| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【家ラー】タンメンは家で食べる派です

「家で作れるものは外で食べない」というのが、ポリシーでございまして。
「家で作れるものまで外食したんじゃ~、お金が大変」というのが本音だったりしますが(^^;

痛風発作が出るまでは、一時期回転寿司がマイブームでした。
マイブームって、死語ですか?(笑)
ワタクシ、寿司は握れないんですよ。
おにぎりになっちゃうんです。
角がないと言いますか、丸い感じの握りになっちゃうんですね。
ですから外で食べるしかありません。

あとは、何でしょ。
レバ刺なんかも自宅で食べられませんので(売ってないですよね)、外で食べます。
お刺身(生のお魚)も基本的に外で頂きますね。
美味しい刺身を仕入れるのは難しいですから。

例外として。
ラーメンを外で食べるのは、「勉強の為」です。
中華料理を外で食べるのは、「無難だから」です。
大好きな蕎麦をあまり外で食べないのは、「高くて食べられないから」です(^-^;

幸楽苑の店舗は、最近になって「野菜」という字を付け加えましたよね。
緑色のバックに変えたりして。
きっと売上げに繋がるからだと思ったんでしょう。
外観を直した費用分、売上げが向上したのかは、今後温かく見守るとしまして(福島頑張れ~!)

我が家の場合、ラーメンは食べますが、タンメンは外食しないんですね。
タンメンって、不味く作れないじゃないですか。
適当にお肉と野菜炒めて、スープ入れて味を調えれば、まず失敗はしません。
野菜とお肉の味がスープに出て、実に美味しい♪

我が家の食卓 - タンメン

家で作るラーメンで一番難しいなぁ~と思うのは、醤油です。
醤油ラーメンほど誤魔化しがきかないラーメンは有りません。

試しに、今回のタンメンを味噌味にしたらどうか。
ちょっと物足りないかも知れませんけど、胡麻油なり、何かの油をプラスして若干濃い味噌味に仕上げれば、何となくラーメンっぽくなります。
塩味に関しては、皆さんご承知の通りです。
失敗しようがありません。

しかしこれを、醤油で作ったらどうか。
野菜とお肉を炒めてお水を入れ、中華スープの素を入れて醤油を入れる。
塩だったら炒める際にコショウを入れれば満足のいく味に仕上がりますが、醤油の場合はどうしたって味がまとまりません。
スッカスカ(^-^;
これはいったいどういうことなんでしょうか。

この件を、食文化史研究家の永山久夫先生に聞いてみました(嘘)

もしかすると、これは材料の問題なのでは?
塩と味噌はちゃんと造っているのに、醤油だけちゃんと作っていない??
いえいえ、そんなことは絶対にございません。
醤油だって、手間暇かけてちゃんと作っています。
どちらかというと、塩が一番簡単そう(マテ

まぁ、結論を出さないのが私なので、ここも曖昧にしておきます。
ラーメンを食べる際、日本人が醤油味を一番多く食べているからなのか、味噌と醤油が日本ならではの調味料だからなのか(似たようなものは有りますが)、答えはその辺りに関係しているのかも知れません。
とにかく、ラーメンは醤油ダレが一番難しいと思いますし、上手に出来れば、一番味わい深いように感じます。

ところで皆さん、体調は万全でしょうか。
私は1月から風邪でダウンしております。
3日目ですが、全く治る気配が有りません。

薬、効かねぇ~~~~~(。-д-。)

| 家ラー | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【家ラー】豆乳でなんちゃって豚骨ラーメン

レコードの話ばかり書いていると、「おいおい、料理の方はどうなっているんだ」なんてお叱りを受ける場合が有るんじゃないかという危機管理能力がムックリと立ち上がりまして、こりゃちょっと宥めないと。

まだ若いんだねぇ。

いつもの醤油スープを作る際に、お水を(半分程度)減らして、代わりに豆乳を入れるんですね。
お水200mlに豆乳200mlとか、濃さは自分の好きな濃さで良いと思います。
この場合の油は、ニンニク油なんか使うと香ばしく仕上がりますね。
好きな人はスープにすり下ろしニンニクを入れても美味しいと思います。
精力増進作用が有りますので、後でまた宥めなければならなくなりますが。

調味料はいつも通りです。
酒、味醂、醤油、塩、胡椒、粉末の鶏ガラスープの素、本だし等。
スーパーで100円以内で売っているラーメンスープを使うと、もっと簡単になります(水+豆乳で薄めるだけ)。
そこへニンニク油を浮かせればスープは完成です。

この場合の豆乳は、これを使うと良いです(無ければどのメーカーでも可)
市販の豆乳の中では、一番濃いのではないでしょうか。

家ラー - 豆乳でなんちゃって豚骨ラーメン

このスープ、先程申しました通り、ニンニクのすり下ろしを入れても美味しいのですが、私は豆板醤が一番合うのではないかと思うんですね。

家ラー - 豆乳でなんちゃって豚骨ラーメン

こうやってラーメンが仕上がりましたら、二口程度啜りまして、味を確かめてから豆板醤を投入。
豆乳スープに、投入…
豆乳スープに…
あっ、もういいですか(笑)

見違えるかのように、スープの味が変わります。
新米調理師から、親方の味にまで進化するんです。
あっ、今は「親方」なんて呼ばないのかな(^-^;

体に良いかどうかは別として(きっと良いはず)、簡単に豚骨風味のスープが出来るのは楽でいいですよね(^^)
あ~、また食べ過ぎちゃったっと♪

ご馳走様でしたm(__)m

| 家ラー | 20:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【家ラー】カツカレーつけ麺

前々から「レシピの分量はアテにならない」と言っているワタクシですが、「それじゃ何故クックパッドにラーメンレシピ載せているんだ?」という疑問を自ら投げかけている理由は、他人にそれを言われたくないからです(マテ
クックパッドへのアクセスが徐々に伸びているようで、本当に有難うございますm(__)m

昔から、私のレシピは人気が無い(爆)
「これ、どうやって作るの?」って聞かれて答えると、「うわー大変なんだね」で終わってしまう事がほとんどです。
多くの材料をみじん切りにして2日寝かせるタレとか、結構手間が掛かるものが多いんですね。
クックパッドで人気が有るメニューというのは、手間が掛からない簡単料理なんですよ。

私的には、「美味しいものを手間を掛けずに簡単に作ろう」というのは、魔法か何か使えないと無理という気がするんですよね(^^;
だって、料理って、一手間加えるから、より美味しくなるんでしょう?

カツカレーつけ麺

手間を掛けることって、そんなに難しいことではなく、むしろ簡単だと思うんですよ。
特別な技術を要するのではなく、ただ手間を掛けるだけなんですからね。
それよりも、何年も修行しなければ会得出来ない技を見せろって言われる方がよっぽど難しい。
そっちの方が、私には出来ないです。

ですから私の料理のレシピは、たったの1分や2分で出来るような簡単レシピではなく、どちらかというと30分は掛かってしまう料理ばかりだと思います(手早にやれば20分程度でしょうか)。
その一手間をサボったが為に間が抜けた味になるならば、私は一手間掛けたいんですよね。
今回のカツカレーつけ麺にしても、カレーのルーだけではなく、ちょっとスパイスを自分好みにプラスすると、更に美味しくなります。
その一手間を省略したいとは思わないんですよ。

カツオ出汁をたっぷり利かせました。
これも一手間。
その和風出汁とカレーのスパイスのマッチングがモーレツに好きで、たまに食べたくなっちゃうんですよね~。
今回はカリッと揚げたトンカツをつけ汁に入れてみました。

カツカレー、最高!!(≧∇≦)/

>> Read More

| 家ラー | 15:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【家ラー】煮干ラーメン本気モード

家ラー - 煮干ラーメン本気モード

先日メチャメチャ煮干系ラーメンが食べたくて、でも食べたらホニョホニョ~って感じだったので、自分で作ることにしました。
普通は外で優しい煮干ラーメンを食べてもそれはそれで結構楽しめるんですけど、その日はホニャララヘニャララと(爆)

家ラー - 煮干ラーメン本気モード

これ、普通の人はそう思わないらしいですね。
普通の「煮干好き」ならば、優しい出汁のラーメンを美味しく頂いて納得するらしい。
でも私の場合は「超煮干好き」で、その日は特別に「煮干ガッツリ」な気分でしたから、ちょっとやそっとの出汁ですと「ムキィィィイイヽ(`Д´#)ノ」ってなったりするわけです(面倒臭いヤツで本当にすみません)。

「超煮干好き」というより、「超煮干野郎」って感じでしょうか。
あ、呼び方はどうでもいいですか(;^_^A

家ラー - 煮干ラーメン本気モード

ちょっと濁りが入っている感じの写り。

家ラー - 煮干ラーメン本気モード

でも本当は、もっと澄んでいます。

家ラー - 煮干ラーメン本気モード

こうすると解りますでしょうか。
結構澄んだ感じのスープです。

もうね、煮干の香りしかしません(笑)
家中煮干の香りだらけで、ねくさん風に言えば「異臭騒ぎ」です。

昔は、こういうラーメンが大っ嫌いでね。
「味噌汁喰ってんじゃねーんだっ!」とか、「スープを取る時には、普通、バランスを考えて取るんじゃないんですか?」って思っていました。
でも、〝東京らぁめんちよだ〟に通うようになって、お手伝いをするようになって、毎回スープの出来なんかを見るようになってからというもの、ちょっとやそっとの煮干では満足出来ない体になってしまったわけですよ。

煮干最高!!ヾ(≧▽≦)ノ

そうなったら、もう後戻りは出来ません。
煮干街道まっしぐらです。
そういう街道が有るかどうか解りませんけれども。
「ちょっと煮干入れた程度で煮干ラーメンなんて、あんた、どうにかしてるぜ!」(ブラマヨ吉田風)

こういう驚異的な「ニボラー」が多くなるにつれ、どんどんエスカレートして行いくんですよね、煮干ラーメンが。
で、「普通の調理法」という概念から大きく外れ、「えぐみも旨味のうち」ということになってくるんですよ。
そうしたらもう、猫まっしぐら。
煮干まっしぐらなんですよ、川崎さん(古)

病気ですよ、病気!!

そんな病気の私が、一番煮干ラーメンで好きなのが、煮干中華ソバイチカワです。
もうね、褒める言葉しか見付かりません。
あえて何か言うとすれば、「行列が凄すぎて食べられないよぉ~(T_T)」ということだけです(味とは無関係)。
倍額払いますから、裏で食べさせて欲しい(ルール違反)。

とにかく、何とか口に入れられませんか、川崎さん(違)

行列する者が酬われる♪

話は一瞬変わりますが、お願いですから、1玉200円でもいいんで、どこかのメーカーから煮干ラーメンに合う麺を出してくれませんでしょうか。
現在市販されている麺のほとんどが合わなくて困っています。
ホント、300円でもいいですから。
でも、50円だったらもっといいです(マテ

煮干中華ソバイチカワをご存じ無い方に、データを載せておきますね。
この店を語らずに、煮干ラーメンは語れません。

【煮干中華ソバイチカワ】
住所 茨城県つくば市天久保2-9-2 A101
時間 11時30分~80食限定(ほとんど14時前に売り切れ)
定休日 日曜日(不定休有り)
駐車場 有り



毎日もの凄い行列らしいです( ゚Д゚)ウヒョー

| 家ラー | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【家ラー】ラーメンにもやしは合うのでしょうか

いや~、やっと車が来てまともに仕事が出来ますよ~(^^)
今度の車は、エアコンがガンガン効きます。
今週はめっきり涼しくなりまして、エアコンなんて全く必要無いですけどね(笑)
もう夏も終わりですねぇ。

涼しくなってからこういう写真もどうかと思いますけど。

家ラー - 自家製簡単つけ麺

いくら涼しくなっても、美味しいものは美味しいですよねぇ(o^_^o)

【ラーメンにもやしは合うのか】

みそラーメンには合うと思います。
有ってもどけたくなりませんから。

では、塩ラーメンはどうか。
スープの質にもよりますが、どけてもいいかな。
いや、最初から無くてもいい。
もやしが塩ラーメンを美味しくするとは思えないから。

醤油はどうか。
個人的には、全く必要有りませんね。
もやしそばのように、あんかけになっているならば良い。
というか、それは大好き。
でも、茹でもやしをただトッピングしてボリューミーに見せるならば、要らない。
もやしって、結構匂いにクセが有りますからね。
スープをダメにする可能性が有ります。
よって、要らない。

え?
そんなことを書くと、また二郎好きな人から責められるって??
いえいえ、二郎はラーメンでなく、「二郎」っていう食べ物だと聞いていますよ。
ですから今回のお話とは無関係でございます、はいm(__)m

私は数えるほどしか二郎という食べ物を食べたことは有りませんが、しかし、あんなにもやしが合うラーメン(ラーメンだと仮定して)って無いんじゃないでしょうかね。
嫌味に感じないんですもの。
理由は、あの背脂の甘さとパワーに有るのでしょうか。
もう食べられない体になってしまいましたけど、あれ以上のインパクトの有るラーメンは、この先出て来ないんじゃないかと思うほど、初めて食べた時は感動しました。
ファンが多いのも頷けます。

とにかく、普通のラーメンにもやしが合うとは思っていないワタクシ。
じゃあ、何故自分で作るラーメンにもやしをトッピングするのか。
それは、「体」と「値段」でしょうか。

値段はとにかく安いですよね。
1袋10円しない時も有ります。
それを丸々1袋トッピングすると、ボリューム感がメチャクチャ有るのに、10円しかかかっていません。

もやしを野菜だと仮定すると、何となく体に良いような感じがします。
「ラーメンに野菜をトッピング」
こうやって書いただけで、何となく体に良さそう。
元々大豆もやしという豆なので、食物繊維が豊富で、本当に良いのだと思います。

そう、安くて体に良いから、トッピングしているんです。
本当に食べたいのかと言われたら、絶対にそんなことは有りませんので。

好きなんですよ、ホントに。
でも、あの茹でただけのもやしはちょっと…
調理してあるもやしは、モーレツに好きです。

じゃあ、どうして茹でただけのもやしをトッピングしているのかというと…
歳だから、塩分等も気にしているわけですよ。

じゃあ、どうしてこんなにつけだれがしょっぱいのかというと…
しょっぱくなきゃ美味しくないでしょう!(マテ

言い訳に統一性が無くなったところで、今日はこの辺で (^-^)/~~

>> Read More

| 家ラー | 11:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【家ラー】定休日なのに麺屋花形行っちゃった(^^;

前日に麺屋花形の池澤さんとLINEで「裏メニューがどうこう」と話をしていて、「よし、明日はそいつで♪」と行く気満々でお店の前まで行って、定休日と気付きました(爆)
たまに行くお店ではこういうことが多々有りますが、麺屋花形は行く前に気付くべきでしょ> 自分
やっぱりボケて来てんのかなぁ(;^_^A

「今日の昼はつけ麺だ!」って思ったら、もうつけ麺食べないと気が済まないですよね。
そう思って行ったら定休日で、「お店が休みだからしょうがないか」って諦めます?
私は絶対に無理。
だって、頭の中がつけ麺でイッパイなんですから、変更は無理です。
もう体の隅々までつけ麺モードなんですよ?
その状態で諦めるなんて、もう精神が神の域じゃないですか。

私には無理!(`・ω・´)

家ラー
焦がしネギつけ麺 287円

しょうがないので、家に戻って作りました。
長ネギを焦がすまで油で炒めて、つけだれを作ります。
トッピングは、ほうれん草、キクラゲ、本当は茹でただけのモヤシなんか美味しくないから食べたくないけど野菜を食べないといけないと思ってモヤシ。
前日に作ったチャーシューは、つけだれの中に入っています。

やっぱ、細麺で作るつけ麺は美味しいや(o^_^o)
というか、好みです。
歳とって思ったんですけど、年齢によって好みって変わりますよね。
もうある程度以上太い中華麺は、美味しく感じなくなって来ました。
特に低加水で太麺は全く受け付けません。
美味しいと思えないんですよね(^-^;
あぁ、歳はとりたくないなぁ。

数年前から、あっさりスープを研究しておりまして。

家ラー

この程度ですと、まだまだ。
本当はもっと透き通ったスープが作りたいのです。

家ラー

こっちの方が近いでしょうか。
私は塩ダレを作る時に〝白醤油〟を隠し味に入れるんですが、そうするととっても美味しく仕上がるんですけど、色が濃くなってしまうのが難点なのです。
理想は「真水のように透き通ったスープ」なので、濁る素材は使いたくないんですね。
かといって、粉末のスープで誤魔化したくない。
もうね、大量に材料を使い、ガラのアクを極限まで取り去り、低温で長時間炊かないと無理かなという所までは来ているんですね。
頭の中では出来上がっているわけですが、それを実際に作って、誰に食べて頂こうかと。
考えている材料で作ると、50人前以上は有りますからね(笑)
少ない量で作っても良いものは出来ないですから。

年齢を問わず「美味しい」と言って頂けるラーメンを作るのが、私の目標です。

| 家ラー | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【家ラー】お土産用の勝浦タンタンメンを食べてみました

嫁が職場の人からお土産に頂いて来ました。

お土産用の勝浦タンタンメン

私は中華料理を一番長くやって来たので、担々麺と言えばこういうものしか浮かびません。

自家製担々麺
自家製担々麺

青梗菜が何故必要か疑問に思っているものですから、我が家の担々麺はトッピングしません。
というか、家庭で作る場合はあまり基本的なことは考えてないですね。
有るもので作ると(^^)
しかしながら、「基本的にこれだけは必要」というものは有ります。
・スープは塩味でも醤油味でも良い
・芝麻醤を使う(または胡麻ペースト)
・唐辛子系の辛い素材を使う(ラー油等)
・長ネギを使う
・有ればザーサイを使う

さて、勝浦タンタンメンはどういうふうに作るのか。
箱の裏側を見てみます。

【1人前のお召し上がり方】
ご家庭で用意するもの
・玉ねぎ1/2(1cmにカットし事前に電子レンジで温めておく)約70g
・豚挽肉 約30g
・長ネギ 適量

作り方
1.熱したフライパンに油をひき、豚挽肉と玉ねぎを炒めます。
2.具材に火が通ったら、水270mlを入れ沸騰したら火を止め、スープを入れてください。
3.大きめの鍋に麺1袋あたり2リットルの水をよく沸騰させ、強火で30秒、中火で1分程麺をゆがいてください。
4.ゆがいた麺だけを器に移します。
5.麺を入れた器に2.で炒めた具材とスープを移します。
6.ラー油を入れ、長ネギをトッピングすれば美味しくお召し上がれます。


お土産用の勝浦タンタンメン

箱には〝熱血!!勝浦タンタンメン船団監修〟と書かれているんですが、勝浦タンタンメン船団というのがそもそも解らない。
で、検索してみましたら、こういうことなんだそうです。
このページに「勝浦タンタンメンとは」という説明が書かれていました。

『勝浦のタンタンメンは、当地の海女さん・漁師さんが寒い海仕事の後に、冷えた体を温めるメニューとして定着してきました。メニューの特徴は、通常のゴマ系と違い、醤油ベースのラー油が多く使われたラー油系タンタンメン。具材はミジン切りの玉ネギと挽肉が入ることが一般的で、お店によってニンニク、ニラ、ネギが入ったり、スープも味噌ベースのお店もあったりと各店が特色を生かしたメニューを提供しております。』

なるほど、定義というのはわりと自由で、その人なりに解釈してもいいみたいです。
作っている横で嫁が「芝麻醤は入れてね」とうるさいので、私なりにアレンジしてみることにしました。

【アレンジ内容】
・作り方2.で書かれているように「沸騰したら火を止め」てしまったらスープが冷めてしまうので、スープ作成と麺を茹でる作業は並行して行いました。
・この麺の作り方ですと合計1分半は茹ですぎなので、私は40秒にしました。
・茹でた麺を丼に入れてスープを注ぐ数秒前に、スープに芝麻醤を入れて良く混ぜてから、スープを注ぎました。
・スープにもやしも袋半分入れました。
・スープは270mlだと少ないので、2人前でスープ3人前を使用(ラー油も3人前使用)。
・スープに若干奥行きが足りないので、調味料を足しました。
・トッピングは写真のような白髪ネギでなく、普通の小口切りにしました。
・辛さが足りないので、ラー油を足しました。

お土産用の勝浦タンタンメン

何だか原形をとどめていないような感じもしますが、美味しかったので結果オーライ(^^)
麺は細すぎるので、40秒でも辛かったかも。
もう少し太い、中太麺でモチモチ感を出した方が美味しく感じたかも知れません。
ただこれ、芝麻醤と調味料足した時点で四川風に近付いていますから、基本通りに作ったらこの麺で良いのかもですね。
それにしても1分半は茹ですぎでしょうけど(^^;

近場で勝浦タンタンメンを提供しているお店って有るんでしょうか。
有ったら一度、本物を食べてみたいなぁ。
本当のバランスで食べてみたいです。
こういう土産物ってほとんど本物とは違いますし、この作り方の説明、日本語変だし(笑)
この説明通り作ったら、スープは冷えてるし麺はノビノビだしで、泣きたくなると思いますよ(^-^;

あ、芝麻醤無くなったから買ってこないと♪

| 家ラー | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>