| PAGE-SELECT |

>> EDIT

【B食全般】最近の話題を少々

のぶちゃんから頂いた情報を含めまして、いくつか最近のお話を。

(1)柏(旧沼南)の“大井食堂”が閉店
“まいどおおきに食堂”の大井店ですね。
各地域名の後に“食堂”を付けて店名とし、お惣菜等をセルフで選択するという、まぁ目新しいものではなく、昔から有る食堂ですね。
それが営業マンや私のようなガテン系に人気が出て、現在に至ります。
母体は、株式会社フジオフードシステム。
何度か問題が出たりしていたそうですが、今回は長期休業を機会に閉店となったらしいです。
もしかすると、現在パワー全開の“魁力屋”が入ったりするんでしょうか?

鎌ヶ谷食堂
こちらは鎌ヶ谷食堂。

この〝まいどおおきに食堂系〟は、あちらこちらに出来ていましたが、閉店しているお店も結構有ります。
私的にはどうかというと、最初は面白さが有ったんですが、それならば自宅で作って食べる方がずっと良いので、現在は自宅でそういうお総菜が何らかの理由で食べられない人が利用していると思われます。
普通に毎日料理を作っている主婦はこういうお店を利用しませんし、そういう奥さんを持っている男性はちゃんとお弁当持っていますから利用しません。
その限られた男性が長年飽きずに利用するには、相当の調理のバリエーションが無いと難しいです。
私が特別なのかも知れませんが、このお店の料理で、自分で作る事が出来ないものは何一つ有りませんので、必然的に利用しなくなりました。

(2)ガリガリ君、クリーミーモンブラン味発売
とにかく最近のフレーバーが凄すぎましたよねぇ(笑)
ここらで挽回しないと相当ヤバいんじゃないでしょうか、赤城乳業さん。
私はあの、コーンポタージュ味の売り切れ騒動が有ってから、ガリガリ君熱がすっかり冷めてしまいまして。
今年は数えるほどしか食べませんでした(^^;

ガリガリ君でラーメン
コーンポタージュ味が出た時は、ラーメン作ったっけ(^^;

(3)東京チカラめし馬橋店閉店後、壱角家に
「東京チカラめしの閉店ラッシュ→壱角家」という理由は、こういうことだそうです。
≫横浜家系ラーメン「壱角家」、一気に25店舗。「チカラめし」から転換。

東京チカラめしも、もっと現場がちゃんとやっているのかをチェックしていれば、もう少し続いたのかも知れません。
まぁでも、チェーン展開する企業体質って、どこも一緒でしょうね。
私も最初は東京チカラめしを応援していましたが、皆さんから「店舗毎の差が酷い」と伺い、実際に調査し、確かにそういうことが有ると解ってからは、一度も訪問しておりません。
早期に閉店した西船橋店は、特にクオリティが低かったのを覚えています。

そして代わった壱角家。
私的には「個人が頑張って修行し、その後独立した家系」と「家系チェーン」は別物という認識ですので(これは単なる予想や「ラーメンマニアがそう言っているから」というものではなく、実際に食べ歩いての個人的な結論)、家系チェーンにはあまり興味が有りません(これは大勝軒チェーンも一緒)。
なので、おそらくこのブログの記事にはならないでしょう(何か特別なことが有れば可能性有り)。
どこかの記事で「びっくりするくらい美味しくない」って書いている方もいらっしゃるようですけど、まぁ私的には「それほどではないのでは?(^^;」とは思いますが、チェーン店というものはどう頑張ってもチェーン店以上にはなりませんからね。
お客側がある程度の知識を持って、そういうつもりで入らないと、逆にチェーン店側が可哀想な気もします。

東京チカラめし
当時の東京チカラめし馬橋店。

(4)流山リンガーハット跡地に、伝説のすた丼屋オープン
長い間続いていましたリンガーハットが移転して空いていた場所に、“伝説のすた丼屋”が入るらしいです。
特別安くはないんだけど、そこそこの丼を食べさせてくれるらしい。
当然ながら“大盛チャレンジ”なるものが有り、時間内に食べると200円バック。
「無料!」じゃなくて、200円という設定が渋いなぁ(^-^;

こういう記事も有り。
う~ん…この丼出されたら食べる気無くなるかも(T_T)
こういうトコちゃんとしないと、東京チカラめしと一緒な気がしますねぇ。
最近の〝坂井精肉店〟にも感じることですが、「やっぱりチェーン店か」と感じてしまう所が悲しいです。

閉店した方の、リンガーハット。
私はあまり良いイメージが無くて…
昔、光が丘にリンガーハットが有ったんですよ。
そこでちょっとしたことが有りましてね。

リンガーハット

このメニューが…

リンガーハット

こうやって出て来まして。
メニューに有る魚介類が全く入っていませんよね(;^_^A
まぁ食事に来たんですから、とりあえず箸を割って食べようかとしましたが、これはメニューと違い過ぎるのではないかと、一応写真に残しておいたんです(下から麺を持ち上げても使っている素材は野菜ばかり)。
でもこの程度のことは食べ歩きをやっていれば多々有るわけで、ちょっと食べて帰ればいいやと、そう考えていましたら…

リンガーハット

後から出て来ましたこの炒飯の中に、硬くてとても噛めないような米粒が(結構な量)混ざっていたわけです。
私も調理師ですし、毎日のように料理はしますので、どう考えてもこれは酷いと思い、普段はほとんどしないのですが、店員さんを呼んで説明をしました(普通はこれ以上食べずにお金だけ払って帰ります)。
すると店長が来まして、「何かございましたでしょうか」と。
また同じように「すみません、これ、硬すぎる御飯粒が混ざっているんですけど」と説明をすると、「当店の作りはそのようになっております」と店長。
ちょっと笑っちゃいましてね(^^;
だって、噛めないような米粒が入っているのを「当店の作り」って言っちゃうんだもの。
企業にとってマイナスだってことが、この店長さんには解らないみたいです。

私は笑いながら「ではすみませんが、食べてみて頂けますか」と言うと、店長さんは食べずに「こういう作りです」の一点張り。
食べたら解るのに、何故食べないのか。
それもよく解らなかったんですけど、最後には「では、取り替えましょうか」と言うんですよ。
取り替えたって、同じくグルグル回っている保温(製造も兼ねている)容器から取り出すんだから、同じじゃないですか。
「あ、この店長さんダメだわ」と悟り、「では、結構です」と言い、食べずにお金払って出て来ました。
結局そのお店は、長く持たずに閉店。
(実はその後で再度チャーハンの確認に行ったんです。その日は硬い米粒は有りませんでしたが、今度は味がダメでやはり完食出来ずに帰って来ました)

それから数年に一度程度、他のリンガーハットに行っています(リンガーハット全店舗がダメなお店ではない為)。
たまに「メニューの写真と違うなぁ」程度のことは有りますが、光が丘店ほど酷い出来では有りませんし、チャーハンに関しても、噛めないほど硬い米粒は出て来ません。
やっぱり光が丘店だけだったんですよね。
あの店長の対応、客商売としてもおかしかったし、やはりどのお店でも、上の人間がダメだったら店全体がダメだと考えて良いということだと思います。

リンガーハット-東川口戸塚店

〝リンガーハット東川口戸塚店〟のチャーハンはちゃんと出来ていました(^^)

その他、私的に気になっているのは、「前の道路が長期工事で休業」していた“らーめん長”が未だに開店していないこと。

らーめん長

しかし、本当にあの道路工事は長くて迷惑でしたよねぇ。
毎朝大渋滞だし、おまけに周辺地域と工事が被った日も有ったりして、そういうとこ(日程調整等)ちゃんとしてくれませんか、役人さん。
らーめん長、若い子達に色々と話しかけたりして、良い店主さんだったんですよね。
市川で一度閉店し、せっかくこちらで再度頑張ろうと開店したお店なので、気になっております。
再開情報などございましたら、コメントをお願いしますm(__)m

それ以外に気になる事と言えば、ゴディバのチョコレートが美味しいっていうことでしょうか(笑)

ゴディバ

私の年代ですと、チョコレートつまみながらウイスキーをチビチビ飲(や)ります。
若い人はやらないのかな(^^;
ウイスキーとチョコって合うんですよ。
我が家はウイスキーも飲りますので、いつも何かしらのチョコが冷凍庫に入っています。

Jack Daniel's

酒が切れると死ぬタイプの人間なので(笑)

| B食全般 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

あーちゃん餃子

5年くらい前にシューテンさんからご紹介頂き、自分用として買うのは勿論、あちらこちらに買って配ってまわった、このあーちゃん餃子。
ホームページでも大々的に宣伝し、私はこの5年間の間に、いったいいくつ食べたんだろうというくらい大量に購入し、ムシャムシャ食べました。
あーちゃん餃子の社長から表彰されてもバチはあたらないでしょう(笑)

ですが…

これは多分、我が家の舌がどうにかなっちゃっているんだと思いますが、ここ2年くらい前から味が変わったような気がするんですよ。
あれだけ感動して食べていた餃子が、最近くどく感じるようになりました。
うまく表現出来ないんですけど、たとえばニンニクの質が違ってしまったような、以前よりも後口がスッキリしないように感じるんですね。

ここ数回は同じ印象でしたので、今回は少し間を置いてから購入してみました。

あーちゃん餃子

うぅむ…
やはり今回も同じですねぇ。
以前の具の印象と違います(きっと、思いこみ)。
前は何十個も食べられた餃子が、今は1人前がせいぜい。

いや、これは老化現象なんだな。
うんそうだ、多分そういうことなんだ。

と、納得したいような、したくないような、50前のオッサン(^^;

\(><@)/ジタバタッ


| B食全般 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

吉野家の牛丼ふりかけ

先日、コンビニで発見しました。

吉野家-牛丼ふりかけ

吉野家がそんなに好きかと言われると、船橋駅前に吉野家が出来た時、最初は吉野家に行っていたんだけど、その後松屋が出来たら松屋ばっかり行っていたわけだから(10円安くて味噌汁サービスだったから)、吉野家が好きというよりは、安くてお腹一杯になれば良いという、昔っからB食的だったわけですね、私は(ひとくだりが、なげぇ~)。

吉野家-牛丼ふりかけ

ま、面白い商品はとりあえず手を出してみるわけです。

会社でいちいちご飯を炊くのもナンなので、今回は同じコンビニで購入したパックご飯を買ってみました。
このご飯、安いお米を買って炊くより美味しかったりするので重宝します。
もっと言うと、どこぞの「ご飯無料」なんてモノより確実に旨い♪

吉野家-牛丼ふりかけ

さて、早速ご飯にふりかけて食べてみることにします。

おっ、牛丼の甘さだ(^^)
「甘じょっぱい」という感じですね。
その中に玉ねぎのエキスが入っているような。

私は純粋なふりかけ世代なので、ふりかけご飯は無問題なわけですが、これもまた無問題。
ご飯1合は軽く食べられます。
しかし「メチャメチャ旨いのか?」と聞かれるとそこまでではないような、逆に「不味いのか?」と言われればそんなことはないし、「他のふりかけとどう違うのか?」と言われると、単に「味」としか答えられず、「じゃあ、今までに無かった味なのか?」と聞かれれば「すきやきでいいんじゃね?」ということになり、この商品のどこがどうなのかを考えると、やっぱり『吉野家』というブランドなんじゃないかと、私は感じたわけです。

こういう商品を出す場合、何を狙っているのかが気になる所ですね。
この場合は、ふつーに「宣伝」だと思います。
ブランド名を出して何かを作れば売れるんじゃないか。
売れれば吉野家の宣伝にもなるだろうと。
大会社は「何か面白いことを考えられんのかねぇ、チミぃ」とか言われますからね。
私はふりかけなんかより、「テラ盛り」みたいな大盛り商品を出した方が話題になるとは思うんですが、他店に先越されちゃいましたから意地でも出さないんでしょう(笑)

この商品を買った人の中には、「吉野家を再現したい!」という人が居るかも知れません。
「肉も玉ねぎも買って用意して有るんだぜっ!」みたいな。
100人に0.1人くらいは居るかも知れないです(1000人に1人と言った方が解りやすい)。
その場合、肉と玉ねぎを炒めて、このふりかけで味付けをしてはどうでしょう。
フライパンに油を入れて肉・玉ねぎを炒め、このふりかけをかけ回し、お酒をちょっと振ってフライパンを煽ります。
つゆだくが良い人は、お酒の量を増やし、めんつゆを少々プラスすると良いかも知れません。

「肉・玉ねぎ・ふりかけを買って牛丼を作るなら、吉野家に行って大盛りを食った方がいいんじゃないの?」というご意見が有るとしたら、それは限りなく正解に近いと思います、はい。


>> Read More

| B食全般 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |