| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【お正月休み】三が日のお話

皆様、お正月休みは何をしていらっしゃいましたか?
私は「いつも通り」という感じでした。

元旦は嫁の実家に行って料理をし、2日は我が家の顔合わせで料理をし、3日はいつも通り料理を…(笑)

我が家の顔合わせは毎年昼だったのですが、今年は休みが短いということで昼はフリーにし、夜集合ということにしました。
しかし今年来るはずだった息子の相方が熱を出してキャンセル。
正月から風邪でダウンなんて、可哀想だわ(ーー;)
結局いつものメンバーで食事(爆)

昼はちょっと買い物をしまして、食事は久しぶりの「ゆうえん」。
昔は結構お世話になりました。
何しろ安い。
未だにラーメンは450円(税抜)ですからねぇ。
本当に有りがたいです。

嫁と「何を食べる?」っていう話になり、「今年イッバツ目の外食だからなぁ」と気合いを入れて考え、出した結論がこちら。

ゆうえん松飛台店
広東麺セット(広東麺+ミニチャーハン) 852円(税込)

ゆうえん松飛台店
うま煮チャーハン 734円

「結局このチョイス、胃の中に入ったらほとんど一緒じゃね?(^-^;」
私の広東麺の麺だけが違っていて、あとは一緒ですもんね。

このお店の味は食べ慣れているせいか、「懐かし旨い♪」という美味しさでした(o^_^o)

3日はというと、年末からの疲れが出て遅起き。
ダラダラと出掛ける支度をして、こちらに向かいました。

満天丼セブンパークアリオ柏店

ここには嫁の好きなブランドのひとつ「ハートマーケット」が入っていまして、まっ、いわゆる「嫁ゴマすり」でございます(笑)
あと、夕食のお刺身をゲットする為に行きました。
だって私、年末からろくなお刺身食べていないんだもの(T_T)

その前に昼食を。
予想通りの展開ですが、どこも行列だらけですんなり食べさせてはくれません。
フードコートのテーブルも一杯。
「どこでも食べられればいいよな」ということでチョイスしたのは、横にちょっとした飲食スペースが付いている「満天丼セブンパークアリオ柏店」。
ここは穴場かも!?

満天丼セブンパークアリオ柏店
海老づくし天丼・ご飯大盛・あん肝天トッピング 590円+50円+200円=840円(税込)

満天丼セブンパークアリオ柏店
肉天丼・ご飯大盛・あん肝天トッピング 590円+50円+200円=840円(税込)

すぐ座れたという点では穴場かも知れないけれど、内容的には「う~ん…」という感じでしょうか(^^;
今限定のトッピング「あん肝天」は臭いが強くて200円損した思いだし、豚肉天は揚げ過ぎて段ボールみたいだし、野菜天もペラペラで(食材の個数がメニューと合っていない)、ご飯は大盛料金払っても少ないし(普通盛りだったとしても少なすぎます)、最近の我が家の外食の中でもかなり残念な内容でございましたm(__)m
母体が、セブングループの外食系企業「セブン&アイ・フードシステムズ」だから、仕方がないと言えば仕方がないのかも?
いやいや、この丼にこの値段出すならば、セブンイレブンでおにぎりとカップ麺買った方がずっと満足すると思います。
もうちょっと頑張って頂きたいですorz

しかし!
アリオ柏には「タカマル水産」が有ります。
正月用に取っておいたへそくりを使い、カニやら刺身やらを5000円ほど買って帰宅。
夜はそのお刺身をつまみながら、私の好きな出羽桜を頂きましたとさ♪

やっと3日になって美味しいお刺身が食べられました(;>_<;)

これでようやく私にも正月が来たということで、皆様、今年も宜しくお願い致しますm(__)m

今年もマイペースに食べますよぉ~(≧∇≦)b



あ、飲みもね(笑)

| 日記 | 10:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ご挨拶

新年の挨拶


| 日記 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【福島】帰省3日目

福島に着いて3日目、もう帰る日になりました。
楽しい時間は早く過ぎてしまうものですねぇ。

白石温泉

とにかく景色が良いです。
空気が美味しい♪

白石温泉

朝食はバイキングでした。
普段あまり朝食を摂ることは無いのですが、せっかくですから頂きました(^-^;

白石温泉

ソーセージと肉団子の食べ放題は嬉しいなぁ(だからデブ)。

白石温泉

ここでは、しらすおろしだけ頂いて湯豆腐はスルー。
湯豆腐って、いったいどんな時に食べるものなんでしょうかねぇ。
美味しいですか?(^-^;

白石温泉

頂いて来たのはこれです。
私にしては食べた方なんですよ。
朝からソーセージも肉団子もしらすおろしも肉じゃがも食べませんもの。
でもこんなに食べられたのは、東北に来たからなんでしょうねぇ。
私の体はこの地方の空気に合っているんだと思います。

朝食を美味しく頂いた後は、露天風呂へ。
素晴らしい景色を拝見しながらの露天風呂は、また格別です。
お風呂大好きなので、ギリッギリまで浸かっていました(^^)

名残惜しい気持ちで白石温泉を出まして、向かったのは蔵王チーズ「蔵王酪農センター」でございます。

蔵王チーズ

何だか、有名らしいんですよ。

蔵王チーズ

もう、店内チーズだらけ(当たり前だ)。

蔵王チーズ

おっと、うーめんも忘れてはいけません。

蔵王チーズ

おぉっ!
昨日お兄さん達が浴びるように飲んでいた日本酒が有りました!
私も一口頂いたんですけど、美味しかったですよぉ~(o^_^o)

蔵王チーズ

どこに行ってもアイスを食べる嫁。
2日目、白石温泉に向かう時も、途中のコンビニでアイス食べておりました(ーー;)

このアイス、濃くて美味しかったですよ♪(結局お前も食べたのか)

ここでお別れの予定でしたが、一緒に昼食でも…という話になり、その前に若干の運動を。

白石城

白石城でございます。
えぇ、歴史を全く勉強して来なかった私には、ここがどういう城なのかが解りません。
解りませんが、こういう景色は大好きです。

白石城

素晴らしい。
こんなに素晴らしい景色は何年ぶりでしょうか。
高所恐怖症ですけど、これを見たいが為に、我慢して一番上まで行きました。

白石城

こんな恐ろしい階段は、何処以来でしょうか。
ちょっとだけ足が震えたりして(爆)
年配の方は口を揃えて「降りるのが怖い」と言っていました。
こんなに急で狭い階段では、再訪する気になる人は居ないと思うなぁ(^-^;

白石城、階段が一番印象に残りました(マテ

白石城

あと、紅葉が美しかったですね。
こんなに見事な写真、近所では撮れないもんなぁ。

さてお待ちかねの昼食。
やっぱり白石ですから、うーめんでしょうか(^^)

うーめん番所

奥州街道うーめん番所というお店に行きました。
ここはお兄さん達も初めてだそうで、お客さんとして吉永小百合さんがいらっしゃったり、結構有名なお店なんだそうです。

入ってまず思ったのが、暑い!(;´Д`)
半袖でも暑く感じるほど、暖房が効きまくりです。
「これじゃ暑くて食わんに」ということで、暖房を調整して頂きました。

それぞれ食べたいものを決めまして、注文をします。
「○○○を1人前と、○○○を2人前、そして○○○を…」と我々が注文している最中に、
「全部同じじゃないと時間かかるよぉ~」と、注文を取りに来たおばちゃんが言います。
いやいやいやいや、飲食店で一番言っちゃいけないヤツじゃないですか、それ~(;^_^A
このお店の個性っていうことで、サラッと流したいと思います。

実はこの後、「おばちゃんの言うことを聞いていれば良かった」と思うことになるわけで…

このお店、本当に時間が掛かるお店だったんですよ(笑)
途中で社長さんがうーめんの説明に来たんですが、その社長さんが他のお客さんの所をグル~っと回り、またこちらに来て色々話をして帰ったのですが、まだ1人前も出て来ないんです。
待ちくたびれた頃にやっと出て来たのは、父が注文した蕎麦(いわゆるもりそばで670円)。
次に、ざるうーめん600円。
そして私が注文した、こちら。

うーめん番所

「からみ大根付板そば温麺 720円」なんですけど、メニューには「蔵王高原産の辛味大根がめんの旨味を引き立ます。」と書かれているのに、この日は辛味大根が無いから普通の大根なんですって(笑)
このメニューの売りの部分が品切れとは…(;^_^A

この3品以降、また暫く休憩が入って、嫁以外の数品が来ました。
私と父は、少し待ってから食べ始めたのに、半分近く食べ終わっています(待っていたら完全にのびてしまうので)。
でも嫁の「冷し二色うーめん 820円」だけ来ません。
私と父はすっかり食べ終わり、他の人達もほとんど食べ終わった頃に、嫁のうーめんが来ました。
このお店、オペレーションが…(;^_^A

注文時に同じの頼めって言っちゃうし、社長さんも何度もお客に話し掛ける時間が有るならば厨房を手伝って少しでも提供を早くすべきだし、妙に曲がった変形のテーブルはオシャレだとしても、旅行客も受け入れたいならば荷物置き場が無いのは辛いし、最初に書いた通りに店内の温度設定が変だし…
おもてなしという意味から考えると、真逆と言っても良いかも?
というか、これが白石流のおもてなしなのかも??
この日だけで、普段はそんなことは無いお店なのかも知れませんが。
いや、逆に突っ込み所が満載で、面白かったかも(;´∀`)

しかしこの「うーめん」という食べ物。
コシが有って確かに美味しいは美味しいんだけど、これって乾麺ですよね。
通販でも1人前50円程度だから、仕入れるとしたらきっと半額程度。
例え1.5人前だったとしても、その乾麺を茹でて、つゆ少しと薬味、少しの佃煮付けて600円って…(^-^;
このお店、吉永小百合さんを宣伝文句に入れているので、「吉永小百合料金」が加算されているのかも?(笑)

冗談はさておきまして。

体に優しい食事をした後は、気を取り直して高速に乗ります。
お別れはいつの時でも悲しいものですねぇ(T_T)

一部事故渋滞が有りましたが、その後はスムーズに…
行くはずだったのが、結構な渋滞。
途中で高速を降りてみても、やっぱり渋滞。
でも父が楽しんでくれたから、長時間運転するのも、全く疲れませんでした。

父は、あと何回帰省出来るのか。
もしかしたら今回で最後になるかも知れません。
そう考えると、早い時間に福島を出るなんてことが出来なかったんですよね(いつもは朝食後に帰ります)。
今回は渋滞覚悟で、昼まで楽しんだわけです。

実家のお兄さん達には、本当にお世話になりましたm(__)m
そして、有難う白石温泉!

そして、そして、有難う福島!

また会う日まで、さようなら。

>> Read More

| 日記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【福島】帰省2日目

書き忘れましたが、初日のお風呂は市営の簡易温泉でした。
ちょっとでも大きなお風呂に入った方が、ゆったりした気分が味わえて良いものですよね(*^_^*)

さて2日目は、散歩から始まりました。

福島に帰省

実は私、この時期に福島に帰省したことがなく、こんなに柿を作っているなんて知らなかったんですよ。
あちらこちらに見事な柿の木が有りまして、収穫後は焼酎で渋を抜くんだそうです。
それにしても鈴生りの柿は圧巻でした。

午前中はお墓に行ったりとバタバタ動いておりまして、その後、お兄さんが珍しいランチに連れて行ってくれました。

福島に帰省

このお店、金土日月曜日しか営業していなくて、予約しようにも電話が無い(;^_^A
でもお兄さん達が来る時はいつも混んではいないようなので、行列することは無いのかも知れません。
この日も我々以外1組しか入っていませんでした。

福島に帰省

カフェですね、カフェ。
女性が好きそうな感じの雰囲気です。

福島に帰省

デザート系以外の食事は全てセットものになっていて、1200円。

福島に帰省

ベランダに出て外を見ます。
空気が美味しいなぁ~(o^_^o)

福島に帰省

こちらは嫁が食べた、スパイシーカレー 。
スパイス…というか、何かスーっとした香辛料が入っていて、実に不思議な味でした。
他で食べたことが無いかも知れません。
これが個性になっているんでしょうね。

福島に帰省

こちらはお兄さんが注文した、海老とキャベツのペペロンチーノ風パスタ。
ペペロンチーノ風なので、ペペロンチーノでは無いみたい?
「唐辛子を使っている風だけど使っていない感じ」、みたいなものかな(^-^;

福島に帰省

これは父が頼んだ、ふわとろ親子丼。
セットの内容は全て一緒のようですね。
サラダは生野菜と、パンプキンサラダ。

福島に帰省

さてお待ちかね、私がお願いした、きのこパスタ。
ご承知のように私は外でパスタを食べない人なんだけど、誰も注文していないものがこれしか無かったので。
いや、正確には「きのこ丼」と「フレッシュ野菜入りトマトソースのパスタ」は有ったんですよ。
でも、1200円のきのこ丼って食指が動かないし、もうひとつのトマトソースパスタは、フレッシュ野菜との兼ね合いが想像付いて私好みではなかった(きっとカレーと似た方向ですよね)という理由で、今回はパスタをチョイスです。

はい、昨日の伊達屋さんとリンクしていますが、とっても優しい味付けです。
これ、もしかすると福島県民の今の嗜好に合わせているのかも知れませんね。
お兄さんの家で頂いた食事をみても、ほとんどが薄味で、素材の味を活かすという手法です。
「出汁」というものの観念が私とは全く違う感じで。
このお店のお料理も、そういう感じでした。

唯一違ったのは、料理は全般的にそういう味なのに、デザートだけはシッカリと味が付いているんですね。
寿司ですと、貝類とかヒラメ、鯛なんかの淡泊な物だけを食べて、最後にかんぴょう巻きみたいな。
最後は口の中を甘くして〆るという、確か玉村豊男さんだったでしょうか、本場フランスで最後に出て来るケーキはメチャメチャ甘いって書いていらっしゃいましたが、そういう感じなのかなと。
まぁ所詮、カフェという所に不釣り合いな私の感じたことなので、読み飛ばして下さいませm(__)m

午後はあちらこちらに行きまして、夜は白石温泉で一泊予定。
近くに住んでいる次男ご夫婦と合流します。

福島に帰省

うひゃ~、景色がいいですねぇ。
早速温泉に浸かります。
こんな景色を見ながらの露天風呂なんて、何年ぶりでしょうか。
あ~、極楽 ヾ(≧▽≦)ノ

福島に帰省

夕食はこういう感じでした。
お値段のわりには、とっても豪華な料理でしたよ(*^_^*)
男性陣、そしてお姉さん(次男の方)達は、1杯1000円もする日本酒をゴクゴク飲んでいます(;´∀`)
さすが東北の人はお酒が強いやぁ~。

お部屋に帰りましてからは、2次会に突入。
父の部屋に集まって飲み直しです。

福島に帰省

このお酒、いくらすると思います?(^^;
お兄さんが買ってきてくれたんですが、普段我が家で飲める金額ではございません。
あっ、旨っ!
スッキリしていて吟醸香もいい感じにします。
こりゃ~何合でも飲めるわ~(マテ

夜11時過ぎまで飲んでお開き。
もう明日は帰る日です。
遊んでいると早いんですよね~(;^_^A

3日目に続きます。


| 日記 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【福島】帰省初日

急に用事が出来まして、久しぶりの福島旅行(?)です。

福島に帰省

早朝のサービスエリアで、信玄餅アイスを買う嫁(+_+)
何を、何時、どうやって食べてもぶっ壊れない内臓の持ち主で、羨ましいです。

福島に帰省

ラーメン屋さんを見ると、とりあえず写真を撮ってしまう性癖m(__)m
「あんこう唐揚ラーメン」なんていうメニューが有ったのかぁ(終売)。

福島に帰省

福島に行ったら、本場のラーメンが食べたいという希望をお兄さんに伝えてありまして、5店舗ほど好みに合いそうな名前を出したのですが、その中で唯一お兄さん達が行った事の有る「伊達屋」というお店に連れて行ってもらいました。
Twitterでなべさんに2店紹介してもらい、ラーメンの写真を見て私も「あっ、これ好みだと思う!」っていうヴィジュアルだったんだけど、そのお店がどこに有るかお兄さんが知らなかったので却下となりました(T_T)
ちなみにそのお店、「中華蕎麦こばや」と「麺やうから家から」。
とっても残念(;´д`)トホホ…

福島に帰省

で、この日がまた激寒でして、真冬の格好をして行っても体を動かしていないとどうしようもないって感じ。
その上、雨が降っているもんだから尚更寒い(。-д-。)
写真の右側のテントは待ち客の椅子を囲ってあるテントなんだけど、すきま風だけで充分凍えるほどの寒さ。
そんな中、普通ならば行列を見ただけで別のお店を探す我々が、1時間以上待ってやっと入店したわけでして…
(こんな思いをするなら隣の蕎麦屋でも充分良かったんだけど、せっかくお兄さんが連れてきてくれたので)

福島に帰省

震える体をやっとのことで制しながら、嫁は塩味のわんたんめんを注文。

福島に帰省

私は醤油味。
このお店、何故希望の5店舗に入れたかというと、ネットで「全国3位になった」と書かれていたからなんです。
福島で1位。
そう言われたら、1度は食べたくなるでしょう?(*^_^*)

えーとですね、今回のエントリーは長いのでチャチャッと書きますと…
最初に感じたのは、動作がスローだということ。
よく、作り手の動きが遅くて行列が出来ているお店って有りますよね。
このお店は本当に多くのお客さんが来ているから一緒の話にはならないんですが、だからこそ尚更行列しているという気がしました。
動作がスローっていうのは表現が悪いかな。
「作り方が丁寧で時間が掛かる」ということですね。

私がお店に居た頃は、一通りの麺を上げたらすぐに次の回の麺を入れておかなければダメと教わったのですが、とにかく数杯ずつ丁寧にゆっくりとお作りになっています(カウンターだったのでよく見える)。
私は丁寧に作る人が好きだけど、もうちょっと手早な方が好きかも?(;^_^A
あ、味ですが、これは好みの問題だと思います。
メンマは極普通、麺は若干低加水のストレート(ブツッと切れる感じでもない)、スープは鶏の香りがする薄味、チャーシューは極薄で箸で持てない、こういうラーメンが好きな人は常連になるんだと思います。

さてお次は、伊達屋近くのお酒屋さん。
ここはお兄さんがよく通っているお店です。

福島に帰省

【橘内酒店】
福島県福島市南沢又字河原前73-52
024-558-5553
10時~20時
≫橘内酒店ホームページ

福島に帰省

福島のお酒を中心に、全国の美味しいお酒が購入出来ます。

福島に帰省

このお酒、初めて飲んだんですが激旨でした(o^_^o)

この日は実家のお兄さんの家でお世話になりまして、美味しいお姉さんの料理を頂きながら飲んだわけですけど、たまには自分の作ったものでない料理を頂くと、勉強になりますね。
味の付け方とか、煮込み方とか。

お兄さんがアルバムを出してくれまして、我が家が持っていない写真も有り、懐かしく拝見しました。
中でも、この父の写真にはビックリしました。

福島に帰省

えぇ。
普通は向かって左側を父だと思うんでしょうけど、それは私のおじいちゃんで、隣に居るのが父です。
昭和10年生まれの父の、子供の頃の写真なんですよ。
几帳面な性格のお兄さんなんで、キレイに保管してくれているんですよね。
感謝ですm(__)m

ということで初日はさほど深酒もせず、いつもの半分程度のほろ酔い状態で布団に入り、それでも運転の疲れが出たのか、瞬殺でございました。

2日目に続きます。

| 日記 | 22:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【初詣】浅草寺へ

今年の初詣は十日。

浅草寺

正月休みは、ほとんどの人が三日まででしたので、この日に行く人も多く見られました。

浅草寺

前まで行くことが困難で、御賽銭を投げ入れる人も多いです。
このやり方が一番大人数が捌ける方法なんでしょうけど、もう少し何とかならないものかと毎年思います。
お金だけ放り込んで、手を合わせる時間も無いなんて、単なる貯金箱ですもんね。

浅草寺

来年は御札だけ購入して帰ろうかと、検討中。

浅草

浅草

花やしき、結構入っている様子でした(^^)

浅草

〝まるごとにっぽん〟が出来たということでちょっと入ってみましたが、混んでいるし、特別に面白いブースも無さそうなので、落ち着いた頃に再度行ってみようかと思います。
各地の美味しいものが集まっている施設なのかと、勘違いしていました(^^;

浅草

歩いていたら、こういうパフォーマンスをしている人が居て、暫く立ち止まって見てしまいました。
いや、これ、凄いわぁ。
やれって言われてもやれるもんじゃないですよ、これは。
この日一番の衝撃でした(^-^;

以前から〝浅草恵比寿餃子〟というお店が気になっていまして、丁度外の席が空いていたので着席(勿論正ちゃんは満席で座れませんでした)。

浅草恵比寿餃子

ホッピーセット400円。
値段は安いのですが、我が家の好きな方向の焼酎ではなかった為、嫁のグレープフルーツハイと共にお残しm(__)m

浅草恵比寿餃子

肉汁と言うよりは野菜多めで、本だしっぽい感じの調味料を強く感じる味付けでした。
350円という値段は、都内にしては安いのかな?
ホームページには「浅草恵比寿餃子特製のたれでお召し上がりください」って書いてあるんですが、卓上には置いて無くて、確認が出来ませんでした。
とにかく椅子(というか、椅子っぽく作ってある椅子でないもの)がガタガタで、何かを味わったりする雰囲気では無かったように思いました。
〝浅草店〟と有りますが、ホームページを拝見する限り、ここ一店だけのようです。

早々にこちらを出まして、入ったのは〝磯丸水産〟(笑)
だって、温まりたかったんだもの(;^_^A

最後に行ったのは北千住で、お気に入りの某店。
そのお話は、別エントリーで♪

| 日記 | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ご挨拶】あけましておめでとうございます

いつもブログを見て下さっている皆様、あけましておめでとうございます。

今年も皆様にとって素晴らしい一年でありますように。

あけましておめでとうございます

毎年正月は忙しいので、簡単なご挨拶にて失礼させて頂きますm(__)m

| 日記 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>