<< 2013-08- | ARCHIVE-SELECT | 2013-10- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【スマホ】通信サービスなし SIMカードが挿入されていません

スマホをガラケーに戻す時に、スマホからSIMカードを抜きますね。
そうすると「通信サービスなし SIMカードが挿入されていません」っていう文字がずっと画面に出て鬱陶しい。
これを消す方法をメモ。
消すといっても設定を変更すれば消えるわけで、SIMカードを抜いたら設定は必ずするものだから「スマホからSIMカードを取った時の設定」というのが正しいのかしら?

設定→無線とネットワーク→機内モードのチェックを入れる。

「通信サービスなし」は消えません。
上部の黄色い三角の警告マークは消えます。
Xperia acro SO-02Cをroot化しての結果。

≫2.3.4にアプデ後、「通信サービスなし」が表示されるように

こちらの方の記事を拝見しますと「OSが2.3.3のときまでは問題なかった」と書かれています。
私は現在Androidバージョン2.3.4なので「通信サービスなし SIMカードが挿入されていません」と三角の警告マークが出ましたが、2.3.3は出ないのかも知れませんね。
それと、ドコモで「恐縮ではございますが、タスクバーの警告マークを消すための設定はご用意いたしておりません。」と言われたようですけど、私の場合は警告マークが消えています。
スマホの違いとか、そういうちょっとしたことなんでしょうね。

root化したXperia acro SO-02C(FOMAカード無し)は現在、小さなタブレットとしてサクサク動いております。

>> Read More

関連記事

| Android・スマホ関係 | 23:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【携帯電話】スマホをガラケーに戻すことにしました

この度、スマホ(スマートフォン)からガラケー(ガラパゴス携帯もしくはフィーチャーフォンのこと)に変更することにしました。
今更って感じですかね(^^;

前々から疑問に思っていたんですよ。
何故毎月こんなに料金払っているのかって。
「パケ・ホーダイフラット」で5,200、それにスマホ本体の料金が4000円弱。
使わないうちから9000円も払っちゃっているわけです。

「5,200払えばいくらパケ使っても追加料金取らないよ」っていう契約ですけど、どうしてこういうものに入らなきゃいけないのか(入らなくてもやり方は有るけど、それじゃ快適ではなくなってしまいます)。
スマホは簡単に言いますと、使い始める時にパケットをもの凄く使わないと使い物にならないように作られているんですね。
ガラケーからスマホに変える時に「初めの設定等でパケ使いますから、使い放題契約にしておいた方がいいですよ」と言われたわけですよ。
じゃなければ、後日請求額が大変なことになるらしい(笑)
確かに「あれだ、これだ」とやっているうちにビックリするようなパケットを使います。
使い放題の上限なんか、あっという間ですから。

で、使い放題に入ったら「使わなきゃ!」という気になります。
そこまで強い意識でなくても、「いくら使ってもいいんだから使おうかな」程度には誰しも思うでしょう。
使い放題に入って使わないというのは、ただのおバカさんですもんね(^_^;)

スマホ用のアプリはいくらでも出ていますから、ゲットし放題。
LINEも有れば、Twitterクライアントも有るからインストールする。
それらのアプリを入れたら、「いつでもどこでもスマホが有れば出来るから便利♪」ということで、いつ何時でもTwitterでツイートするようになる。

無ければ無いで済むのに、使い放題だからついやってしまう。

パケットって、使い放題の上限になんかすぐ行きます。
気にせずにガンガン使って、その明細書を見て下さい。
恐ろしい量のパケットです(>_<)
それでね、私が一番疑問に思うのは、あれだけ高い端末料金を支払わせておいて、使っていると自然にパケ代が掛かる仕組みに作っている点なんですよ。
金、金、金です。

先日ドコモに、「パケ・ホーダイフラットを変更したいんです」と電話したんですね。
その時に、こう言われました。
「本人が何も操作しなくても、自動的にパケ代が上限に達する場合が有りますけれど、それでも宜しいですか?」と。

ちょっと考えてみて下さい。
使用している私がですよ、何もしなくても月に「8,355,864パケット(例えば今月のパケ代)」を使わされる「場合が有る」っていうことを、ドコモの会社が言っているわけです。
これ、私のような貧乏人にはとても恐ろしいことですよ。
「今、あなたはパケ・ホーダイフラットに入っているからこれで済んでいますけど、それを解約して安いプランに変えたら料金が安くなるとお考えのようだけど、スマホを持っているだけで今のパケット数が自動的に使われてしまう可能性が有るわけで、プランを変更しても全く安くならない可能性が有りますが、それでもいいんですか?」ってことでしょ?

この話をドコモのお姉さんから聞いて解ったんです。
私はスマホを持っちゃいけないんだなと。
スマホを持つ身分じゃないんだなと。

スマホを使っていて、月に一万以上払っても「無問題」という人はそれで良いと思います。
「これだけ便利なんだから当たり前でしょ」と、スマホをそれだけ活用出来ている人はいいと思います。
私にはとても無理。
使ってみて「使い放題を契約してこそのスマホ」だと感じました。
ですから、携帯代は月額3〜4000円程度と考えている私には無理なんです。

なので。
仕事の時間帯(7時〜19時位)はほとんどメールor電話しかしないことにしました。
LINEやTwitterは自宅でしかやりません。
SNS系に外出先からアクセスすることはほとんど無いと思います。

決めたひとつの理由に、今回ノートを複数台用意したことも有ります。
それと同時に無線環境も取り入れ(有線+無線)、ノートの有る場所ではどこでもネット接続出来るようになりました。
在宅時に「わざわざメインマシンまで行くのが面倒だから」と、モニタの小さなスマホで何かを調べたりする必要が無くなりました。
近くに有るノートで調べればいい。
外出先でも、スマホが有るからこそ色々調べたりしていましたけど、仕事中にどうしても調べなければならないようなことってほとんど有りません。
どうしてもスマホで調べたければ、Wi-Fi接続すればいい話ですからね。
SIMカード無くたってWi-Fi接続出来るんですから。

老眼が進んで来たという理由も有りますか(;^_^A
CSSで文字の大きさを制御しているページ(文字が大きくならない)なんかですと、スマホでその小さな文字を読むのが辛くなって来ました。
老眼鏡を掛けて使用すればいいわけですが、文章を読む度にいちいち老眼鏡を使用するのは、もう少し先でいい気がするんですよね(そこまでする必要性が見付からない)。
だからといってタブレットという選択にはなりません。
第一、私の行動パターンでタブレットが必要だとは思えませんから。
「持ってるんだぜ〜」って自慢をするなら別として(笑)

一番は、やっぱり料金でしょうねぇ。
高すぎる。
どこかで見た調査では、日本の携帯料金は全国でトップ3に入っているそうです。
こんなに貧乏な国なのに、こんなに高い料金払っている人が多く居るっていうのが凄いことですよね。
その貧乏な日本に住んでいる貧乏な我が家は(子供達は別として)、暫くガラケーを使うことにしました。
嫁が「ガラケーで恥ずかしい」と思うようになったら、嫁の方だけ考えようと思います。

しかしね、うちの嫁、メールをまともに打てるようになったのはここ一年なんですよ。
その嫁がスマホに変わって今まで通りにメールが打てるとはとても思えないんですよね。
そう!
スマホの文字入力の難しさも大きな理由です。
ガラケーの文字入力のしやすさは「ネ申」ですよね。
今までガラケーではほとんど見なくても打ち込めたのに(こんなオッサンが)、スマホを2年以上使ってもほとんど慣れませんし、指を速く動かすとスマホ側が付いて来ませんしね(私のスマホだけかな?)。
いくらガラパゴスと言われようが、あのガラケーのシンプルUIは何ものにも変え難いです。

昨日からガラケー触っていますが、もうほとんど見なくても打ち込めます。
指が忘れていないようで♪

よく考えたら私にはスマホは必要有りませんでした、というお話でしたm(__)m

>> Read More

関連記事

| Android・スマホ関係 | 22:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【丼飯】わがまま丼イオンレイクタウン店でぶっかけ海鮮丼大盛

15日にレイクタウンに行ったんですね。
混んでいるトコは苦手なんですけど、連休でどこも行かないのはブーイング出るかなと。
いや、実際は家に居ても嫁は何も言わないんですが、何でしょ、こっちが気を使っちゃうというか…
とにかく「出掛けた」という事実が大切かなと思いまして(笑)

そこまで行くとなれば、宿題にしていたこのお店に寄らなければなりません。

わがまま丼イオンレイクタウン店

このお店は隣で営業している回転寿司がやっている丼屋さんで、材料は一緒。
ネットで見ると盛りもいいし、お味噌汁のお替りは自由だし(確かジュースを注文すると飲み放題)、百円でない寿司屋さんが作っている丼ですから、美味しくないわけはないだろうと思ったわけです。

「よし!行列は嫌だからシャッターで入ろう!」という計画だったのに、予想が外れて道が異常に混み、お店に到着した時には既に行列が出来ていました。
諦めてフードコートにしようかなと思いましたが、見ていると回転が速い。
これならばあまり待たずに席に座れそうです。

今度の予想は的中し、先にレジで精算して着席。

わがまま丼イオンレイクタウン店

精算すると、こういう札をくれます。
お兄さん(外国の方かな?)が「○○番のお客様〜」と言いながら厨房方向から出て来ますので、手をあげると目の前に置いてくれるシステム。

わがまま丼イオンレイクタウン店

お茶はセルフになっています。
ちょっとぬるかったかな(^^;

暫くして丼が到着。

わがまま丼イオンレイクタウン店
ぶっかけ海鮮丼大盛(大盛サービス) 580円

写真を見ると、もうお解りですね。
このお店(というか会社)、頭がいい。
さばいた魚の端っこの部分はこの丼で使えるわけですね。
端っこといっても元々お寿司屋さんで使っているネタですから、それなりに美味しい。
580円というお値段で、大盛サービス、お味噌汁お替り自由だったら無問題でございますm(__)m

わがまま丼イオンレイクタウン店
とっぴ~海鮮丼大盛(大盛はサービス) 880円

海鮮丼好きの嫁が満足したので良かった(;^_^A
貝類が特に美味しかったそうです。
お味噌汁も美味しく、このお店は流行ると思いますねぇ。
気軽に入ってササッと食べ、ササッと出る。
まだ子供が小さいファミリーには合いませんが、そうでなければカップルでもいいし、我々のようなジジイにはベストマッチなお店ではないでしょうか。

ご馳走様でしたm(__)m

【わがまま丼-イオンレイクタウン店】
住所 埼玉県越谷市東町2-8 イオンレイクタウン1F
電話 048-990-1313
時間 10時~20時30分
定休日 イオンレイクタウンに準ずる
駐車場 イオンレイクタウン駐車場を使用

≫株式会社とっぴいホームページ


大きな地図で見る

関連記事

| 定食 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【Ubuntu10.04】Ubuntu10.04をインストールした時のメモ

パソコンが数台増えまして、そこにUbuntu10.04をインストールしてからやった事をメモします。
書いておかないと忘れるんですよ。
もう「必ず」と言っていいほど忘れます。
一度に色々やると、次の日にはやった事の半分を忘れている(ダメじゃん)

というわけでメモ。

・アップデートマネージャでアップデート(有線)

・無線LANの設定

・Mozcのインストール
$ sudo add-apt-repository ppa:japanese-testers/mozc
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ibus-mozc
ibusを再起動する。
Mozc以外を削除(使わなければ)

・Firefoxのインストール&高速化(IPv6を無効にして高速化)
FireFoxのアドレスバーに「about:config」と入力してエンターキーを押す。
network.dns.disableIPv6をダブルクリックして値を「True」に変える。
FireFox再起動。

・同時にシステムのIPv6も無効化
$ sudo gedit /etc/sysctl.conf
sysctl.confファイルの一番下の行に「net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1」を足して保存。
再起動。

・GufwをUbuntuソフトウェアセンターでインストールし、ファイアーウォールを設定

・Ubuntu Tweakをインストール
$ sudo add-apt-repository ppa:tualatrix/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ubuntu-tweak

・Synaptic パッケージマネージャーをインストール
$ sudo apt-get install synaptic
UbuntuソフトウェアセンターからでもOK。

(最初からインストールされています)

・ウィンドウのボタン配置を右側に変える
Ubuntu Tweakでウインドウマネージャーの設定→タイトルボタンバーの配置→右にチェックをいれて設定ボタンをクリック

・UbuntuソフトウェアセンターでUbuntu restricted extrasをインストール(DVD・Flash再生)
これで再生出来なければ端末で「sudo /usr/share/doc/libdvdread4/install-css.sh」。

・Operaをインストール(たまに使う)
Operaホームページのトップに出るのはAMD64用でインストール時にエラー「エラー: アーキテクチャ 'amd64' ではありません」が出てしまいます。
その場合はこちらへ↓
≫Index of /pub/opera/linux/
最新版(今は一番下)をクリックするとダウンロードファイルが複数出て来ますので、そこから「opera_○○.○○.○○○○_i386.deb」を選択すればゲット出来ます。
ダウンロードした「opera_○○.○○.○○○○_i386.deb」をダブルクリックするとパッケージインストーラが起動しますので、「パッケージをインストール」をクリックすればインストールが始まります。

・Leafpadのインストール
$ sudo apt-get install leafpad
Windowsの場合はMKEditorなんだけど…

・Conkyをインストール(システムモニタ)
$ sudo apt-get install conky
・合わせてlm-sensorsをインストール(CPU温度)
$ sudo apt-get install lm-sensors
・合わせてhddtempをインストール(HDD温度)
$ sudo apt-get install hddtemp
自動起動させる
bash -c "echo '[Desktop Entry]'$'\n''Type=Application'$'\n''Exec=conky -p 15'$'\n''Hidden=false'$'\n''NoDisplay=false'$'\n''X-GNOME-Autostart-enabled=true'$'\n''Name=Conky' > ~/.config/autostart/conky.desktop"

・wineをインストール
$ sudo apt-get install wine

・UbuntuソフトウェアセンターでGIMPをインストール(画像編集ソフト)

・UbuntuソフトウェアセンターでVLC media player(VLCで検索)をインストール(動画プレイヤー)

・UbuntuソフトウェアセンターでSMPlayerをインストール(動画プレイヤー)

・UbuntuソフトウェアセンターでMplayer-guiをインストール(動画プレイヤー)

・UbuntuソフトウェアセンターでGnome-mplayerをインストール(動画プレイヤー)

・UbuntuソフトウェアセンターでAudaciousをインストール(音楽再生ソフト)

・UbuntuソフトウェアセンターでKompoZerをインストール(HTMLエディタ)

・UbuntuソフトウェアセンターでThunderbirdをインストール(メールクライアント)

・UbuntuソフトウェアセンターでGjitenをインストール(日本語辞典)

・UbuntuソフトウェアセンターでKtorrentをインストール(torrent関係)

えっと、まだまだ有るんだけど疲れたので今回はこの辺で(;^_^A

>> Read More

関連記事

| パソコン関係 | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【唐揚】本場台湾料理台葉で鶏もも唐揚らーめん

ちょっと前まで唐揚を中心に取り上げておりまして、その時にネットで見付けたのが「本場台湾料理台葉(たいよう)」の『鶏もも唐揚らーめん』。
鶏もも肉の唐揚が一枚ドーンとのっかり、自他(お店&お客さん)共に絶賛の一品みたいなんですよ。
いつ食べに行こうかと思っていて、こんなに時間が経ってしまいました(涙)

本場台湾料理台葉

この建物の6階まで行きます
エレベーターを出るとそこは既にお店。
想像していた庶民的な感じではなく、高級店に来たという感じですよっ(゚д゚)!

メニューを拝見すると… 有りました!

本場台湾料理台葉

やはり一番人気のメニューみたいです。
美味しい!というお客さんの声を集めてファイリングしたものが卓上に有りました。
それを拝見して、更に期待大。
私は勿論一番人気を、嫁はカタヤキソバが食べたかったようですが、無いので五目チャーハンをチョイス。

最初に嫁の五目チャーハンが到着。

本場台湾料理台葉
五目チャーハン 840円

量は、ちゃんと有ります。
少ないとがっかりしちゃうんですよね〜、デブって(爆)
味は、デブにはちょっと優しすぎる感じですが、美味しいです(^^)
最近台湾料理というと「百楽門ですね」という感じですけど、百楽門よりも優しい味付け。

さて、次は本命。

本場台湾料理台葉
鶏もも唐揚らーめん 840円

想像よりも鶏肉は薄めで、肉のボリューム感は写真より無い感じでしょうか。
揚げ加減も予想より硬め、下味もかなり薄めで、タレで下味を付けているのではなく香辛料のみ(多分カレー粉なんでしょうけど、本当にうっすら香る程度)。
浅草開化楼の麺らしいのですが、開化楼の麺はある程度知っているつもりの私ですけど、私の知っている開化楼ではないというか、茹で加減の違いなのかな?
個性的です。
浅草開化楼と言われなければ(言われても?)解らないと思います。

全体的に、とっても優しいです。
百楽門や大福元という、今流行りのお店も全体的に味付けが優しいですよね。
こちらは、それよりも更に優しいです。
うちの両親は別として、両親と同世代の人達には合うかも知れないな〜という優しさ。
とにかく柔らかな味付けです。

ストレートに言いますと(個人的な好みによるものです)、チャーハンは醤油の香ばしさがもう少し欲しいかな〜といった感じで(でもラーメンに比べたらチャーハンの方が解りやすい)、ラーメンスープはもっとハッキリした出汁を感じたく、麺にはもう少しコシが欲しく、唐揚もベースの味のくっきりとした輪郭を感じたかったでしょうか。
「味付けが薄い代わりに香味野菜の風味が感じられる」とか、減塩する為に出汁を多く使うとか、そういう料理しか食べて来なかった我が家には、ちょっと辛いものが有りました。
しかしながら料理人の皆さんは素晴らしい経歴を持っていらっしゃる方々のようですので、やはり我が家の舌がダメダメなんだと思います(^^;

百楽門とこちらのお店のどちらが本当の台湾の味付けかは解りませんが、貧乏な我が家にはそれを確認する(台湾に行ってみる)資金は有りませんので、今後は輪郭のハッキリした四川料理系を狙った方が我が家的には良いのかな〜と感じたランチでございました。
好みって十人十色で面白いですね〜(^^)

とても勉強になりましたm(__)m

【本場台湾料理台葉(たいよう)】
住所 千葉県松戸市新松戸2-122 新松戸ホテルビル6F
電話 047-346-2003
時間 11時~22時
定休日 無休
駐車場 有り


大きな地図で見る


関連記事

| 唐揚げ | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>