててストライキを行った」という理由なのかは解りません(この流山江戸川台店は、5/29の時点で再開の予定は発表されていません)。

ゼンショー関係のお店に行かなくなった理由はここで申し上げませんが、行かなくなった私には、今回の理由がどういうものであっても、正直どうでもいいとは思います。
ファンが居て当然ですし、私のように行かない人間が居て当然。
そこもどうでもいい。
ただひとつ、もしも今回本当にパワーアップする為の一時閉店だったとしても、これだけ酷い噂が立ってしまうということは、企業としての体質に問題が有るのではないかということを、もっと取り上げるべきなのでは?と思うんです。

結局ゼンショー側は「ストライキは無かった」で通すんだと思います。
でも、ストライキは無いけど、スタッフが足りなくなってしまい、どうしても体制(勤務時間なり人数なり)を変更せざるを得なかったということは有ったのかも知れません。
だって、工事業者も入っていない「パワーアップ工事」なんて有り得ませんもの。
それがもし「メニューの改正」や「作業環境の改善」だとするならば、どこからか「リニューアルオープンに向けてスタッフが準備していた」という情報が流れるはず。
だって当日いきなり「作業が変わります」では、スタッフがパニクリますからね。

ワタミも含め、ブラックと呼ばれている企業には問題が山積みだとは思いますが、そこに従事する人、考え方を支持する人達が居るということも事実なわけで、そこもまた難しいところですよね。
「この店の家族は昔から近所で評判になるほど嫌味な人なのに、何故こんなにお店が繁盛しているんでしょう」とか、「ここの店主、陰でお客のことバカだのとこき下ろしているいるんだぜ。そんなお店に行く気が知れないよ。でも結構お客入っているんだよな」っていうお店が有ります。
話が同じとは言えませんが、方向は何となく煮ているような気がします。

じゃあ、そういうお店は皆で行かなくすればいいのか。
そういう簡単なことではなく、自分に合う(距離や金銭面で)お店が近所にそこしかないとか、複雑な理由が色々有るわけで、一概に「こうすれば良い」なんていう案は無いです。
それ以前に、これは個人個人の問題なので、不買運動というような「集団でどうこうする」話ではないですよね。

従業員に無理難題を押し付けて大儲けしようという企業が有る→従業員から文句が出たり、ネットでも色々叩かれる→でもそこに行って食べる人が居るから潰れない。
と、こういうことだと思います。

ぶっちゃけ、私だったらワタミは無理ですねぇ(ブラックと言えばワタミでしょ。昨年のブラック企業大賞ですから)。
料理は好きですけど、あそこで料理の知識が付くとはとても思えないし…
渡邉美樹元会長のTwitterを読むだけで、どれだけの人間性なのか解りますしね。
あ、渡邉美樹元会長がTwitterに書いたことは、単なる噂話でも作り話でもなく、彼が自分で書いて載せた「事実」ですからね。
それを知っていて、なおも支持する人が居るとすれば、もう、全然、ひとっつも、な~んにも、気持ちが解らないやってことです。

すき家のパワーアップも、企業が従業員に快適な労働環境を与える為のパワーアップではなく、従業員をパワーアップさせてもっと利益を上げる為の戦略でないことを祈ります。

追加
≫すき家ストに揺れるゼンショー社長に「転向」の過去 社会主義革命目指した「全共闘」世代
≫「新卒が辞めたら、指詰めろ!」 ワタミの社員研修で本部長が叫んだ恐ろしい言葉

関連記事

| 牛丼・丼もの | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【パン】カスタード/高根公団で思い出にふける

高根公団という駅は、学生時代毎日お世話になりました。
見た目はほとんど変わらず、変わったのは周辺の店舗だけでしょうか。
階段近くの新橋寿司で同級生の女の子がバイトしていたり、見識が高くて嫌味なジ○イが居るお茶屋さんが有ったり(今は無いです)、お財布を拾ってあそこの交番に届けたけど、あれから何も言って来ないからどうなっているんだろうとか、色々な思い出が有る駅です(笑)
というか、この駅だけでなく、この周辺全てですね。

大穴銀座商店街も見て来ましたよ、三の字さん♪(o^_^o)

駅前に高根台プラザというものが有りまして、ここはどうやって分かれているんでしょうか、というか、この周辺全体を何と呼んだら良いのか解りませんが、高根台プラザやエポカ高根台、駅前通り商店街等が集まっている場所が有りまして、その広場に長く続いている『カスタード』というパン屋さんが有ります。

カスタード

何と言ったら良いのでしょうか、特別飾るわけでなく、かといって粗野な感じでもなく、ここ高根公団という駅にとても馴染んでいる、素朴なお店です。
どちらかというと私が紹介する感じのお店ではないような、いや、でも本当はこういうお店こそ私の紹介するお店でしょ!的な、自分でもどう表現したら良いのか解りませんけど、何年もこの駅にお世話になりましたので、きっと私がこのお店の雰囲気に馴染んでしまっているのかも知れません。

カスタード

至ってシンプルで、実に味わい深いパンです。
歴史の重さを感じます。
公団にお住いの方や、この界隈の学校に通っている学生さん達もお世話になっていることでしょう。
私が住んでいた当時はまだオープンしていませんでしたけど、有ったら買っていたでしょうねぇ。
だって、当時の菓子パンは美味しくなかったですから。
手作りパンなんて売っていたら、絶対に買ったはずです。

皆に愛される地域密着型のパン屋さんとして、いつまでも続いて欲しいと思います。

また買いに行きま~す(≧∇≦)b

【カスタード】
住所 千葉県船橋市高根台1-2-2 高根台プラザ内
電話 047-466-0901
時間 6時30分~19時
定休日 水曜日
駐車場 専用駐車場は無し



関連記事

| パン・ケーキ | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【蕎麦】ウエスト鎌ヶ谷店で鴨つけ2玉?

麺類は好きなんですよ。
ほとんど好き。
でも、蕎麦は高いんです。
だから蕎麦をお腹一杯食べたい時は、家で作ります。

でも、たま~に昼食として食べたくなるんです。
そういう時は、立ち食い蕎麦屋さんに行きます。
それか、立ち食い蕎麦屋さんっぽい感じのお店。

そういうお店って最近多くなりました。
まずは富士そば。
そしてゆで太郎。
で、最近気になっていたのが、今回訪問したウエストです。
この界隈って、どこに入ろうか考えちゃうんですよ。
選択肢があまり無いと言いますか、あ、これは「私個人の」です。

今回やっと訪問する事が出来ました(^^)

ウエスト鎌ヶ谷店

駐車場が有るっていうのは本当に有難いです。
ランチ+駐車場代って、結構痛いですもんね(^^;

12時前で、先客は5人程。
私は1人ですから、カウンターに座りました。

ウエスト鎌ヶ谷店

まず、蕎麦を揚げたものがサービスで出されます。
こういうサービスって嬉しいですねぇ。
手間が掛かっているし、何しろサービスなんて無いのが普通ですからね。
塩が利いていて一杯飲りたくなっちゃうので、たいがいにしときましたが(笑)

このお店、3玉まで無料らしいんですよ(お店の外側に書いて有りました)。
嬉しいじゃないですか~(o^_^o)
肉つけが美味しそうだったので、それをお願いしました。

「肉つけをお願いします」
「はい、解りました。これは冷たい蕎麦に冷たいたれになりますけど」
「あ、肉で冷たいたれなんですね?じゃあ温かい方が良いので、鴨つけでお願いします」
「はい、解りました。え~、え~、麺の量は…」
「あ、そうでしたよね、1玉はどのくらいの量なんでしょうか?」
「はい、え~、え~、普通の1玉くらいの…」
「すみません、聞き方が悪いですよね(^^; では、1玉は何グラムでしょうか?」
「はぁ、え~、グラムと言いますか…(回答無し)」

このお母さん、もしかすると今日が初めての仕事かも…
そのお母さんにグラムで聞くのは悪いので、聞き方を変えてみました。

「あ、じゃあ、だいたい普通のお店くらいでしょうかねぇ」
「そっ、そうですね、冷たい蕎麦は1.5玉が普通となっていまして…」
「普通が1.5玉なんですね?じゃあ2玉お願いすると通常の3玉分ということになりますね?」
「あ、はい、そうなります」
「では2玉でお願いします」

当然でしょうけどこのお店はつけそばと温かい蕎麦(汁に浸かっている蕎麦)が有りまして、つけそばの方は普通で温かい蕎麦の1.5玉なんだそうです。
それが3玉ということになると、温かい蕎麦の4.5玉という計算になり、私の胃袋だと無理だと判断し、通常の蕎麦の3玉分計算の2玉をお願いしました。
ちょっと解り難い書き方になってしまいましたね(^-^;

トイレをお借りして暫く待つと、先程のお母さんが来ました。
「あの…これは冷たい蕎麦に温かいたれですが、それでいいでしょうか?」
えっ…
注文してこんなに時間経っているのに、今更これを聞きに来たわけでしょうか…(T_T)
とも思ったんですけど、まだ慣れないので仕方ないな~と思い、「はい、大丈夫です」と伝えました。
するとお母さんは厨房に行き「聞いて来ました」と。
ちょっと待て、これは厨房からの指示だということは、こんなに時間が経ってから厨房が聞いて来るようにお母さんに言ったわけですね。
指示が遅すぎます。
普通ならばそろそろお客に提供すべき時間ですから。

これで解りました。
このお母さん、このお店からちゃんと仕事内容を教えてもらっていません。
可哀想だわ、これは。
もう何が有ってもいいやと。
これから作るんだから、まだまだ待つけど、我慢しようと。
そう心に決めました。

すると、それから1分も経たずに注文の品が到着。
゚(∀) ゚ エッ?

ウエスト鎌ヶ谷店

私も色々なお店の厨房に立ちましたけど、「これは冷たい蕎麦に温かいたれですがいいですか?」と聞き直してから1分足らずのタイミングって、どういうことなのかが全く解らないんですけど(;^_^A

「これはサービスの漬け物です」
左奥に有るのが、そうなんだそうです。
それにしてもこのお店、サービス満点だわ(笑)
なんて思いながら蕎麦に目をやると…
少ないですよね?
これだけはお母さんに聞いてみました。

「これが2玉ですね?」
「はい(きっぱり)」
「これがつけそば通常1.5玉を2倍にした、温かい蕎麦の3倍の量なんですよね?」
「はい、そうです」
「解りました、頂きますm(__)m」

もう何も言いますまい(ノ_・。)
この量が、かけそばの3玉分だそうです。

ウエスト鎌ヶ谷店

3玉分ということは、これを3等分した量が1人前ですね?
となると、かけそば1玉って50グラムくらいになるかと…
これ、有っても150グラム程度じゃありません?
通常のお店の「おおもり」の量に近いです。
要するにこのお店、通常のかけそばの量は「出来上がりの量」で100グラム程度で、2玉をお願いすると1.5玉、3玉をお願いするとやっと2玉分が盛られてくると、こう考えて良いのではないでしょうか。
となると、「3玉まで同一価格」っていううたい文句は…(?_?)

気になったので、他店の写真を検索してみました。
で、またビックリ。
「やっぱりこの店の量は元が少ないんだなぁ」と思う写真も有れば、「おっ!これだけ有れば満足!(≧∇≦)/」っていう写真も有り、中には3玉の写真なのに私の2玉と同じ絵面だったり…
結局このお店、店舗によってマチマチなんですね。
評価も「CP良し」だったり「CP悪し」だったり、「美味しかった」という人も居れば「蕎麦がのびのび」という人も居る。

私の蕎麦はどうだったかというと、今回のタイミングを考えて頂ければお解りかと思います。
出て来る直前に聞いたのは「つけだれは温かいけど、そばは冷たくて良いのか」という意味合いであって、「そばは温盛りにしましょうか」的な聞き方だったんですよ。
で、その後数秒で蕎麦が到着するわけです。
ということは、「もう鴨つけはすっかり完成していて盛り付けちゃったんだけど、ここからこの蕎麦をお湯にくぐらせるかどうかを聞いて来なさい」と、そう厨房が指示したわけでしょ。
結果的に、温盛りでお願いしなくて良かったと、そういう食感でございましたm(__)m

蕎麦もそんな状態で、つけだれも冷め冷めですから、食べている途中で泣きたくなって来ましてね。
もうお金払って出て来ちゃいました。

後で考えまして、解ったことが有ります。
飲み屋さんなんですよ。
「立ち食いのような蕎麦屋さん」では有りませんでした。
お酒やおつまみのメニューが多く店内に掲示されていて、「そば・うどん」のお店とは書かれていますが、どちらかというとそっちがメインのような気がします。

それにしてもこれが890円というのは…(涙)
『チェーン店』という体質が、ハッキリ出てしまったという気がしました。
そう考えると、「富士そば」や「ゆで太郎」って、よく出来たシステムと言いますか、社員教育と言いますか。
どこで食べても許容範囲内で、特別悪いお店に当たったことが無いです。

長年食べ歩きをしていればこういうことが有るには有りますが、今回はダメージが…

>> Read More

関連記事

| そば・うどん | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【パン】マルセリーノ松戸秋山店のパンが好き過ぎて困る

「結論から先に言います」
というように、何も投げかけていない状態から「結論を言う」と言われても、いったいそれが何の結論なんだか解らないと思います。
しかし、これから何かを投げかけるような文章に変更するのも面倒臭いので、このまま行きますm(__)m

結論「自分が美味しいと思うお店に行けばいいんじゃね?」

所謂有名処に行ったとしても、食べて「なんだこれ、パッサパサじゃん!(>_<)」とか「焼きすぎて焦げてますが…」というようなパンだとしたら、そこは自分にとって選択すべきお店じゃないということですよね。
それがいくら行列店でも、何酵母使ってどんな粉使っていようが、美味しく感じないものは自分にとって美味しくないわけですから。

これはきっと私が変わり者なんだと思います。
それか、貧乏が体に馴染み過ぎちゃっていて、本当の美味しさが解らないか、です。
ケーキなんですけどね。
例えばイチゴショートだとすると、「焼きたてのカラッとしたスポンジに作りたてのホイップクリームを使って、さぁどーぞ♪」というのは、あまり美味しいとは思いません。
もうキチ○イと思われようが構わないので、ハッキリ書きます。
私は、カラッとしたスポンジよりもシットリしたスポンジの方が好きで、クリームの水分が染み込んでしまったような、作った翌日のケーキが最も好きだったりします。
ホイップクリームもその通りで、少し水っぽさが抜けた方が濃厚で美味しく感じてしまいます。
変態でしょうか?(^^;

ま、変態なら変態で構わないんですけどね(笑)

要するに、自分が美味しいと感じたものが全てでしょうと。
誰が何と言おうと、自分が食べて美味しいと思わなかったらお金を出して食べる意味が無い。
それがもしも、私の好きなショートケーキのように「セオリー無視」とか「我流過ぎる」ものであっても、です。

私は多分、パサパサしているものが苦手なんだと思います。
きなこや、料理下手な人が作った煮物(カボチャやお芋)や、昔の給食の食パンとか昔のバームクーヘンなんかは口に入れたくありません。
昔の甘食なんて、目の前に有っても食べませんでした。
駄菓子屋に行くと「きなこモノ」がよく有りましたが、きなこを叩き落としてから食べていました。
嫌いじゃ有りませんが、良さが解りません。

ですからパンに関しても、生地がモチモチしているものが好きです。
パサパサしているものは、いくら「美味しいから」と言われても無理です。
以前このブログに書きました北小金駅前で買ったパンのように、指でちょっと押すと生地が粉々になってしまうようなパンは論外です。
これは私の「好み」ですから仕方が有りません。
「それがパンというものです」というならば、一生食べなくても良いくらいです。

で、今までスーパーに入っているパンで、こんなに美味しい(自分の好みに合っている)と感じたパンは有りませんでした。
この店が入っている「ベルク」というスーパーはお気に入りで、月に何度も入っているのに、いつも「見た目美味しそうだな~」と思って見ていても、昨年までは一度も購入したことが無かったわけです。
しかし昨年の後半に一度買ってみたら、「こりゃ~いつかブログに書かなきゃ!」とメチャメチャ感動し、こんなに日が経過してからこうやって書いているのはいったいどうしたことなんでしょうか(爆)

マルセリーノ松戸秋山店

今回チョイスしたのは、お酒のお供になるもの。
はい、いつも通りです(笑)
そしていつも通り美味しかったんですけど、なかでも一番感動したのは写真左上のベーコンチーズ。
エピっぽい形状ですが、普通のベーコンエピのように硬く無くて、もっちりモチモチのパン生地。
その中に程良いベーコンと、クリームチーズが入っています。
外側もまたチーズが溶けて香ばしさを強調。
このお店の生地、某店のように翌日パサパサになるなんてことは有りません。
翌日も同様にモチモチ。
こういうパンって、どうやって作るんでしょうか。
自分で出来ないから余計に感動してしまいます。

手前のグリーンのパンは限定の「メロンクリーム」で、生クリームとメロンクリームの両方が入っていまして、このバランスが実に絶妙!
記事もシットリとし、軽く食べさせてくれるけれど満足度有りという逸品。
いや~やられました(^^;

マルセリーノ松戸秋山店

これも好みなんですけどね~。
クリームパンも、やっぱり焼き色薄めが好きなんですよ。
たまに焦げたように硬いクリームパンを見ると、泣きたくなってきます。
「香ばしい」と「焦げ臭い」って紙一重と言えばそうなんだけど、そこを勘違いしているパン屋さんって結構有りますよね。
もう、近寄っただけで焦げ臭い。
ラーメンのマー油じゃないんだから、そこまでやっては…(;¬_¬)

美味しい夕食となりました。
ご馳走様でしたm(__)m

【マルセリーノ松戸秋山店】
住所 千葉県松戸市秋山123 ベルク秋山店内
電話 047-330-8218
時間 9時~21時
定休日 無休
駐車場 ベルク秋山店駐車場を使用



関連記事

| パン・ケーキ | 23:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>