<< 2012-12- | ARCHIVE-SELECT | 2013-02- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ダイエット】お腹一杯食べて低カロリーのダイエットタンメン

本日の昼食。

お腹一杯食べて低カロリーのダイエットタンメン

中華麺は200kcalに抑えて、足りない分は野菜やキノコ類で増量。
お腹が減るのは我慢出来ませんもんねぇ(^^;

そろそろ運動始めなきゃ!(。-д-。)

関連記事

| ダイエット | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【迷惑コメント】はじめまして。今井です。

「はじめまして。今井です。」
こういう迷惑メールが流行っているようです。
が、私の所にはメールではなくコメントとして書かれました。
このブログです。
幸いにも「承認後に表示」の設定だったので表には出ませんでしたが。

最初読んだ時、外国の方かな~とも思ったんですけど、それにしては漢字力がすげぇなと(笑)
ネットでググッてみたら、こんなページも有りました。

≫ Spam Museum

おいおい、「この迷惑メールを友達に送っちゃおう!」って何だよ(^-^;
よい子の皆さんは送らないようにしましょうね~。
で、私の所に来たコメントには、エロサイトにジャンプするURLが書き込まれていました。

――- ここから ――-

はじめまして。今井です。

l7hdMbFp
はじめまして。今井ですが はじめまして。今井と申します。
はじめまして。以前は普通の主婦でした はじめまして。以前は会社員をしていました
急ぎではありません。
はじめまして。急ぎではありませんのではじめまして。急ぎではありません
ご連絡。急ぎではありませんが。
ご連絡。確認して頂きたい事があります。
確認していただきたいのですが
確認していただきたい事があるのですが
ご連絡。先日の件で
ご連絡。先日の件はご確認いただけましたか?
ご確認いただけましたか?
先日の件について補足
先日と重複してしまう内容ですが
ご確認ください。先日の件について
先日お問い合わせいただいた件
確認できますか?
以下の項目ですが、確認いただけますか?
本当によろしいですか?
本当にこれでいいのでしょうか?
ご連絡。このままでいいのでしょうか?
ご連絡。このままでも大丈夫ですか?
以下の項目を確認してご連絡ください
ご確認頂けます

先日の件についてご確認頂けます
ご納得いただける内容でしょうか?
ご納得頂ける内容でしたらご連絡ください
http://6Y15637r.×××××××××.me/6Y15637r/
今井えりこ

――- ここまで ――-

きっとエロサイトの関係者がこの迷惑メールを見て「こりゃいいや」と流用したのではないかと思われますが。

勿論報告してブラックリスト行き。

>> Read More

関連記事

| パソコン関係 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【うどん】カレーうどんってどう作るのが本当なんでしょうか2

前回のエントリー「【うどん】カレーうどんってどう作るのが本当なんでしょうか1」ですが、trvさんからのコメントにお返事を書いていて、まず自分(私)が勝手に思っている定義というものを書かないといけないかなと思ったので、今回は追記というか補足かな?という形でちょっと書きます。



私にとっての「うどん・そば」は、こういうものでした。

10代後半からもう飲食店でバイトをしていまして、その頃の移動手段はバイクか電車だったわけですが、バイクは停める場所を確保出来ないという理由でほとんど電車移動でした。
ですから駅蕎麦は本当によく食べましたし、父が蕎麦好きだったので、その影響で蕎麦屋さんにも行くようになりました(バイトしていましたから一応のお金は有りましたので)。
ラーメン屋さんにも行きましたけど、あの当時は今ほど美味しいラーメン屋さんがこの界隈に無かったわけで、ほとんど別のジャンルを食べ歩いていました。
食べるものは丼モノとか、うどんや蕎麦が多かったと記憶しています。

食べ物の定義というのは、「その人(例えば私)がどういうお店を食べ歩いていたか」という話になりますよね。
他県で食べ歩いていた人は私と同じ定義にはなりませんし、同県でも地域によって違うでしょう。
勿論年代によっても違います。
「思いこみ」という言い方も出来るかと思います。
食べ歩きをしてきた地域で、「これはこういうものです」と思いこまされていたと。

さて、私にとっての定義とは、こういうものです。
(一般の定義ではありません)

【カレー南蛮(蕎麦)】
かけそば(何もトッピングされていない汁有り蕎麦)の上に、出汁のきいたとろみのついたカレーがかけてあるもの。
下の汁の部分はほとんど見えなくなります。
具は豚肉と玉葱。たまに長葱。

【鴨南蛮(蕎麦)-一応書きます】
かけそば(何もトッピングされていない汁有り蕎麦)の上に、炒めた長葱と鴨肉がトッピングされている。
もしくは、炒めた長葱・鴨肉とそばつゆ(既に完成しているそばつゆ)を一緒にしてそばつゆに鴨と葱の香り・味を移し、茹でた蕎麦の上からかけたもの。
この場合の長葱は若干焼き色が付いたものが好ましい。
ほとんどのお店でこの場合の鴨肉は美味しくなく(鴨の味出しに使われる)、鴨を食べるならば「鴨塩焼き」を別に注文した方がお酒が美味しい(笑)

次は問題の、カレーうどん・そばです。

【カレーうどん・そば】
1.茹でた麺の上に、普通のカレーがかけられている。
2.かけうどん・かけそば(汁有り)の上に、普通のカレーがかけられている。
3.茹でた麺の上に、とろみのついたカレーがかけられている。
4.かけうどん・かけそば(汁有り)の上に、とろみのついたカレーがかけられている。
5.そばつゆとカレーを混ぜて、麺の上からかけてある(とろみが付いたバージョンも有る)。
6.その他
(蕎麦屋の「普通のカレー」というのは、元々和風出汁がきいているものとします)。

このように、お店によってまちまちなんです。
いや「私の行ったお店はまちまちでした」が正解ですが、面倒なので省略します(^^;
「6」のその他というのは、1~5までに該当しないもの。
例えば「通常は汁有りでも汁が見えなくなるくらいカレーがかかっているのに、その店ではレンゲ1杯程度しかかけない(この場合は『カレートッピング』ですね)」とか、ほとんど残念な場合が多いですね。

ググッて何ページか読んでみたんですが、読んでいるうちに「カレーうどんの起源なんてどうでもいいかな?」っていう気になってきました。
これも至って個人的な話になっちゃいますが、歴史という科目は昔から嫌いで、それは何故かというと、一番の理由は「正確さに欠けるから」なんです。

子供の頃、私が小さい頃に亡くなったおじいちゃんの話を親戚がしていて、内容は「おじいちゃんは1日何合の酒を飲んでいたか」というものでした。
「父は酒豪だった」
「いや、酒は好きだったけれど、あまり強くなかったから毎日1合。たくさん飲んでも2合止まり」
「当時は、酒なんか毎日飲めるほど裕福じゃなかった」
「そんなことはない、オレが徳利持って買いに行っていたんだから」
と、様々な説が飛び交いまして、結局結論は出ませんでした。

「人の記憶というのは、なんと曖昧なものなんだろうか」

例えばここに『西郷隆盛』に関するAさんの説が有って、それが歴史の教科書に載ります。
しかし後からBさんが出て来て「Aさんの説は間違っている」と言い出し、それを証明する文献も出て来た。
じゃあBさんの話が本当だということになり、歴史の教科書も書き換えられる。
その後Cさんが出て来て、Aさんの説もBさんの説も間違っていると言うんだけれど、そのCさんの話を立証するものがない。
AさんとBさんは西郷隆盛とは無関係だけれど、Cさんは西郷隆盛と幼馴染みでずっと苦楽を共にしてきた。
結果的にCさんが正しいのに、それが歴史の教科書には載らずに間違った教育をされてしまう。

どうですか(笑)

ま、歴史は嫌いだったと。
1度赤点を取ってしまったことが有ると(爆)

話を戻します。
私の場合、誰が最初に始めたなんてことはどうでもいいわけで(信頼性に欠けるから)、「誰が一番美味しいものを作ってそれを定着させたのか」の方が大切だったりします。
元祖が一番美味しい場合も有れば、そうでない場合も有りますもんね。

今回はカレーうどんでした。
要するに、そういう歴史だの堅苦しいことを全部取っ払っちゃって、今回書いたような食べ歩きをしてきた(これは私の話なので信憑性の有る歴史でございます)ひとりの老いぼれが「私的(B食的)に美味しいと思われるカレーうどんはこれ」というものを書いたのが、前のエントリーだったというわけです。

・うどんを茹でる
・茹でたうどんを丼に入れる
・出汁のきいたカレー(カレーライスに使う普通のカレー)をかける(汁は使わない)

カレーうどん

しつこいようですが、また写真を貼っておきますm(__)m

具にニンジンやジャガイモを入れるなんてことはしません。
シンプルに、お肉と玉葱だけ。
汁を使わない理由は、その方が美味しいからというのと、無駄にカレーが飛んで服を汚さないから(よってシャバシャバのカレーは不可)。
とろみをつけるかどうかは自由(市販のルーを使えばとろみは出ますよね)。
葱トッピングは自由だけど、要りませんよね(カレーの上に水っぽいものをのせる意味が解らない)。

トンカツのトッピングは美味しい!(笑)
唐揚トッピングも勿論美味しい(≧∀≦*)
揚げ物のトッピングはほとんど美味しいでしょうねぇ。

書くとキリが無いので、この辺で(;^_^A

>> Read More

関連記事

| そば・うどん | 23:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【うどん】カレーうどんってどう作るのが本当なんでしょうか1

先日テレビで「平均すると日本人はカレーを週に1回食べている」と言っていました。
「いやいや、そんなに食べていないから」と突っ込んでみたものの、嫁のクラスの生徒に聞いてみると「週に1度はカレー」という家も多く、「金曜日はカレーの日」と、曜日で決めている家も有るらしい。
そうか、そんなにカレーは人気なんだなぁ。

斯く言う私もカレーは好きで、子供の頃は大御馳走でした。
だって肉が入っているし。
味濃いし。
じゃあ何故最近食べなくなったかというと、太るからです(笑)

だって家でカレー食べたら絶対に大盛食べちゃうでしょ。
ほとんど嚼まずに飲み込むから3分程度で大盛食べちゃう。
早く食べちゃうから満腹感が得られず、大盛の後に普通盛食べちゃう。
30分位過ぎると、超満腹。
結果的に体重増加(+_+)

カレーといえば、昔から気になっていることが有るんです。
昼食時に外でカレーの香りがすると「あ、今日はカレーにしてみっかな♪」って思うんですね。
で、たまには「カレーうどんにしてみっかな♪」と思う。
で、で、カレーうどんに決めると、かなりの確率で「う~ん…」ということになる。

「う~ん…」というカレーうどんはどういうものかというと…
何もトッピングされていないうどんが有りますよね。
そこにカレーがチョビットだけかかっているんです。
例えばこういう感じ(お店が解らないように部分的に載せます)。

カレーうどん

これは蕎麦ですが、見た目はこういう感じです。
カレーがチョビットかかっているだけで、汁の部分が見えております。
これはカレーそばではなく、カレー風味そばですよね。
カレーも汁も、全体が中途半端で、食べていて釈然としません。
これが350円っていうなら解るんだけど、倍以上するんだもんねぇ(;^_^A

一般的な家庭のカレーライスっていうのは、ライスの上にカレーがかかっていますよね。
汁なんてかけませんよね。
じゃあ、どうしてカレーうどんは汁が有るんでしょう。
「うどん」だからでしょうか。
というか、カレーうどんの定義っていうのは有るんでしょうかねぇ。
機会が有ったら調べてみようかと思いますが(カレー南蛮は『三朝庵』というお店が最初に出したんだそうです)。

定義関係無しに、私が作るカレーうどんはこういうものです。

カレーうどん

モーレツに和風出汁をきかせてカレーを作り、丼に茹でたうどんを入れて汁はかけず、上からカレーだけをかけます。
材料は出し汁、カレー粉、豚肉、玉ねぎだけ。
カレーライスのうどんバージョン。
「これが我が家のカレーうどんだ!」なんて大袈裟なものではなく、単純に「これが好き」っていう程度です。
うどんは気取って食べるもんでもないし、別に定義なんて必要無いとも思っていますので。

このカレーうどんが出来た経緯はというと…

中学生の頃、お腹ペコペコで帰宅したらカレーが有ったんです。
でもご飯が無い。
炊けばいいんだけど、もう12時過ぎていてお腹と背中がくっつきそうな状態ですから待てません。
何かご飯に変わるものはないかと探すと、うどんが有りました。
っていうより、それしか無い。
しょうがないからうどんを1袋茹でてカレーをかけて食べたわけです。

どうってことない「経緯」でしたね(爆)

生まれて初めて「カレー南蛮」を食べたのは、もっと後だったと思います。
蕎麦屋なんて食べに行きませんでしたし、出前をお願いする時だって、我が家は『たぬき』か『もりそば』、ちょっと贅沢しても『肉うどん』でしたから。
でね、初めてカレー南蛮を食べた時に思ったんですよ。
カレーうどやカレーそばを食べた時にも思いました。
「こんなに汁入れたらカレーが薄まっちゃうじゃんか」と。

かなり保守的ですが、それからずっとこの作り方で食べています。
そういえばカレーうどんの麺を輪にするとカレーが飛ばなくなる(服を汚さなくなる)っていうの、テレビで見たことが有りますねぇ。
あれって、汁を入れるから余計に飛ぶんですよね。
汁無しでカレーだけかければ、飛ぶ確率減りますでしょ。
ほら~、こっちの作り方の方が良いじゃないですかぁ~(笑)

ま、これも好みということでヾ(≧▽≦)ノ

関連記事

| 我が家の食卓 | 22:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ラーメン】麺や福一の本日限定は、麺や福一ブラックと温玉と鶏そぼろのせご飯

麺や福一さんのメルマガで、今回は「明日の日曜日昼特別営業のメニューを発表します。麺や福一ブラック 850円になります!」とのこと。
「2種類の濃口醤油ダレをベースに2種類のチャーシューと2種類のネギをたっぷり盛り込み生姜とブラックペッパーでアクセントをつけました!」と書かれておりまして、モーレツに食べたい意欲が湧き、そんな気持ちになったはいいけど日曜は嫁が居る日だから個人行動は出来ず、嫁を成田まで引っ張っていくのは無理。

どうするか。

「浅草寺で凶を引いたから、もう一度引きに行きたいんだが」
「あっ、そう」

ありゃ?
OKなわけ??

この手が有ったか。
ラーメン食べに1時間以上掛けて遠出すると言うと完璧に却下されるが、年明けということで、お参りに行ったりするのはOKなんだな。
もっと早く気付いていれば良かった(^-^;

前回の鶏パイタン魚介ラーメンは美味しかったなぁ。
濃すぎず薄くもなく、丁度良い塩梅でした。
なんてことを考えながら電車に揺られていると、窓の外は、いつも見られないような風景になって来ました。
辺り一面田んぼだらけ。
そして、モーレツに遠いんですね、成田ってトコは(^^;

ちょっと眠くなったところで成田に到着。
1時過ぎているので、お客さんの入りはちょっと落ち着いた感じ。
前回学習したこの店のシステム「食券を買う→座る→待つ→食券を取りに来る時にコップとポットを持って来てくれるからそこで注ぐ→ラーメンが来たら食べる→帰る」を確実に守ることにしよう。

暫くしてラーメン到着。

麺や福一
2013年1月13日限定 麺や福一ブラック 850円

富山ブラックを意識しての『麺や福一ブラック』ということで、富山ブラックが出来た当初は独特な濃さが有ったようですが、こちらは非常にバランスがいいです。
昔懐かしい感じの濃い口醤油スープに、私の大好きな胡椒がバラッと。
そして青ネギがトッピング。
青ネギの下に有る大量のチャーシューは脂っこいが、ネギと胡椒で緩和されて丁度良い。
このスープに胡椒というだけで、私としてはストライクゾーンでございます(笑)

麺や福一
温玉と鳥そぼろのせご飯 150円

このお値段、サービスですよ、セニョール♪(^^;
ラーメンのスープをかけて食べると良いらしい。
これは鳥そぼろに付いているのか、スープをかけることによって湧き上がるのか、独特な香ばしい香りが程良く感じられます。
ただの鳥そぼろご飯じゃありませんねぇ。
素晴らしい♪
若干ラーメンも丼も冷めぎみでしたが、それをかき消すクオリティで大満足でした。

しかし店主の石曽根さんは、メルマガ見ているだけでも、本当に引き出しの多い方なんですねぇ。
これはフレンチ出身だからということではなく、ラーメンを知り尽くしていらっしゃるからなんだと思います。
いくらどんなジャンル出身の人が作っても、ラーメンから遠くなってしまったら、個人的に「美味しい」とは思えないんですよね。
だって、ラーメン食べに来ているんですから(実際にそういうラーメン店も有ります)。

今回も美味しかった~♪

ご馳走様でしたm(__)m

【麺や福一】
住所 千葉県成田市花崎町846-15
電話 0476-22-1978
時間 火~金11時30分~14時・18時30分~21時/土祝12時~14時30分
定休日 日・月曜日
駐車場 有り


大きな地図で見る

>> Read More

関連記事

| ラーメン | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>