| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【回転寿司】究極の廻転寿司さかなや魚平

回転寿司で突発的な痛風となった私でも、たまにはグルグルしたいです(笑)

ということで、守谷に行ったついでに初めてのお店へ。

究極の回転寿司さかなや魚平

なんと「究極の廻転寿司」と書かれているではござらぬか(^-^;
こりゃ、入ってみないわけにはいきませぬ。

究極の回転寿司さかなや魚平

もう、言葉戻しますよ(笑)
アラ汁サービスということで、1杯だけ頂きました。
最近たくさん食べられなくなって来ているんで、汁物飲んじゃうとお寿司が入らないんですよね(;^_^A
丁寧に作られたアラ汁でございましたm(__)m

究極の回転寿司さかなや魚平

安いか?と聞かれれば、ビックリするほどは安くないです。

究極の回転寿司さかなや魚平

じゃあ、高いのか?と聞かれれば、全く高くないです。
ここの母体は『焼肉平城苑』でございまして、出来た当時はたまに通っていました。
値段に見合うお肉を食べさせてくれるので、私はそれなりに気に入っていました(最近は歳で、焼肉を食べる機会が減ってしまいました)。
その母体である『焼肉平城苑』同様に、このお店は「値段相応に、ちゃんと楽しませて頂けるお店」という評価が正しいのではないでしょうか。

究極の回転寿司さかなや魚平

こういう表現は変かも知れませんけど、「究極の廻転寿司」のわりには、居心地の良いお店です。
緊張する雰囲気ではなく、スタッフの皆さんはとてもにこやかで親切で、気持ちよく食事が出来ました。

究極の回転寿司さかなや魚平

この「値段相応に楽しめる」というのは当たり前のように感じますが、長年食べ歩きをしていますと、当たり前ではないということに気付くんですよね。
正直言いまして、私のようにダークなお店も行動範囲に入れますと、「値段相応に楽しめるお店」は2店に1店有りません。
ですから、「値段相応に楽しめるお店」に当たると嬉しくてニコニコしちゃいます。

究極の回転寿司さかなや魚平

「これから食べ歩きを始めようと思っている」という人は、10年ほど食べ歩いてみて下さい。
きっとこの話が嘘でないことが、お解りになるはずです。

究極の回転寿司さかなや魚平

こういうお皿も食べる、私でございます。
というより、こういうお皿こそが、食べるべきお皿だと思っています。
10年ほど食べ歩いてみて下さ…(しつこい)。

究極の回転寿司さかなや魚平

良いお店は、安いお皿も手抜きはしません。
高いお皿同様、ちゃんと握ります。
入ったばかりで、寿司ネタをよく知らないようなスタッフに作らせたりはしません。

高いお皿に手を出すのは、安いネタを頂いて、満足してからでも遅くはないです。
その方が、無駄な出費をしなくて済みます。

平城苑が母体の回転寿司のお店は、「また来てもいいなぁ~」というお店でした。

ご馳走様でございましたm(__)m

【究極の廻転寿司さかなや魚平】
住所 茨城県つくばみらい市筒戸1507-1
電話 0297-20-5505
時間 11時30分~22時(土日は11時~)
定休日 無休
駐車場 有り
※焼肉平城苑の別ブランド。

≫平城苑ホームページ



| 寿司・回転寿司 | 13:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【回転寿司】はま寿司で秋の特上撰

とん、とん、とん、と続いて、第4弾。

母をランチに連れて行こうと希望を聞くと、回転寿司が良いらしい。
あまり混まない方が良いということで、普段から行列が少ない〝はま寿司〟にしました。
母は体が不自由なので、あまり待たないようにと予約の電話をしました。
すると、電話での予約は出来ないとのこと。
予約はウェブでして下さいと。

「今ウェブで予約して、今日12時の時間は取れるのでしょうか?」
「ちょっとお待ち下さい」
ここで、別の人に変わりました。
「予約はウェブでお願いします」
「えぇ、先程も聞いたのですが、これから12時の予約は出来るのでしょうか?」
「あ、出来ないかも知れませんね」
「こうやっているうちに予約を取って頂けたと思うのですが…」
「いえ、予約はウェブで…」
「ちょっと体の不自由な母を連れて行きたいので、あまり待たせるのは…」
「12時頃でしたら10分待ちで入れると思いますよ」
もうこれ以上話をしても時間の無駄なので、お兄さんのこの言葉を信用して行くことにしました。

勿論このお兄さんは全然悪くないです。
システムの問題ですね。
現にこのシステムで、私との電話で時間をロスしているわけですから。

すぐに出て入店しましたら、待たずに着席出来ました。
お兄さん、有難う!(そういうことじゃないかな?)

更新時間が余りないのでサクッと書きますと。
現在はま寿司では「秋の特上撰!」というのを期間限定でやっていまして、松茸茶碗蒸し250円や、松茸の天ぷら握り100円、地中海産本鮪大とろ150円等が出ています。
残念ながら地中海産本鮪大とろ150円は終わっていましたので、違う1品を食べることにしました。

はま寿司

あ、これは嫁が食べたもので、季節の茶碗蒸し250円です。
250円だけのものは有り、ちゃんと美味しいです。

はま寿司

こちらは「秋の特上撰!」の1品、いももちキムチーズです。
ホームページには「中にはたっぷりチーズとキムチ」と書かれていますが、半分に噛み切るとほんの少しだけ中心部が赤くなっていまして、かすかにチーズとキムチの風味がします。
こっ、これは…
それも、150円という値段設定…

はま寿司

こちらは期間限定ではなく、いつからか新商品で出ていましたので食べてみました。
「やわらか炭火焼鳥 100円」です。
えぇ、確かに柔らかいですm(__)m

この日は母を喜ばす為に来ましたので、目的が達成されて良かったと思いました。
次回は別のお店を探したいと思います。

ちなみに。
最近は百円寿司に行かなくなったわけですが、先日スシロー南流山店に行ったので、どう違ったのかを書きます。
正直、スシローは頑張っていました。
これはその店舗によって違いが有るわけですけど(店長の教育や従業員の質)、南流山店は全てにおいて良かったと思います。
今回のこのお店と比べてもかなり差が有りますし、100円寿司で無くなった魚卸回転寿司ダイマル水産と比べても、そんなに負けているとは感じません。

各企業、季節毎に新作を出さなければならないとか、色々な苦労が有るのは解っていますが、まずは定番ものの充実を考えないと他社に抜かれますね。
どう考えても美味しくなさそうな新作なんて、必要かどうか、良く考えなくても解りますもの。
そこばかりに気を取られ、いつも出している商品の質が下がったら、お客はすぐに解ります。

というか私は、ずっと前から「もう100円という価格は限界」だと言い続けているわけですけれど。
「○○○に行ったら、これが食べたい」という商品が無いんですもの。
寿司ブームはもう終わっています。
だからこそ、回転寿司好きとしては「ここで踏ん張って欲しい!」と思うわけです。

≫はま寿司ホームページ

| 寿司・回転寿司 | 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【回転寿司】北陸富山回転寿司かいおう千葉八千代店で…

先日のお話。

「よし、今後は○○○を中心に勉強しよう♪」と思うとそればっかり食べるようになり、栄養が偏って仕舞いには体調を悪くするという、おバカな私でございますm(__)m
回転寿司を食べ始めてから30年、回転寿司を中心に食べ歩きを始めてから10年を過ぎまして、2年前より痛風になりました(爆)
魚介類は、肉のレバよりプリン体が少ないと言われています。
では何故私は寿司の食べ過ぎで痛風になったのか。

この話、私個人にだけに当てはまるものであって、他の人達には無関係なお話ですので、ご了承下さい。
まず、酒は好きなだけ飲んでいます。
そして、水分は毎日1.5リットル目標にしています。
以前はオフラインで集まって、爆飲の会を頻繁にやっておりました(笑)
もつ関係を中心に飲み歩いておりまして、ハシゴは当たり前、解散してから一人で牛丼のハシゴもしていました。

私の母の介護の関係も有り、私はほとんど外で飲めなくなりました。
外飲みは、家族で月に2回ほど。
飲む量も減りました。
しかし痛風発作が3回。
とうとう医者に行って、現在薬を服用しています。
何故お酒の量もホルモンの摂取量も減ったのに痛風になったか。
私は回転寿司を食べ過ぎたせいだと思っています。

勘違いしないように買いておきますね。
私は、痛風を回転寿司のせいにしたいわけでもなく、誰かに「回転寿司は痛風に悪い」などと言いたいのではありません。
ひとつのものをずっと食べ続けるというバランスの悪い食生活は良く無いということと、食べ過ぎは良くないというお話なんです(当たり前だ)。
私は痛風になったひとつの原因に、「酢飯」が有ると思うんですね。
刺し身だけ食べていれば大丈夫だったかも知れないのですが、私は回転寿司に行くと何皿も食べ、それを週に何度も繰り返すということを、何年にも渡って繰り返したからだと思っています。
それ以外に生活は変わっていないし、飲みに出かけないわけですからアルコール摂取量は減っていて、逆に体に良い方向に行っていると…あ、介護のストレスは増えていますね(^-^;

いけねっ、今回は痛風の話ではありませんでした。
まぁそれだけ回転寿司を食べ続けて来まして、世の中の回転寿司事情も多少解りました。
もう卒業してもいいかな~と思い、体調を考えて、今では回転寿司もたま~にしか行っておりません。

今回は久しぶりに様子見という意味で、“北陸富山回転寿司かいおう千葉八千代店”へ行って来ました。

北陸富山回転寿司かいおう千葉八千代店

このお店は(我が家で)100円寿司の中ではイチオシのお店となっていて、今まで何度もブログに書かせて頂きました。

北陸富山回転寿司かいおう千葉八千代店

今回のブログのタイトルが、何故「…」かと言いますと…

北陸富山回転寿司かいおう千葉八千代店

この日が特別だったのかは解りませんが、オーダー品が届く順番がバラバラだったり、いつもより時間が掛かったり、品物が(?)だったりということが有り、「ここは本当にかいおうなんですか?」と疑ってしまうような日だったのです。

北陸富山回転寿司かいおう千葉八千代店

う~ん…、おかしい。
いつものかいおうさんは、こうではなかったのに。
そういえばお客様を誘導する場所に、店長さんが居ません。

もしかして、経営者が変わったのでしょうか??

北陸富山回転寿司かいおう千葉八千代店

なんとなく店内に活気が有りません。
魚卸回転寿司ダイマル水産の芝山店が閉店する前の雰囲気に似ています。
いつもの活きの良いお刺身が、今日は違う感じでした。

帰りがけにスタンプカードを出すと、「これはもうやっていません」と言われます。
私、こういうの、ダメなんですよね。
「しょうがないでしょ」とは思えないんですよ。
一度期間を決めずに始めたサービスを、お客側にちゃんと(ネット環境が無いお客様も居るわけですから、「ウェブで言った」なんていうのはダメです)告知をしない状態でいきなり廃止するというのは、個人的にとても嫌なんです。

マツキヨのカードが始まった時に、店員さんに「このポイントには期限有りますか?」と聞いたら「いいえ、有りません」という答えだったんですね。
本当に始まってから間もない頃です。
私はこういうポイントを貯めるのが好きなので、薬品関係は出来るだけマツキヨで買い物をし、家電製品もマツキヨホームセンターで買い、着々とポイントを貯めておりました。
貯金は出来ないくせに、ポイントは好き(^-^;
ある時、少しの間買い物に行けない時期が有りまして、その後嫁の買い物の時に使おうとカードを出しましたら…
「ポイントは有りません」
いくら「これが始まった当初、中新宿店の店員さんに有効期限は有りませんと確認したんです」なんて言おうが、納得してくれるはずも有りません。
それまで何十万もの買い物をしてポイントを貯めて来たのに、この仕打ち…
それからマツキヨさんで買い物はしなくなりました。

こういうのって、ダメでしょ?
ガッカリしますもんね。
マツキヨで学習しましたので、それ以降買うお店を決めて買うようにし、カードはTポイントカードとポンタカード、その他は有効期限の無いカードしか作らないようにしています。
カードを勧められても、有効期限が有ったら、どんなにお得なカードであっても作りません。

もう傷付きたくないんです!(乙女かっ!)

冗談はこの程度にして。
とにかく、途中でバッサリ打ち切るようなサービスは最初から作らないで下さい。
カード入れを膨らましてくれるだけで、結局サービスが受けられずに打ち切るなんて、迷惑過ぎます。
これは、各方面にお願い出来ればと思いますm(__)m

ということで、100円寿司は半引退をしていた我が家ですが、今回でハッキリと引退したいと思います。
勢いの有った当時は本当に楽しませて頂いた100円寿司でしたが、個人的には、もうこの値段で納得してもらうのは難しいと考えているんですね。
私も、値段が高くなるのは仕方ないとして、ある程度のレベルのものが食べたいな~という年頃になって来たようです。

いや、もうとっくにジジイですが(≧∀≦*)

あっ、そんなことより…
100円寿司だけではなく、回転寿司自体引退しなければならないような事件が有りまして。
私のお気に入りのお店で、ゴニョゴニョってしまい…
ナマモノですから有ってもおかしくないとは思いましたが、私のところに来るとは。
このお話はまたいつか、機械が有りましたら。

北陸富山回転寿司かいおうさんでは有りませんので、念のため。

| 寿司・回転寿司 | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【回転寿司】回転寿司卒業

初めて回転寿司に遭遇したのは数十年前。
船橋の習志野台に「三味寿司」というお店が有りまして、一度食べて虜になりました。
それからというもの、多少のブランクは有りましたが、ずっと回転寿司ファンだったことは間違いございません。

回転寿司の歴史を書きますと長くなります故、ここでは省きます。
途中で100円寿司が出来て、グルメ寿司と言われる分野も出来ました。
「B級グルメというからには、まずは100円寿司ですよね」ということで、100円寿司が開店してから数年間は、そちらを中心に活動。
多い時には、週に4回食べておりました。

その後、100円寿司に限界を感じまして、100円寿司以外のお店に目を向けました。
私はどちらかというと個人店が好きなんですが、個人の回転寿司店というのはあまり無いし、チェーンでも充分にお得で美味しいお店が有りますので、主に色々な地域の「○○○」というチェーンを回って楽しんでいたんですね。

某松戸市内の回転寿司チェーン

よく通うお店ですから、いつも通りのネタ(タネ)をお願いして食べていましたら…
このお店には「店長(一番の板さん)が居る所」という場所が有りまして、いつも優秀な板さん(社員さん)が陣取り、お店全体の雰囲気を作り出しています。
通常は、その板さんの前に座れたらラッキー♪ということですね。
もりいち松戸東口店で言えば、奥から3・4番目位の席でしょうか(^^)
この日はその席に座る事が出来たのですが…

何皿か頂いて、フッとその板さんを見ると、自分の周辺に大量の寿司を握り溜めています。
「あ、これからダーッ!と豪快に流すんですね」と思ったら、そうではないらしい。
一旦手を止めて、別の事をしたと思ったら、今度は別のネタを握り始めました。
うちの嫁も、心配そうに見ています。
「すっ、すみません、前に握ったの、乾いちゃうんですけど…」という突っ込みを夫婦揃って入れたくなりましたけど、我々は素人です。
いくら調理師とはいえ、寿司に関しては全くのド素人。
もしかしたら、放置することによって熟成されるとか、そういう我々が知らない技が有るのかも知れません。
と思いながらも、その放置皿は食べませんでしたが(^^;

ちょっと脱線します。

例えば学生の頃でも、友達のA君がB君のことを悪く言うとしますよね。
一般的には、友達がそう言っているんですから、真に受けて一緒にB君のことを悪く言わないにせよ、一応警戒はしますよね。
「出来れば面倒な事に巻き込まれないよう、あまり親しくしない方が良さそうだな」と。

でも、私は、それは嫌なんです。
A君はB君に何かをされたので、悪く言ったんだと思います。
それは、B君が実際にそう思ったんですから仕方がありません。
何かされたのも事実なんでしょう。
でも、私は何もされていませんよね。
嫌がる事を何もされていないうちから、B君に対して(誰に対しても)先入観を持って接したくないんです。

これ、「私がモーレツに面倒臭い奴」って発表するようなもんなんですけど…

この話は食べ物に関しても一緒で、初めて食べる物の場合、「これ、美味しいから食べてみて!」って勧められるのは苦手です。
「美味しいから食べて」ということは、もう「美味しい」が前提になっている話で、私が食べた後の感想が限られてしまいますよね。
人間関係を崩すつもりが無ければ(笑)
「美味しいから食べて」と言われたら、「美味しい」としか言えません。

「美味しいから食べて」と言った人は、実際に食べて美味しいと思ったから、「美味しいから…」と私に言ったんでしょう。
きっとそれは、事実だと思います。
しかしその「美味しい」は、その人の「美味しい」であって、私の「美味しい」ではない。
私は、実際に私が食べて美味しいかどうかを自分で判断したいので、「美味しい」という先入観でその食べ物を見たくないんです。
ほら、面倒臭い人間でしょ(≧∀≦*)

何が言いたかったか。

このお店に対して、今まで色々な噂を聞きました。
実際にそういった事件も有り、謝罪文も拝見しています。
生ものを扱うお店ですから、いつかこういう日が来るかも知れないという予想もしていました。
実は、帰宅してトイレで苦しむことになってしまったんですね。
これまでは、先入観無しにこのお店に通って楽しませて頂いていたわけですが、実際に私に起こってしまいました。

実はこのチェーン、ここの所、「あれ?」っていう日が何度か続いたんです。
鮮度がいつもと違うと。
ですから、「やっぱり来たか」という感じで、特別びっくりもしなかったんですけどね。
長年食べ歩いていますと、どんなジャンルのお店でも、こんなことは結構有りますから(笑)

特別、今回の事が「大きな原因」というわけではないんですね。
ここの所、回転寿司自体に限界を感じてしまったと言いますか。
このチェーンも最近メニューを変えたんですが、事実上の値上げです。
ボリューム感もなくなりましたし、「こんなネタも出すんですか?」っていうお皿も見ます。
結局今回のことは引き金になりましたけど、時間の問題だったと思います。

私が、「もう絶対に行かない」という性格で無いということは、ヘビーユーザの皆様でしたらご理解頂いていると思います。
これを書いているのはかなり後で、実際にもう他店舗に行っていますからね(笑)
「本当にどの店舗もネタが落ちたのか」を確認しに行きました。
これからも回転寿司にはお世話になります。
しかし、このチェーンに行く回数はガクッと減ると思います。
回転寿司でお世話になるとしたら、もりいち松戸東口店ですかねぇ。
これからは、寿司を頂く場合は、個人店が多くなると思います。

あ、孫でも出来たら100円寿司に行くと思います(^-^;

とにかく、回転寿司巡りは卒業致しましたm(__)m

>> Read More

| 寿司・回転寿司 | 09:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【回転寿司】もりいち松戸東口店で青皿三昧

先日〝岩本乃蒼で朝ご飯〟なんてことを申しましたが、同じく日テレのZIP!に出ている曽田茉莉江さんが可愛いと評判です(どこで?)。
特に今の髪型がモーレツに素晴らしく、似合っているので、このままずっと今の髪型で居て頂きたく、宜しくお願い致します。

っていうか、

息子の嫁になってくれませんか♪

今日のこの発言は、無かったことにして下さいm(__)m

さて。
〝背中にドカドカ事件〟の後は以前より行く回数が減ったもりいちですが、このお店はそんなドカドカを忘れさせてくれるほど我が家の味覚に合っている回転寿司店で、暫くすると「また行きたい」と思ってしまうんですよねぇ。
というよりも、「一度辛い体験をしてもすぐに忘れてまた同じ事を繰り返すあんぽんたんな私」という言い方も出来ますか。
あ、そういう言い方しか有りませんか(;^_^A

ま、美味しければまた行きたくなるというのがB食魂でしょ(`・ω・´)

もりいち松戸東口店

あの事件から「この席とこの場所を避ければ無問題」と学習しまして、その学習を生かし、有意義な〝もりいちランチ〟を継続して来たわけですが…
なんとこの日は娘が同行で、時間指定で送って行かなければならず、とにかく時間が無い。
こういう日に「こちらへどうぞ」と〝ドカドカ地帯〟に誘導されたら、断れずにそのまま座るしかないなぁ…なんて思いながら入店すると、案の定ドカドカ地域が空いている。
それも、ドカドカの一番酷い〝魔の三角地帯〟へ座ることに…(T_T)

もりいち松戸東口店

もりいちのカウンターは、手前には板さんが入らないから細くなっていて、板さんが握っている位置まで行くとカウンターがちょっとだけ広がり、その幅のまま奥まで繋がっています。
〝魔の三角地帯〟というのは、向かって右側の、板さんが居るちょっと手前の膨らんだ部分で(カウンターが太くなる丁度その曲がった場所)、その場所だけ斜めに座るんだけど、そのカウンターのカーブの分だけ後ろの壁も曲がっていればいいのに、後ろの壁は直角に切ってある為、その席に座ったお客さんの背中と直角に切ってある壁の距離は、もりいち松戸東口店の中でも一番狭い場所になっているんです。

もりいち松戸東口店

初めての方に何がドカドカなのかを説明しますと、その、もりいち松戸東口店で一番狭い空間を、奥で食べ終えたお客様が通り、トイレへ行くお客様が通り、皿数を数えるスタッフが通り、たまには奥で作った皿を運ぶスタッフが通るという場所で、誰かが通る度に背中にドカドカ当たっていく席なんでございます。
皿を取って「さぁ食べようか」と口に持って行くとドカッ。
お茶を飲んでいるとドカッ。
回転寿司の食事時間なんてたいしたことないわけですけど、その短い時間とにかく何度もドカッと来る。

もりいち松戸東口店

これには、解決策が有ります。
・私が痩せる - 多分、体の厚みを10センチ程度にすれば今より緩和されると思います(笑)
・そこに座らない - これが一番の解決策です。これ以上のものは無いと思います。前回の繰り返しになりますが、向かって右側の三角地帯とその手前には座らず、出来れば左側奥に座ること。

ありとあらゆる回転寿司に行っては思うんですよ。
やっぱり、もりいちは美味しいなぁ~と。
商品(お寿司)のトータルバランスが凄くいい。
その日の目玉商品が必ず有るし、その日によって酢飯の調整が絶妙だし、長居する人が居ないから回転が良く、全体的なクオリティが高い。
板さんの人柄が良く、面白い(^^)
その上、「席が狭い」なんて言ったらバチが当たるっていうもんですよね。

こちら側が気を付けて利用するならば、もりいちはイチオシと言って良いお店だと思います。

ご利用は計画的にm(__)m

【もりいち 松戸東口店】
住所 千葉県松戸市松戸1178 小松ビル1F
電話 047-365-9104
時間 11時~22時
定休 年中無休
駐車場 無し(駅前なので近くにコインパーキングがたくさん有ります)



| 寿司・回転寿司 | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【回転寿司】うおまるで蟹汁おかわり

母が今年「要介護5」になりまして、要介護度で一番になりました。
普通は「そろばん一級」なんていうと喜ばしいことなんですけど、要介護度が一番上ということは、「何も出来ない状態」ということであって、とても喜ばしいことではございません(;^_^A

ここからがまた、大変な時期でして…(+_+)

気晴らしをするにも、どうして良いやら、食べ歩きをしても、それがいったい気晴らしになっているのやら解らない状態ですが、しかし外に出ない生活というのは精神衛生上良くないので、時間の有る時は外出するようにしています。
毎日母の方へ行くと、「どよーん」とした気持ちにはなりますけど。
でも自分にカツを入れて頑張っております。

さて、娘が来ると回転寿司という我が家。
今回は若い頃からお世話になっている「うおまる」です。

うおまる

このお店の「今日のお味噌汁」は二種類程度用意されていまして、本日は蟹汁をチョイスしました。
なんと、おかわり自由です(^^)
見た目だけでなく、出汁が良く出ていて美味しい!

うおまる

この日はしっかりと〆た感じのしめさばでした。

うおまる

女性陣はいつものカニ味噌。

うおまる

おっと、注文と違うものが来ちゃったかな。
でも細巻きは大好きなので、頂いちゃいます♪

うおまる

まぐろ三貫は美味しかったですねぇ。
これはお得です(^O^)

うおまる

今も貧乏ですが、若い頃はもっと貧乏で、それでもお寿司が食べたくてこのお店に来ていました。
食べていたのは、専ら安い皿。

うおまる

「安い皿」と書いて気付いたんですけど、私は今でも高い皿は食べないですね(爆)

うおまる

これっ!
これですよ。
マヨラーの私は、ツナをメインで食べていました。
若いから枚数行きますからね。
10枚食べたとしたら、5枚はツナだったと思います。
嫌なお客ですよねぇ。
お寿司屋さんに来て、生もの以外をメインに食べるんですから。
でもね、お金が無い状態で満足するには、それしか無かったんですよ。
お店への謝罪も含めて、今はたまに高いお皿も頂くようにしています。
ホント、「たまに」ですけれど(^-^;

いや~、今日も美味しく頂きました(≧∀≦*)

ご馳走様でしたm(__)m

【うおまる】
住所 埼玉県三郷市鷹野4-298
電話 048-956-8680
時間 11時~22時
定休日 無休
駐車場 有り

≫うおまるホームページ



| 寿司・回転寿司 | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【回転寿司】すし勢我孫子店でまったりとランチ

まったく、シルバーウィークなんて誰が考えたのだろうか。
子供が小さかったら絶対にどこか連れて行かなければならず、我が家のような貧乏家庭には迷惑な話である。

我が子が皆成人になってからで良かった(^-^;

すし勢我孫子店

じゃあ、初老の夫婦が大型連休を何もせずに過ごすのかというと、そんなことは出来やしない。
何か嫁をちょっとでも楽しませなければいけないと考えるのが、一般的な旦那だ。

すし勢我孫子店

しかしこの歳になると、出掛ける場所も限られて来る。
歩かない、列ばない、遠出しないという嫁の場合は、もっと限られる。

ということで、我が家のレジャーは「食べ歩き」になっている。

すし勢我孫子店

食べ歩きをしているのに「歩かない」というのは、デブまっしぐらということだ。
我が家もその定義に沿ってデブまっしぐらになっているのだが、今の所さほど嫁は気にしていないようである。

本当は、とっくに気にしなければいけない体系なのに(両方とも)。

すし勢我孫子店

前に書いただろうか、私は回転寿司に通うようになって〝痛風〟というものになってしまった。
今の所は「焼酎をメインに飲み物を決める」のと、「水を毎日1.5~2リットル飲む」ということで何とかやり過ごしてはいるが、何れはザイロリックだのベネシッドだのというものにお世話になるのだろう。
今まで数十年、ずっと食べ歩きを趣味として来た私が、今更それを止められるわけがない。

寿司は旨いのだ。

すし勢我孫子店

さて、こちらの「すし勢」というお店。
ずっと前から気になっていて、週末は必ずと言って良いほど行列しているから入れなかった。
今は以前より行列が少なくなった為、昨年初めて入ってみたところ、その日は新人さんの前に座ってしまったので、非常に残念な思いをした(あまりにもまごまごしていて、気の毒で見ていられなかったというのが正直なところ)。
あれから一年以上経ったので、何か変化が有ればと訪問してみたというわけ。

すし勢我孫子店

このアボカドは頂けなかった。
はっきり言うと、商品として出してはならないというレベル。

以前も感じたことだが、このお店はプラス面とマイナス面の落差が激しい。
前回は、寿司はほとんど満足したのに、スタッフが全く頂けなかった(我々の座った席だけだったと思います)。

すし勢我孫子店

今回は、カウンターで握っている板さんは良いのに、奥が良くなかった。
この他にも巻物や、奥のスタッフが作っていうお皿も頂いたわけだが、仕事がイマイチ。
アボカドの鮮度も気にしない、巻物の作り方も残念という、百円寿司と何ら変わりが無いレベルだったので、きっと奥はアルバイトなのだろう。
ネタや板さんが素晴らしいだけに、非常に勿体ない。

前回一月に頂いたしめさばは、わりとしっかり目に〆てあったが、今回は生さばっぽく、トロっとしていて美味。
蟹軍艦も盛りが良く、海老はきちんとした海老の味がしてとても良かった。
嫁はよく、大好きな海老を食べるとそのお店のレベルが解ると言う。
当たり前だが、生臭いのは以ての外で、逆に海老の匂いや味が薄いのもダメだそうで、美味しい海老はちゃんとした海老の臭味(良い意味で)が有るのだそうだ。
確かに安い回転寿司は、その魚が持っている匂いや味が薄く、若干誇張して言えば、何を食べているのか解らない。
美味しい魚は、その魚が持っている個性を感じるのが当たり前で、それが「旨味」というものの正体なんだと私も思う(強烈な個性は別として)。

今日は板さんが良いということが解ったので、それからは板さんが握る寿司だけを注文することにした。
どれもこれも美味しく、特に〝まぐろ三昧〟や海老・蟹関係が良かった。
勿論、しめさばも。

最近はそれほど列ばない為、マイナス面を考えたとしても、美味しいお寿司が食べられるお店として、また訪問したいと思います。

ご馳走様でしたm(__)m

【すし勢 我孫子店】
住所 千葉県我孫子市我孫子新田白山下9-5
電話 04-7181-8383(予約用は050-5872-9166)
時間 11時~22時
定休日 無休
駐車場 有り



>> Read More

| 寿司・回転寿司 | 12:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>