| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ラーメン新店】らーめんあさひであさひ醤油とチャーシュー丼

のぶちゃんの会社の知り合いに、この界隈から通っている人が居て、その人からの情報だそうです。
結構通る道なのに、全然気付きませんでした(;^_^A

のぶちゃんも思ったそうなんだけど、「麺あさひ」の関係なのかな?って、ちょっと期待したんですね。
でも加藤さんがオープンしそうな場所でもないので、期待はちょっとだけにしましたけど(^^)

行く前に検索してみると、出来たばかりのわりにはファンが居るようです。
Googleレビューには既に投稿が3件有り、★★★★★が二人で★★★★が一人。
これって、かなり高評価ですよねぇ。
やっぱり期待大!(≧∀≦*)

私の前に男性一人客が入り、我々は二番目。
その後、カップル一組と若い男性客が一人。

らーめんあさひ

一番目のお客さんは「麺硬め」のコール。
二番目の我々はカウンターの上に食券を置きます。
L字のカウンターで、奥から一番目のお客さん、四番目のお客さん、三番目のカップル、二番目の我々という順番に座ったということになります。
開店したばかりでまだ厨房にも慣れていないせいか、ワサワサしながら一番目のお客さんの一杯を作成。
どうやら一組ずつ作成していくらしい。

さて次は我々かなと思いきや、四番目に入ったお客さんの食券を確認。
ここで誰もが思う「まさか…」。
そうです、このお店は「入った順番」は無関係で、「列んでいる順」に作っていくらしいんです(^-^;
「いや、そんなはずはないよね、もしかしたら間違えただけかも?」という期待はどこへやら。
次に作ったのは三番目のカップルのラーメン。
二番目に入った我々は、一番最後になりましたm(_ _)m

らーめんあさひ
あっさり中華(+玉子) 600円

らーめんあさひ
あさひ醤油 600円

らーめんあさひ
チャーシュー丼 300円

麺は「インスタントのウェーブに似た生麺」という感じ。
カリフかな?
かえしは、自作なのか業務用なのか判断出来ませんでした。
チャーシューは切り置き臭が強めで残念。
他のトッピング関係も、自作っぽい感じでした。
この方、もしかすると完全な自作派出身なのかも知れませんね。
動作を拝見しても、どこかでやっていた方ではなさそうでした。

ラーメン自作派の人が出店したとなれば、応援したいですねぇ。
もう満点評価を付けている人がいらっしゃるんですから、これからお客さんがどんどん増え、今後が楽しみになっていくお店ではないかと思われますが、いかがでございましょうか。
開店してまだ日が浅く、柏+のshoooojiさんもまだ載せていないのに「味噌ラーメンがはじまりました」と書いている人は、きっと常連さんに違いありませんもの。
既に何回も通っていらっしゃるのでしょう。

この奇妙なオペレーションが普通のお店のように変わり、ラーメンの味もかなり進化して落ち着いた頃に、また伺ってみたいと思います。

ご馳走様でしたm(__)m

【らーめんあさひ】
住所 千葉県柏市豊四季258-42
電話 不明
時間 11時30分~14時・17時30分~21時
定休日 月曜日
駐車場 有り(隣に数台分)

>> Read More

| ラーメン | 18:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ラーメン】くらまで正油ラーメン

前日の昼食が大失敗だったので、今日はシミジミとしたラーメンでリベンジ!

ということで、本日訪問したのは「くらま」です。

ラーメンくらま

開店当初は「?」と感じたスープも、暫くして落ち着いた感じのスープに仕上がり早十数年。
その間、柏市でやった[ラーメンなんとか}で入賞されたそうで。
あの企画は私的に思う所が有った為(審査員の人選や候補店のチョイス等の問題)、熱りが冷めるまで関わりの有るお店は避けていたわけですが、昨年頃友達に「ラーメンなんとかはもうやっていない」との話を聞きまして、やっと足を運ぶことが出来ました。
お店もご主人も良い感じに歳を重ねられ、ラーメンにもその年月を感じます。

ラーメンくらま

「ザ・バランス」と(勝手に私が呼んでいる)ラーメンは、この界隈で言うとこの「くらま」さんと「麺ぽーかろぅ」さんでしょうか。
麺ぽーかろぅさんは“和”を感じさせるバランスですが、くらまさんは何といえば良いでしょうか、どこも突き出ていない、全体的に丸みを帯びたバランスのスープで、実にシミジミとしているんですよね。
チャーシューやメンマの味付けも、薄過ぎずしょっぱ過ぎず。
良い意味で、なんにも突き出ている所がありません。

このお店を知っている皆さんは、ほとんど「蒸し鶏」や「塩スープ」が美味しいと言うんですが、ひねくれ者の私が美味しいと思うのは、小麦粉系です。
麺と餃子の皮。
特に私はこのお店の麺が好きで、昔の長八みたいにピラピラで不揃いで、ゆっくり食べても最後までちゃんとコシが残っているのが素晴らしい。
これでつけ麺食べたら美味しいでしょうねぇ(o^_^o)

歳と共に、と言いますか、ラーメンを食べれば食べるほど、素朴なラーメンに還って行く。
そんなことを思った、この日のラーメンでした。

ご馳走様でございましたm(__)m

【くらま】
住所 千葉県柏市豊四季973-4
電話 04-7173-8663
時間 12時~14時(土日祝は15時まで)・18時~22時
定休日 火・水曜日
駐車場 有り





>> Read More

| ラーメン | 08:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ラーメン】横浜家系らーめん春樹イオンモール柏店

新年早々に、喪中でございますm(__)m

横浜家系らーめん春樹イオンモール柏店

葬儀に関係する買い物で、イオン柏へ。
チャチャッと昼を済ませたいと、1階で一番空いているこのお店にしました。
12時過ぎというのに、半分もお客さんは居ません。
こっ、これは…(?_?)

注文してから思い出したんですけど、以前西船橋で入ったチェーン店ですね、ここは(検索すると閉店したらしい)。
だとすると、好みからは外れてしまうかも(^^;

横浜家系らーめん春樹イオンモール柏店
コク辛豚骨 790円

嫁がチャレンジしたのは、コクが有る辛さのラーメンで、コク辛豚骨。
実際はコクは無くストレートな辛さのラーメンで、5点満点で言えば2.5点まで。
玉子の茹で方や、切り置きで臭味の強いチャーシューは食べることが出来ませんでした。
それと、メニュー写真と実際出て来た物のヴィジュアルが全然違いますね(汗)

横浜家系らーめん春樹イオンモール柏店

横浜家系らーめん春樹イオンモール柏店
お得セット「豚骨ラーメン690円+半チャーハン200円」+のり100円

注文する前に「あの西船のお店だ」と気付いいていたら、セットでお願いしなかったのに。
おまけに、のり増しまでお願いしちゃって(爆)

実際に口にして、このお店が空いているのが解った気がしましたが…
まず、ほとんどの店員さんが中国の方で、日本語を勉強されているのは解りましたが、こちらの言っている意味が伝わっているのかどうかが解らず、生返事に聞こえてしまいます。
その証拠に、注文間違いが多すぎ(+_+)
我が家の丼が到着してから何組か入店しまして、あちらこちらで間違いが…
勿論我が家のテーブルにも、餃子が届く間違いが有ったりして(;¬_¬)

肝心のラーメンのクオリティも、ほうれん草はスーパーで販売しているような冷凍ものを水気切らずにのせた感じで、海苔も旨味が無く、チャーシューは切り置き時間が長すぎて臭く硬く食べられず、チャーハンはパサパサでネギが臭く、もしかするとこのネギは昨日から切ってあったのではないかと思われるほど臭いが強いです。
今まで色々なお店で家系ラーメンを頂いて来ましたが(どちらかというと私は家系好き)、これを家系ラーメンと言って良いのかどうか。
いや、その前に、飲食店として日本人の9割は気を付けるであろう部分を、そっくり取っ払ってしまったような、そういう印象を受けました。
日本は鼻が悪い人が多いと言うけれど、臭いには敏感だと思うんですよね。
特に口に入れる物の臭いは、とても気になるわけです。
(麺を持ち上げた時に、トッピングには無いモヤシが1本出て来た時はビックリしました。こういう所、作っている人達は気にならないのかなぁ。新しいモヤシか古いモヤシかも解らないし、焼そばにご飯粒が入っていたら嫌でしょうに)

母体は、日本で企業したい中国人向けコンサルの会社のようですが、以前中国語で書かれたホームページを現在は日本語にし、日本人向けにも宣伝を始めた様子。
でもこのラーメンを食べて「私も加盟したい!」という日本人が、どの程度居るのでしょうか。
日本の食生活におけるラーメンって、相当重くないですか?
ラーメンに長年慣れ親しんだ日本人に提供することを考えると、一番大切なものがぽっかり抜けている感じがしてなりませんでした。

この会社が運営している飲食店名、全部憶えておかないといけないかなぁ。
「ラーメン春樹 閉店」で検索すると、たくさん出て来るんだもの(×_×;)

| ラーメン | 13:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ラーメン】センワ屋で発芽ニンニクラーメンとお弁当詰め放題

開店した当時にのぶちゃんと「どういうお店なんだろうねぇ」と気にしていまして、この辺りに詳しい人に聞くと、株式会社センワという建築関係の会社が片手間に始めたんだという話(あくまでも噂の域)。
その真相を明らかにする為、本日訪問しました。

センワ屋

開店当初はニンニクラーメンではなく、ただのラーメンの幟が立っていたのですが、途中から「ニンニクラーメン始めました!」みたいになって、「ギョエー!ニンニク入っていたらお昼に食べられないじゃないのー」ってことになり、でもよく考えたら「ニンニクラーメンだけじゃなく、普通はそれ以外も用意されていますよね?」と考え直して入ってみましたら、結局ニンニクラーメンしか有りませんでした(爆)

センワ屋
発芽ニンニクラーメン しょうゆ 500円(税込)

この会社は多分、「とにかくやってみよう!」という行動力溢れる会社なんだと思います。
「とにかくやってみよう、それから徐々に進化させて行けばいいじゃないか」と。
私個人としましては、そういうお店、大好きです(^^)

この会社は、発芽ニンニクを自家栽培しているんですね。
丁寧に、丁寧に、我が子のように育てたわけです。
で、それを製品にして売り始めました。
でも製品にしただけじゃまだ足りない、もっとたくさんの人達に食べて頂きたい、じゃあ飲食店をオープンさせて広めようじゃないかと。
ニンニクと言えばラーメンじゃないか。
ラーメンの麺に練り込んでオリジナルのラーメンを作ろう!!(`・ω・´)シャキーン
あ、勿論これはいつもの私の妄想ですからね(笑)

ラーメンの種類は、今回食べたしょうゆ、みそ、とんこつの3種類のみです。
全部麺に発芽ニンニクが練り込んで有ります。
ニンニクが入っていないラーメンは一切有りません。
よって、「これから仕事が有るからニンニクはダメだわ」という人は食べられません。

しかし!

そういう人の為に、ちゃんと別の選択肢が用意してございます。
それが、こちら。

センワ屋
お弁当つめ放題 500円(税込)

予めお弁当入れにおかずだけが入れて有ります。
ハンバーグとか、唐揚とか、ミックスフライとか。
好きなおかずが入っているお弁当入れを手に取り、後ろを向いて保温器に入っているご飯を好きなだけ詰めます。
「イマドキ、スーパーだってもっと安いお弁当がたくさん有るよ」と仰いますか?
いえいえ、ここのお弁当は、これで終わりではございません。
ここからが面白いんです。

なんと、お弁当売り場の大皿にドーン!!と用意されておりますお総菜(約10種類)が、詰め放題なんですよ。
予めおかずが入っているお弁当入れにご飯を入れても、まだお弁当入れには若干の隙間が有ります。
もっと自由な発想をしますと、ご飯やおかずの上部にも空間が有りますね(それこそ無限大に)。
その隙間や上部に、好きな日替りのお総菜を、詰められるだけ詰め、盛れるだけ盛っていいんです。
蓋が閉まろうが閉まらなかろうが、そんな細かい規定は有りません。
それで、税込500円。
ワンコインで、超お腹一杯になるというお弁当なんですよ、セニョール♪

大食い小僧には、モーレツに有難いサービスですよね!(`・ω・´)

お願いですから「ニンニクラーメンの他の選択肢としてお弁当が有るのに、詰め放題のお総菜のほとんどが『発芽ニンニク使用』になっているのはどうしてなの?」とは、突っ込まないで下さい(笑)
それだけ、発芽ニンニクに力を入れているっていうことなんですよ(≧∇≦)b

センワ屋

発芽ニンニクのニンニク味噌、天ぷら、唐揚をサービスして頂いたのですが、店内に書かれているように、ニンニク臭が優しいんです。
貼り紙を読んでみると、数時間で臭味が抜けてしまうらしく、今夜食べても明日の朝には消えてしまうということなんですね。
味はですね、ニンニク好きの私から言わせて頂きますと、好きなだけにやはりニンニク臭が有った方が美味しいかな?とは思いますが、これはこれでホクホクして美味しいです。
いや、今回は揚げて暫く時間が経ったものを頂いたんですけど、揚げたてを食べたらもっと美味しいと思いますよ。
臭味が少なくてパワーを頂けるんですから、こんなに喜ばしいことはございません。

ニンニク万歳 \(^O^)/

とにかくこのお店は面白くて、一度で好きになりました(お店というか、どちらかというと人柄の方ですかね)。
最初はラーメンの幟が立っているからラーメン屋だと思ったら、定食も有るようだったり、今度はお弁当とかお総菜の詰め放題だったり、ニンニクラーメンだったり。
女性は特に昼食でニンニクは食べないんですけど、発芽ニンニクを広めたいという気持ちからか、ラーメンはニンニク入りしか無い。
そこが潔いというか、実直というか、誠実さを感じるわけなんです。

当社の発芽ニンニクを広めたい。
でも、最初からニンニク臭の少ないニンニクを使用しているのに、麺に練り込んでいるから余計にニンニクを感じません。
私も色々麺を打ってみましたけど、練り込み麺は、ほとんどその素材が消えてしまうんですよね。
それでも「ニンニク麺しか有りません!」っていうところが、真っ直ぐで気持ちがいいです。

おそらく、料理の世界に居た人ではないんでしょうね。
経験の有る人からのアドバイスも、全く無かったんだと思います。
だからこそ、発想が面白いと思うんですよ。
基礎から料理をやっている人は、その道のセオリーというものが有りますから、何かを考える時にそこからあまり外れません。
でもそうでない人は、どこからでも引っ張れて、どこへでも持って行けるんです。
そういう自由な発想が、食べ歩きが好きな我々を楽しませてくれる、ひとつの要素だと思うのです(o^_^o)

ラーメン好きであれば写真で解りますよね。
スープはおそらく業務用で(味噌も豚骨もメニューに有るのにスープを炊いた香りが無い為)、海苔は結構大きめなのに出て来た時には全部沈んでいますし(私は好きですが)、メンマもまた業務用の味付けのようで、チャーシューは見る写真毎に見た目が違いますからもしかすると買ったものかも知れません。
そして何より、長ネギが斜め切りなんですよね。
こういうラーメンで斜め切りのお店、初めて見たかも知れません。
「調理」という観点から見ますと、こだわっていると思えるのは発芽ニンニクパウダー入りの麺のみ。
でもこのお店、これからどういう方向にでも化けられますから、そういう意味では今後が楽しみなんですよね。

もうひとつ私の好きなところは(好き過ぎて書き切れません)、こちらの店主、「どうしても発芽ニンニクを知って欲しい!皆さんにこのパワーを感じて欲しい!」という気持ちからか、儲けようという気持ちが皆無です。
ラーメンの材料は、作るより業務用を使った方が遙かに原価が高くなりますね。
それに加えて、高価なニンニクパウダーを埋め込んだ麺は1玉単価他店の比ではないのに、ラーメンの値段がたったの500円です。
原価率高すぎですから(^^;
そして発芽ニンニクをふんだんに使用したお総菜が、たった500円のお弁当に詰め放題。
この男っぷりの良さ、もう惚れ惚れするではございませんか。

今のこの気持ちは「壱道」にも感じたわけですけど、あちらよりも「人柄の良さ」という点で、私の「気になってたまらないお店ランキング」1位は、本日、このお店に変更されました。
ちなみに壱道は、今のところ「ステーキ定食1500円」をイチオシ商品としていますが、あの界隈の人達が頻繁にそれを注文するとは思えませんので、きっと次の策を考えるはず。
その時期を見逃さないよう、注意して見守りたいと思います(^^)v

仕事が終わり、そのお店の前を通らずに帰れば近いのに、新メニューが出ているのではないかと気になってわざわざそのお店の前を通って帰るという、そういうことって皆さんも有りますでしょう?
私にとっては、ここがそういうお店なんです。

実は私、さっきこのお店から出て来たばかりなのに、もう「今頃新メニューが出ているんじゃないか」って気になっていますもの(笑)

青葉台周辺の皆さん、要注意ですよ!(≧∀≦*)

ご馳走様でしたm(__)m

【センワ屋】
住所 千葉県柏市青葉台1-24-7
電話 0120-27-1008
時間 11時~14時・16時30分~23時30分
定休日 日祝日
駐車場 有り



>> Read More

| ラーメン | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ラーメン】千成らーめん白井店でタイムトラベル?

面白かったお店、第2弾。
昔はよく通った、千成らーめんでございます。

千成らーめん白井店

千成らーめんの中では、ダントツに回数通っています、このお店。
駐車場があまり広くない為、駐車出来ずに諦めた日も有ったほどです。
結局揚げニンニクで持って行くという実に解りやすいスープなんですが、これがまた良く出来たバランスで、「ガッツリいくぜっ!」という日にはピッタリのラーメンだったんですね。
今でこそ、家系ラーメンチェーンがあちらこちらに出来ていて、ガッツリいきたい日に苦労しなくなりましたけど、当時は今ほどガッツリ系ラーメンが無かった時代でしたから、千成チェーンは重宝しました。

久しぶりに入ってみようという気になり、昼時間をちょっと外して訪問。
車を停めて入店すると、先客3名。
あっ、このお店の経営者が変わったんでしょうかね。
ご家族3人という感じの構成です。
昔は男っ気がプンプンする感じでしたけど、今は家庭的な雰囲気になりました。

なかなかお水もメニューも到着しないので、おかあさんを呼びます。
「すみません、注文をお願いします」
「はい、注文ですね」





あれ?
顔を合わせて「注文をお願いします」と言って受けて頂いたのに、それから全然来ません。
鉛筆削っています。
それから厨房に入り、他の人の注文を受けて、また鉛筆を削ります。
私が振り向いて厨房の方を見ていても、こちらには来る気配が全く有りません。

あれ?
さっきの会話、無かったことになっていますか??(^-^;

時間軸に何か障害が…(;^_^A

この一回りがもう一度有りましてね(本当です)。
3度目にお兄さんに注文をしたら、やっと受けてくれました。
ここまででおかあさん、鉛筆を何度削ったことでしょう(笑)

まぁいいんです。
あの頃の懐かしいラーメンが食べられればそれでいい。

千成らーめん白井店
しょうゆらーめん 650円

あれ?
このお店、ラーメンまで変わりました??
こんなにこぢんまりしたラーメンじゃなかったはずですけど…(;^_^A

千成らーめん白井店
みそネギらーめん 750円

メニューとヴィジュアルが違う…(^^ゞ

皆まで語りません。
多分途中で経営者が変わったのでしょう。
あの頃の千成らーめんでは無いということは確かだと思います。
とにかく、ラーメン1杯注文するのにモーレツに時間が掛かった昼食でございましたm(__)m

こういうまったりした感じの、地域に密着したお店って大切なんですよね、きっと(^^)

| ラーメン | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ラーメン】壱道で壱道ラーメン

前回「面白いお店」としてご紹介しました壱道でございますが、再訪して来ました。
目指すは〝壱道ラーメン〟でございます。

壱道

前回よりも広角でお店をご紹介致します。
右上に「ティールーム メテオラ」という看板が残っていますね。
そう、以前は喫茶店でした。
この「メテオラ」というのは、岩壁の上に建ってるメテオラ修道院そのものというよりは、それを見て同名のアルバムを作った「リンキン・パーク」のファンだったマスターがやっていたお店と考えた方が私的に解りやすいのですが、そりゃ私が音楽好きだからで、本当はメテオラ修道院を見て感動したから付けた名前かも知れません(こうやって想像するのが好きな体質です)。

以前のお店の名前はいいとして、今回は今のお店の名前が冠された一品〝壱道ラーメン〟をチョイスしました。
もうひとつ〝壱道定食 1100円〟というものが有り、オンラインで仲良くして下さっている川口さんが先日食べて来たそうですが、壱道定食はもつ煮込と牛すじ煮の両方がセットされており、もう大食いは出来ない私には辛いので諦めました。
もう歳なので、無理がきかなくなってきております(^-^;

12時前に入り、先客は2名。
テーブル席に座り、壱道ラーメンを注文します。

壱道

〝壱道ラーメン定食〟にすると、プラス180円で半ライスと小鉢が付くそうです。
私はもう、ラーメンと一緒にライスを食べる習慣が無くなりましたので、単品でお願いしました。

壱道
壱道ラーメン 800円

う~ん、実に家庭的な仕上がりで、「おかえりなさ~い」という声が聞こえて来そうな味噌ラーメンです。
メニューに書かれているように「クリーミー」なのかと言われると、クリーミーという基準が解らないので何とも言えませんが、西京味噌、もしくは石野の白味噌なんかを使うと、もう少しクリーミーになるのかと思われます。
見た目も濃いシナチク、シャキッよりもう少し火が通ったモヤシ、固茹で玉子、味噌ラーメンには珍しい若干軟らかめの細麺等、全体的にホッとする家庭の味という印象。

注目は、紅生姜です。
私は紅生姜がラーメンにトッピングされているのが苦手で(味噌ラーメンに紅生姜トッピングは、高根公団の「らーめん寺子屋伍陣」が最後)、豚骨ラーメン(博多ラーメン)にさえ入れません。
しかし、このラーメンにはドンピシャだったんですよ。
むしろ「無いと辛いかも?」と思えるレベルでマッチしています。
これは考えましたねぇ。
素晴らしいマッチングです。

その後、近所の知り合いの社長さん達が入って来まして、私は食事を終えてお会計。
お腹が空いたらいつでも入れて、気軽に食事が取れる便利なお店。
常連さん達は、そういう所が良くて通っていらっしゃるんじゃないでしょうか。

このお店は「壱道」という店名なんですが、お店に向かって右側の手書きメニューには「定食壱道」とも書かれていまして、何でも定食にしてしまうほど定食好きなお店らしいので、次回は定食をお願いしてみようかと思います。
ライスの盛りもいいですし、メニューが多いので楽しめそうです(^^)

ご馳走様でしたm(__)m

【壱道】
住所 千葉県松戸市根木内351-17
電話 047-341-7371
時間 11時~15時・16時半〜21時(土日祝は通し営業)
定休日 水曜日
駐車場 有り(向側に数台分)

| ラーメン | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ラーメン】めん商人南守谷店で汁なし担々麺

友達の〝のぶちゃん〟から
「セブンパークアリオ柏に、土屋アンナが来るらしいですよ~」とか
「流山に、のりピーが来るらしいですよ~」なんていう情報を、棒読みにて頂いたわけですが、GW中のこの地域に、そういう芸能人しか来ないというのがステキです。
記憶に間違いが無ければ、のりピーって、介護の方を頑張るんじゃなかったでしたっけ?
いつの間にか事務所を変えて芸能界復帰。
「雀鬼の桜井章一役は清水健太郎以外認めません」という私ですから、これにつきましても、何もコメント出来ませんがm(__)m

そんなGWが終わり、振り返ってみたら、私はほとんど母の居る病院に通っておりまして。
その他、町会の総会に出たりとか。
自分の用事以外のことで休日を消化しておりました。
楽しかったことはというと、リユースショップで夏服を結構な枚数ゲットしたことと、子供達が母の日のお祝いで御馳走してくれたことでしょうか。

ネタはたくさん溜まっております。
徐々に書きますが、追い付かないかも知れません。
だからといって、誰も残念がりませんけども(笑)

これは、一ヶ月近く前のお話になります。
この日は守谷方面に行っておりまして、生憎の雨ということで長距離移動は避けたかったので、丁度そのリユースショップの敷地内に有ります〝めん商人南守谷店〟で昼食を頂くことにしました。
このお店は、我が家が普通に気に入っている幸村グループのお店で、「いつか機会が有れば…」と思っていました。

〝担々麺フェア〟をやっているということで、そちらをお願いすることに♪

めん商人南守谷店
ゴマダレらーめん 810円(全て税込)

〝担々麺フェア〟なので普通の担々麺を探してみましたが、有りませんでした(フェアメニューの中には)。
多分これが普通の担々麺なんじゃないかな?と予想し、嫁は〝ゴマダレらーめん〟を。

めん商人南守谷店
汁なし担々麺 918円

ちょっと湿度が高い日でしたので、私はこちらの汁無しをチョイス。

めん商人南守谷店
半チャーセット プラス432円

そしてセットにするとお得(?)な、半チャーハンを付けてみました。

幸村グループについての感想は、私の場合、常にひとつしか有りません。
「よく出来ているけれど、値段が高い」
無難に美味しいんですよ、どれを食べても。
これがもう少し安かったら「このお店、いいなぁ~(^^)」ってことになるんですけど、しっかりとしたお値段を設定してくれるので、たまにしか利用しなくなっちゃっています。
値段がこうじゃなければ、結構通っていると思うんですよね、幸村グループ。

〝ゴマダレらーめん 810円〟は、普通だと思います。
〝汁なし担々麺 918円〟も、ネギの切り方はイマイチだし、トッピングの唐揚も硬く冷めていて、カラアゲニストの私が食べられる範囲では無かったけれど、全部かき回して口に入れますと、ギリギリ値段程度には美味しい。
しかし、セットの〝半チャーセット プラス432円〟は、フェア中だからこの値段ですが、通常は507円の商品なんですね。
500円といえば、他店で定食が食べられる料金です。

結局私の注文したセットは、1350円という私の稼ぎには見合わない昼食の代金になってしまったわけで、フェア中でなければ1425円という、チェーンのラーメン店としては二人分に相当するような金額です。
「ちょいとラーメンでも♪」という範囲越えちゃうわけなんですね。
まぁ、中には「全然越えていません」という稼ぎの良いご主人達もいらっしゃると思いますので、羨ましい限りでございます。

印象は「高い」なんですけど、どうせ高い値段を払うならば、美味しいお店がいいですよね。
そうなった時に、私は幸村グループを選択します。
ちゃんと美味しいですから。
ちゃんと。
今回頂いた汁無しも、ツボを押さえてあって、私好みでした。
あまりベタ褒めすると企業の回し者かと思われるので、「もうちょっと安ければ嬉しい」とだけは書いておきますm(__)m

フロアスタッフが一度我々のテーブルに一品置き、「これはどれに付く品物かな?」と思っていたら、その後無言で我々の目の前から持ち去り、他のテーブルに持って行ったのには少しビックリしました。
この辺りがチェーン店の弱さでしょうか(^-^;

ご馳走様でしたm(__)m

【めん商人南守谷店】
住所 茨城県守谷市けやき台4-1-5
電話 029-721-1515
時間 11時~24時
定休日 無休
駐車場 有り(西友楽市守谷駐車場を利用)

≫フードサービスカンパニーホームページ

>> Read More

| ラーメン | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>