| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【レコード】かぐや姫

ここんトコ、ちょっと続けて書いている〝処分したレコード〟のシリーズ。
今回は、中学生の時にハマった〝かぐや姫〟です。

かぐや姫

第一期も有るらしいのですが、私が聴いていたのは第二期の〝南こうせつとかぐや姫〟でした。
この〝南こうせつとかぐや姫〟という名前は好きではなく、〝内山田洋とクール・ファイブ〟とか〝和田弘とマヒナスターズ〟みたいな、ストレートに言ってしまうと「ダサイ名前だ」と感じたからです。
実際に途中から〝かぐや姫〟に変更されたけれど、私は最初から〝かぐや姫〟としか呼んでいませんでした(ひねくれ者)。
南こうせつさんが良かったのではなく、伊勢正三(正やん)のファンだったからかも知れません。
正やんの何が好きだって、あの語るような歌声でしょうかね。
こうせつのキンキン声よりも、正やんのしっとりした歌い方が好きでした。

かぐや姫フォーエバーが出たばかりの頃、どうしても欲しかったんですが、自分の小遣いではとても買える金額ではなく、初めて買った一枚は〝かぐや姫LIVE〟だったんですよね。
当時好きだった〝あの人の手紙〟と〝22才の別れ〟、そして〝ペテン師〟等が入っていたからです。
〝ペテン師〟が好きっていう人も珍しかったと思うんですけど、私にとってこの曲は特別な思い入れが有ったりするわけで。
今聴いても、凄く良い歌だと思えます。

でも、〝おもかげ色の空〟が入っていませんでした。
これは大問題です。
何故無いことが問題か。
実は私、とんでもなく不純な動機でかぐや姫を好きになったんです。

中学二年の頃、同じ部の、同じクラスのTさんが好きになり、その娘はかぐや姫が好きで、その中でも一番は〝おもかげ色の空〟だって言うんですよ。
それが演奏出来たら、ちょっとは好印象を持たれるんじゃないかなって。
そういうスケベ心満載でかぐや姫を聴き始めまして、最終的にはそんなの無しに好きになったんですけどね。
今でも、この時期にかぐや姫を聴いていて良かったな~って思えます。
Tさんの名前は今でも覚えていますが、書くとそれこそ違った意味で問題になりそうなので割愛(笑)

その後、どうにかして〝かぐや姫フォーエバー〟を手に入れ、中二の夏に始めたギターを手に、毎日一生懸命コピーしましてね。
中学二年の終わりに「お楽しみ会」をやったんです。
よく有りましたでしょ?
仲良しクラスだった場合、学年が変わってしまう時に、集まって色々やって楽しみましょうという会。
そこで、ギターが出来る仲間数人でライブ(当時はコンサート…のようなもの)をやったんです。

かぐや姫 - あの人の手紙・おもかげ色の空
グレープ - 蝉時雨
NSP - 待っても待っても・夕暮れ時はさびしそう
他に何をやったのか、忘れてしまいました。

NSPをやろうといったのは私で、実はかぐや姫よりNSPの方が好きだったりして(^-^;
Charさんと仲良しだったという事で、入り込んだんだと思いました。
NSPのライブのバックでCharさんがギターを弾いている音源が有ったように記憶しております。
待っても待ってもがアップテンポに変わる時、ワウを効かせたCharさんのカッティングで入ったんですよね。
〝夕暮れ時はさびしそう〟は、大好きでした。
NSPって、わざと悲しい曲を作っていた感じがするんですよ。
「これでもかっ!」っていう勢いで(笑)

かぐや姫はもう一曲やった気がするんだけど…
アビーロードの街か、いや、22才の別れだったかな。
とにかく短期間(一年足らず)にギターを覚えて、人前でリード弾いちゃうんだからチャレンジャーですよねぇ。
カセットテープでその音源を取っておいたんだけど、5年前位に全部捨てました。
私のギター人生があまりにも大した事が無くて、恥ずかしくなってしまったというのが正直なところです。
よくあんな腕しか無くて、「趣味はギターです」なんて言えたもんだなと(爆)

そいで、結局Tさんには振られたんですけどね。
Tさんの好きな曲をやって、良い方向に行けばいいなぁなんて薄っぺらな事を考えていた自分がバカでした。
今ではいい思い出です。
元気にしているかなぁ、みゆきさんは(下の名前だけならいいかなと)。
そういえばこのお楽しみ会が、私の初演奏だったんですよねぇ。
本当に不純な初演奏でした(笑)

中学時代が一番不安定だったと思います。
周囲からは「もっと大人になれ」と言われ、そのくせ気の利いた事を言うと「ガキのくせに生意気だ」と言われる。
良いことは「自分が努力したからだ」と思い、悪い事が起きると全部他人のせいだと思う。
大人の言うことは全部まやかしだと思えて、誰の言うことも聞く気がなかった。
いつ誰に殺されてもいい、どんな風に死んでもいい、自分なんかどうなってもいいと思っていた。
子供と大人が同居したというか、上下は有っても真ん中がすっぽり抜けていて、いつも空虚でした。

そんなフワフワした気持ちの中に、ふっと現実を吹き込んでくれたのがフォークソングでした。
少なくとも私にはそういう存在でした。
いつも張っていた心を優しく包んでくれた。
道を外れそうな自分を正してくれた。
悲しい時は励ましてくれた。
幸せな気分の日は一緒に喜んでくれた。
それが私にとっての「かぐや姫」でした。

| 音楽 | 12:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【レコード】五輪真弓

五輪真弓さんついては、実はあまり良く知りません。
この頃は本当に邦楽を聴かなかったもので(学習の方向が偏っていました)。
柏原芳恵さんに「春ごころ」という、五輪真弓さんらしいしっとりとした曲を作っている事、五輪真弓さんと言えばこの曲という「恋人よ」のアレンジを船山基紀さんがやっている事、この2点繋がりということで。

五輪真弓

これも従兄弟から来たレコードなんですが、何故一番売れたであろう「恋人よ」ではなく、2枚前の「残り火」なのか。
ここは本人に聞かないと何とも言えません(笑)

印象としては、「淡谷さんが認めた素晴らしいシンガー」でしょうか(シンガーって死語??)。
ある時、テレビで淡谷のり子さんが「恋人よ」をスローテンポで歌っているのを聴いて、「何故?」と思ったらそうだったと。
もう、あの淡谷さんがベタ褒めですよ(^-^;
確かに美しい歌声ですよね。
シンガーとして、もうちょっと前に出て来てもいいと思うんですが、われと活動は地味目でして。
2/13の松戸・森のホール21、時間が有ったら行きたかったなぁ~。

余談ですが。
あの当時我々の間で流行っていたのは八神純子さんで、「八神純子バンド」なるものが実際に有った位の人気でした(ワタクシは勿論ロック一辺倒)。
八神純子さんは唯一〝ポプコンに2曲エントリーして2曲共に入賞〟という凄いシンガーソングライターで、あの小さな体のどこにそのパワーが有るんだろうというパンチの有る歌声は、ポップバンドをやっている人達には入りやすかったんじゃないかと思います。
バックバンドのクオリティが高かったというのも理由のひとつでしたね。
八神純子さんについては、機会が有りましたらまた。

| 音楽 | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【レコード】柏原芳恵

柏原芳恵さんに関しては、言い出したらキリが無いので少しだけ書きます。

柏原芳恵

とにかくファンでした(笑)
皇太子殿下がファンだと知った時、何故か嬉しかった記憶が有ります。
あんなに美しく可愛い女性は、他に居ないんじゃないかと思ったほど好きでした。

曲は、中島みゆきさんとのコラボが好きです。
しかし一番好きなのは「ト・レ・モ・ロ」なんですけど(笑)
EP盤を買って、レコードがダメになるほど聴いていました(私は「このアレンジが好きだ!」と思うと、同じ曲を一日中聴いていても飽きない体質で、それを何日も繰り返すからレコードもカセットテープもすぐダメにするという性癖がございます)。

でも「ト・レ・モ・ロ」は、生歌よりもレコードの方が好きなんですよね。
柏原芳恵さんの歌がどうこうじゃなくて、あの打ち込みの雰囲気を、当時の生バンドが出せなかったのが原因だと思っております。
当時、〝シモンズ〟のようなドラムが有ったら再現出来たのかなぁ(ベースラインも素晴らしいけど)。

この編曲をしたのは船山基紀さんで、「ト・レ・モ・ロ」を知らない方でしたら、Winkの編曲をされていた方と言えば解りやすいでしょうか。
「淋しい熱帯魚」や「愛が止まらない」など、この手の曲は今聴いても好きです(さっちんは今、どうしていらっしゃるのだろう)。
あぁいうアレンジが流行って来た時代でしたね。
C-C-Bの「Romanticが止まらない」や「Lucky Chanceをもう一度」も、船山基紀さんです。
ほら、シモンズで繋がった(笑)
※「ト・レ・モ・ロ」のコーラスはH2Oらしいのですが、バックバンドから何から全部C-C-Bにやって欲しかったと個人的に思います。

次によく聴いたのは「カム・フラージュ」で、これは中島みゆきさんの曲。
これもレコードダメにするほど聴きました(笑)
春なのに、最愛、ロンリー・カナリア等、中島みゆきさんの曲は全て好きです。
みゆきさんとのコラボでなくなってから、私も自分の趣味のバンドが忙しくなり、邦楽をほとんど聴かなくなってしまったので、それ以降の曲は知りません。
というより、1984年位までの柏原芳恵さん(の曲)が好きなので、アルバムを買って聴くことはしませんでした。
あ、柏原芳恵さんご本人は、今でも大ファンです(^^)

もっとテレビに出て来て欲しいなぁ。
そうしたらもっと私もテレビ見るのに(^-^;

| 音楽 | 15:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【レコード】イルカ

このレコードも、従兄弟から宛がわれたもの。

イルカ

最近また「他人の歌を歌う歌手」というのが流行っておりまして。
私は当時から、「歌手ならば自分の歌で勝負しませんか?」と思っていて、そういう意味で、伊勢正三の〝なごり雪〟で売れたイルカさんは、どうしても心に残らなかった記憶が有ります。
売れたのは、なごり雪、海岸通、雨の物語と、正やんの曲が多かったという印象です。

息子さんもシンガーソングライターになったようで。
ちょっと聴きましたら、ハイトーンで優しい歌声でした。

喋り方は母親に似なかったようで、普通でした(^-^;

| 音楽 | 14:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【レコード】小室等&六文銭・岡林信康・泉谷しげる

今回もレコードを処分した時のメモなんですが、今回は小室等さんでございます。
私が持っているレコードの中には、「レコードプレイヤーが無いから貰って」と言われて所持しているレコードが有りまして、これはその中の一部です。
売値はほとんど1枚22円でございました。

小室等&六文銭

私は小室等さんも六文銭も、全く知りませんで、代表作すら解りません。
フォークも聴いて来た世代なのに、無知で恥ずかしい限りでございますm(__)m
小室等さんって、多分私の年代よりも上の人達にファンが多いのではないかと…

フォークというジャンルは、もう若い世代の人達は解らないのではないでしょうかね。
私もどちらかというと、フォークソングの後期の人間だと思うので、ボブ・ディランは少し聴いたことが有りますが、ニール・ヤング、ピーター・ポール&マリー、ブラザース・フォー等は名前しか知りません。

岡林信康

国内のお話をしますと、岡林信康さんの世代はほとんど知りませんで、井上陽水さんで言うと〝傘がない〟や〝夢の中へ〟の時代からです。
吉田拓郎さんは代表作しか知らず、赤い鳥やガロも同様。
フォークソングで一番ハマったのは、かぐや姫でございました。

泉谷しげる

泉谷しげるさんも、当時の歌はほとんど聴いた事が有りません。
私的には、この辺りの時代は全部同じ括り。

かぐや姫にハマってすぐに友達から〝スージー・クアトロ〟を聴かされまして、ロックに移行。
スリーフィンガーも攻略しないうちにフォークソングから離れてしまった事が、私のヘナチョコギターを大きく後退させる原因となったことは間違いございません。

もっと、ちゃんと聴いておくんだった…(+_+)

| 音楽 | 23:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【レコード】萩原健一

持っていたレコードのメモ。

萩原健一

〝前略おふくろ〟が出た当時はひたすらロックを聴いており、私にとってショーケンは太陽にほえろのマカロニ。
歌手というよりは俳優さんという認識でした。
傷だらけの天使のオープニングではコンビーフがとても美味しそうで、あれを見るとお腹が減るんだけど、それほど何回も見ていないので、水谷豊さんの「あ~にきぃ~」という台詞しか覚えていません(^-^;
今でも根強いファンが居る、個性派の俳優さんですよね。

これは従兄弟から来たレコードです。
彼はテレビオタクだったから、ドラマの影響かと思われ(笑)

| 音楽 | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【レコード】山本達彦/I LOVE YOU SO

そういえば、何故こんな古いレコードの写真載っけてダラダラ書いているかというと、昨年100枚以上レコードを処分しまして、処分しちゃうと自分が何を持って何を聴いていたのかを忘れてしまいそうなので、メモしております。
同年代の方で同じ趣味をお持ちの方がいらっしゃり、「あった、あった」などと思って頂けたならば幸いです。



山本達彦さんと言えば、摩天楼ブルースでしょうか。
私も一度MTRで録音したことが有ります。
「のぅー、のぅー」って(笑)

山本達彦/I LOVE YOU SO
山本達彦/I LOVE YOU SO

ハードロックしか興味が無いという時期が何年か有り、その後、何故かポップ路線に転向。
あ、私のことですm(__)m
そこで、歳のあまり変わらない5人でバンドを組むんですね。
オリジナル曲だけのバンドを。

そのバンドのベーシストから紹介されて初めて聴いたんですよ。
それまで日本のミュージシャンはあまり興味が無くって。
でもポップな曲に目覚めたからなのか、山本達彦さんの曲のアレンジがとっても格好良く思えまして。
私はそれまでポップを…
あ、山本達彦さんの曲ってシティ・ポップなんて呼ばれていましたけど、私はその辺りの区別が全く解りません。
というか、あの頃って色々な呼び方をして楽しんでいた時期なのかな?というふうに思っていて、ロック一辺倒の私からすると「どーでもいい」って感じだったんですよね。
いいものはいい、悪いものは悪いって(知る人ぞ知る)。

ニューミュージックっていう言葉も有って、私はこの区別もさっぱりです。
「え?フォークでしょ?違うの?え?さだまさしさんとかアリスとかってフォークでしょ?」
今調べたらNSPやイルカ、吉田拓郎まで入っているし、本当にわけが解りません。
だから私は、全部「歌謡曲」って呼ぶようにしていました(笑)

まぁとにかく歌謡曲の中でも、山本達彦さんの曲のアレンジは斬新に思えたんです。
フォークでは絶対にあんなアレンジはしないし、自分が曲を作る際に、とっても勉強になりました。
まぁポップ系の曲はこの数年間の短い時期しかやらなくて、その!すぐにロックに戻ったんですけど。
でも山本達彦さんの曲は、多分今聴いても「いいなぁ」って思えるんじゃないかと思います。

ま、ファンでしたから書かせて頂くと、山本達彦さんは「立っても身長が変わらない」とか「ライブだと高音が出ない」などと言われていたりもしましたけど、だからといってユー○ンのように「Σ(・∀・|||)ゲッ!!」と思われるでもなく、親近感が湧いて良い♪なんてプラス方向に受け取られていたのは、きっと彼の人柄のせいなのかなって思います。
山本達彦さんが微笑むと、なんか幸せな気分になりますもんね。
ユー○ンのように毒舌を撒き散らしたりしないし(^-^;

レコードはこれだけでしたが、テープでは別のアルバムも聴いていたと思います。
あ、安倍晋三と同級生なんですって?!
いや、安倍晋三がまだ61歳っていうのがビックリしちゃった。
もっと上かと思っていました。

横道に逸れて来たので、今回はこの辺で(^^)/

| 音楽 | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>